« 大きくなりました。 | トップページ | イタズラ入札、その後。 »

代理母、その後。

タレントの向井亜紀さんの代理出産に関するドラマ放映後、その産まれてきたお子さん達について、昨日最高裁で判決が出たようです。

最高裁の判決では、民法の想定外と言う事で、本人の卵子を提供したといっても、懐胎出産した女性を母とし、卵子提供者とは母子関係は認められないというものでした。

……う~ん、難しい……

代理母については、賛否両論、結論が出ない難しい問題である事は分かります。

正直私は賛成とも反対とも答えられません。

子供が欲しいと切実に思う人から、その機会を奪うのも酷だと思う反面、それじゃ、何をしても良いのか?と言われれば、それも違うとしか言えません。

善意だけで、子供が産めるかと言ったら、それは無理だなと思います。

先日、生まれて初めて産婦人科を受診しました。事前に何だか凄いハイテクマシーン?(検査機器?)があるらしいと母から聞かされていたのですが……

いや~凄かったです。検査用の椅子。アクロバット?かと思うぐらい、びっくりしました。

それ以上に苦しかったのは、超音波検査(内視鏡検査?)でした。

ホルモンバランスの崩れを検査してもらったのですが……痛いし、苦しいし、もうしばらくは検査受けたくないな~と本気で思いました。

検査だけでこの苦しさです。

他人の子を産むなんて、無理なんじゃないかと思いました。

善意だけでは、とうてい耐えられるものではないと、私は思いました。

|

« 大きくなりました。 | トップページ | イタズラ入札、その後。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大きくなりました。 | トップページ | イタズラ入札、その後。 »