« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

サービス残業強要論者?

職場の新しいトップは、トップとしての能力は高いけれど、非情な部分があるな……と、最近感じるようになりました。

我が家の母上曰く、「若造だから、まだ余裕がないのよ~」が正解のような気がします。

そんなトップの最近の目標?は、サービス残業推進運動?のようです。

先日、上司君が話していたのですが、これからは仕事が忙しいからと早く出社しても、タイムカードは決められた時刻以前には切ってはいけないと言われたのだそうです。

まさにサービス残業強要論ですね~

とは言っても、私には直接影響がないので、聞き流してしまいましたが、これって本当は深刻な事です。

その上、赤字続きだった我が部署が、やっと黒字になれたのに、目標に達していないからとお叱りを受けたそうです。(今回ばかりは上司君が可哀想でした。不憫な子や……)

何だかね……でも、嫌われても、煙たがられても我が道を進むと言うのなら、ある意味たいした根性だねと言ってやりたいです。

この先どうなっていくのやら……

傍観者でしかない私には、さっぱり先が見えません。

| | コメント (0)

ちょっと変わってる?

ここ数日、オークションで出品していたものが落札されたり、逆に私が落札したりと、見ず知らずの方々と短いながらも連絡を取り合ったりして、お付き合いをしているのですが、いろんな方がいるとしみじみ感じました。

オークションは信用だけが決め手のようなもので、もしかしたら痛い思いをするかもしれないというリスクを常に感じています。

それでも普通には手に入れる事が出来ない物が手に入る楽しさから、やめる事が出来ないのですが……

現在お取引中の方は、今まであった事のないタイプの方だったので、正直驚きました。

入金前だというのに商品を発送してくれるし、追加で頼んだものの送料をおまけしてくれるし、おいおいこんなにサービスしちゃって良いの?と、逆に心配になりました。(^^;)

私が悪い人?だったら、どうするつもりだったんだろう?

オークションにおいて、入金前の発送は、厳禁です。(お金を振り込んで貰えず、商品を取られる可能性が高くて、トラブルの元になるからです)

そんなちょっと変わってるな~と思っていたこの方は、どうやら私と同じ趣味の方だったようで……(私が腐女子なら、さしずめ貴腐人ってとこでしょうか?)

私の手持ちの商品を、譲ってあげる事になりました。(物々交換?)

う~ん、大丈夫だろうか?(と、個人間取引のリスクを考えると、ちょっと心配な部分もあるのですが…)

こういう事もあるんだなと、妙なご縁に感謝?しています。

| | コメント (0)

そりゃぁないよ。

どんな職場でもそれなりにいろいろあると思うのですが、特に最近勤務時間帯の異なる先輩方に不信感をもっているせいか、今日(というかもう昨日ですが…)も些細な事で、ブルーな気分になりました。

ブルーな気分になってしまった原因は、社内の連絡事項についてなのですが、先輩方には伝わっていても、誰も私に教えてくれない事です。

その伝達事項を知らなかったら困る……と言うほどの事ではないので、それはそれ、まあ、いいか。些細な事だし……と思うようにしているのですが、ここ数日、それが数回重なってしまって……

私のよく分からないところで、物品の受け渡しが行われていたようなのです。どうもその在庫が切れてしまって、私に渡す分が無くなってしまったとの事で、姐御に謝られたのですが、そもそも私にはそんな話など伝わってこなかったので、初めは何の事かも分かりませんでした。

結局その後も何の連絡もなくて……私の名前だけ挙がっていたらしいという事しか分かりません。

何だか分からないけど、嫌な感じ……そんな印象を持っていました。

そんなモヤモヤした気分の所、今日は今日で作業上必要な計画が変更されたと言う話を、先輩方が仲間内で話していました。

何だかな……そんな話、私は聞いてないよ。

いつもの事だと割り切ろうとするのですが、必要な情報をどうして気に入った仲間内でしか共有しないのか?理解出来ません。

特に職務上必要な事や、部署の人間全てに知らせるべき事なら、一言声を掛けて当然だと思うのですが……

知らなければ、もう知らないで通すつもりですが、今日はさすがに少し凹みました。

同じように他の先輩方から四面楚歌状態になっている先輩だけが、あれやこれやと私にいろんな事を教えてくれます。

教えてくれる人がいるだけ、ありがたい事だと感謝しているものの、職場のこの妙な閉鎖性。やりきれなさを感じます。

先日この閉鎖的な先輩にお土産を頂いた時も、特に声を掛けて貰ったわけでもなく、気が付いたら置いてあったので勝手に頂いてしまったのですが、そのパッケージに書いてあったメッセージを読んで、固まりました。

「夜間勤務の方の分はありません」

……おい、そりゃぁ無いだろう?

誰もが目にする場所に置いておきながら、全員分はありませんと宣言してしまうなんて。

貰えない人が、それを見たらがっかりするだろうに。

意地悪だよ、これじゃ。

なんだかこの先輩の根性を見てしまったようで、何とも言えない気分になりました。

学生なら仲良しグループで固まっていればよいでしょうが、いい年した社会人で人の子の親でもあるのに、こんな無神経な事するなんて。

ああ、こうはなりたくないなぁ……としみじみ思いました。

| | コメント (0)

久しぶりに。

昨日は久しぶりに友人とお買い物に出かけました。

最近出来たショッピングセンターのような複合施設で、大手有名家電販売店の他、100円ショップや洋服店、コンビニ、ドラックストアの入った施設です。

この施設がオープンした時から、行ってみたいと思っていたので、念願叶って?見てくる事が出来ました。

思わぬ掘り出し物が見つかって、お買い得なショッピングでした。

昨日は本当にありがとう!

100円ショップで見つけた「お汁粉サンド」の感想は、後日書きたいと思っています。

この日の午前中、親戚宅のお犬様が元気がないと言う事で、獣医さんに診せに行ってきました。

暴れん坊将軍なお犬様なのに、やけに大人しくて、前日から我が家の両親も心配していました。

おしっこがなかなか出なくて、足を上げたまま、10分以上固まってるんだよ~

見てる方には面白い光景ですが、本犬?はおそらく必死でしょう。

私もその様子を見ましたが、痛々しさも感じました。

ばい菌が入ったのか?タマネギ中毒か?血尿も出たと聞いたので、これはやばいとお医者さんに行く事になったのです。

結果は尿路結石でした。

犬でも石が出来るんだ……と、事の重大さにちょっとビビリました。

取りあえず薬で溶かしてから、と言う事になりましたが、手術の可能性が高いので、ちょっと心配です。

う~ん。

| | コメント (0)

切り詰める物。

新しいトップが来て、少しずつじわじわと社内の改革?がなされているようなのですが、突き詰めたところ、切り詰める物は人件費だったりします。

人件費……

そんなに削りたいなら、いっそのこと無人店舗にでもすればいいのに。

356日、いつも人件費人件費と言われているようで、そんな事言っても人を雇っている限り人件費って言うものは、発生するんじゃいっと思っています。

今日の会議でもこの話題が出たようで、管理職だけが残されて、その他の者達は途中退席させられたと、先輩が言っていました。

残った方々の会議テーマは勤務実績についてだったようで……

また、うるさい事を言い出すのかなぁ……と、思ってしまいました。

いくら外野が騒いだって、時間がかかるものはかかるし、人手が必要なところは人手が必要だし、残業するなって言ったってね……

分かってて言ってるのだろうから、意地悪いよなぁ……

| | コメント (0)

う~ん、管理職だねぇ……

冬の終わりに赴任してきた職場のトップは、ここ数ヶ月の間に職場内を大掃除大作戦~とばかりに磨き上げたり、気配り上手?(単に細かいだけとも言うかも…)な面を発揮しているわけですが……

最近の彼の目標は、全てを把握(統治下)することなのかもしれません。

今日出社するなり先輩から伝えられた事がありました。

「今度から残業する時は、なぜ残業が発生したのか?理由を報告しないといけないんだって」

……め、面倒くさい……

以前も残業をする時は必ず上司の許可を取るようにとは言われていましたが、真面目に報告した私はその後、裏から手を回されて担当を外されるという憂き目にあいました。

それ以来、報告なんかくそ食らえっ、誰が残業何ぞしてやるものかっ!(言葉が悪くてすみません……でもこれが本音)と、残業になろうとなるまいと、仕事が終わった時間でタイムカードを切り続けてきました。

その為、別段驚く事でも何でもなかったのですが、一つ思った事は、現在の最高責任者は、管理者としてはまともな方であり(管理される私たちにとっては煙たいですが…)やっぱり完璧主義者だったのね……という事です。

いちいち報告するのは面倒ではあるのですが……

この方針のせいか?あれだけ仕事が終わった後も居座っておしゃべりしていた先輩方が、今日に限って誰も残らなかったのは驚きです。

う~ん、思わぬ波及効果か?

ありがたいような……でもやっぱりありがたくないような……微妙な所です。

やっぱりみんな残業を報告する事には抵抗があるようで、意地で仕事を終わらせていたようです。(とか言う私も意地で終わらせました)

ただいつまでこのがんばりが続くかというと、そうそう長くは続かないと思います。

そのうちまたいつもの調子に戻るのだろうけれど、せめて悪い所だけは改善して欲しいと思います。

先輩方を上手くコントロール出来る人物なら、本物かもしれないなぁ……と、様子をうかがっているところです。

| | コメント (0)

牡丹が咲きました。

今年は桜の花をゆっくり眺める気持ちの余裕が無くて、気が付いたらもう葉桜だった……なんて、間抜けな状態(T_T)だったりするのですが。

うかうかしているうちに、我が家の牡丹が開花してしまいました。

F1001461 F1001462

我が家の牡丹ちゃんその名も「島錦」です。

ジャーマンアイリス好きのおばさんがくれた3本の牡丹のうちの一本で、おばさん一押しの花です。

それはなぜか?と言うと……

F1001463 1本で2度美味しい?1本の木から2種類の花が楽しめるからです。

おばさん曰く「幻の牡丹」なのだそうです。

実は幻でも何でもなく、こういう種類なんですけどね……(^^;)

この「島錦」は、数年で色が固定するらしいのですが、最初のうちは赤い花が咲いたりするようなのです。赤と白の混合の花が、きっと本来この品種の花なのだと思います。(うろ覚えですみません。たしかこんな説明書きを読んだ記憶があったなぁ…と)

去年は赤い花しか咲きませんでした。

今年は見事?2種類の花が咲いてます。

この他に黒色系の「皐嘉門」桃色系「御所桜」があるのですが……

まだ咲くのは先のようです。

| | コメント (0)

きのこの山とたけのこの里~期間限定!

ここ連日ずっと凹みまくっておりましたが、いつまでも凹んでばかりはいられないので、とっておきの期間限定商品に手を出す事に決めました。

その名も「きのこの山とたけのこの里!」

え?(^_^)……全然とっておきじゃないじゃんっ

そう突っ込みが入ってしまいそうですが、この「きのこの山とたけのこの里」は普通じゃないんですよ~

F1001452 F1001453 期間限定「きのこの山~赤ぶどう&白ぶどう」「たけのこの里~ほろにがクッキー&クリーム」です。

この「きのこの山とたけのこの里」シリーズは、冬季にかけていろんなバージョンが出ていたのですが、買おうと思った頃にはすでに終了~と言う事が多くて、悔しい思いをしました。

今回はあらかじめ買い置きしておいたのです。(そこまでする?)

それはさておきお味のは?

F1001454 まず「きのこの山~赤ぶどう&白ぶどう」です。

チョコレートなのに、ぶどうの甘い匂いがするんですよ~

ぶどうと言うより、ぶどうジュースの匂いかな?

チョコレートのビターなお味とはまるで違います。甘酸っぱい味とでも言うのでしょうか?洋菓子でこんな感じのあったよなぁ~と思ってしまいました。

ちびっ子向けの「きのこの山」のお姉さん版とでも言うのかな?

セレブなお姉さん?(一体どういうお姉さん?)が紅茶と一緒に摘んでいそうなお菓子です。

チョコレートなのに、甘酸っぱくて、甘味度高めのセレブなお味?

見た目も中身も「きのこの山」の想像を超えたお菓子です。

お次は「たけのこの里~ほろにがクッキー&クリーム」です。

ほろ苦いクッキーが、バニラ風味のホワイトチョコととてもよくあっています。

良い意味で定番を感じさせます。

ココア風味のクッキーと、バニラ味って、とても合います。

アイスクリームの定番商品の一つ、チョコクッキー&バニラ味の「たけのこの里」版とでも言うのでしょうか?

想像通りのお味で、期待を裏切らない味です。

いつもの「きのこの山とたけのこの里」も大好きですが、たまには違ったバージョンもまた嬉しい。

濃いめの緑茶と一緒に食べると良いかもしれません。

| | コメント (0)

もう必要無いのかなぁ…

今日は(というかもう昨日ですね)職場の大売り出しの日で、いつもの2倍以上の忙しさでした。

また今日も先輩方のくつろぐ姿を見ながら、忙しさで目が回る思いをしなければいけないのだと思うと、出勤する前から憂鬱でした。

一昨日の事があったからなのか、姐御がいろいろと手伝ってくれて、とても助かりました。

姐御に気を遣わせてしまったと思うと、嬉しい反面、とても申し訳なかったのです。

例えたった一人でも味方になってくれる人がいるのだと思うと、こんなありがたい事はないと感謝しています。

正直心の中は複雑な気持ちでいっぱいのまま、仕事だけはこなしていたのですが…

半年ほど前に退社した知人が、久しぶりに顔を見せに来てくれた時は、心の中は嵐のようでした。

顔で笑って、心で泣いて、そんな感じです。

なぜなら辞めていった彼女は、私が知っていた頃よりももっと、輝いて見えたからです。

仕事を辞めたら、あんな風になれるんだ……

そう思った途端、どうしようもなく凹みました。

定時を迎えても、職場は相変わらずの忙しさでした。

交代要員が来てしまったので、私はもう上がるしかありません。

でも担当を持つ先輩は、まだ仕事が残っているので、帰れません。

一週間ぶりにあった先輩と話したい事はいっぱいあるのに、仕事の邪魔をするわけにも行かず、帰るしかないのです。

次に会うのはきっと一週間後。

なんだか職場にとって私の存在価値ってあるのかな?

忙しく働く先輩を見ていると、もう必要とされていないのか?と、少々哀しくなりました。

自分でも驚くほど、後ろ向きだなぁ……

仕事にやりがいを見いだせなくなると、後に残るのは何だろう?

辞めていった人達を懐かしく思いながら、ふとそんな事を思いました。

| | コメント (0)

誤解?

ここ数日私の気持ちを曇らせる物はと言えば、職場での先輩方の行動と自分の置かれてる立場なのですが……

今日は久しぶりに姐御と勤務時間が重なったので、思い切って相談してみる事にしました。

定時を迎えても作業場に残っておしゃべりをしている先輩方。どんなにお店が忙しくても、タイムカードを切ってしまった先輩方に頼る事は出来なくて、のんきにくつろぐ先輩方を見ては、真面目に働く事のばかばかしさを感じてしまう事。

全てを伝える事は出来ませんでしたが、思い当たる節が、姐御にもあったようです。

「そう言うところもあるかもね…」

姐御はそう言いつつも、やっぱり一緒に仕事をしている先輩方を庇う気持ちもあったのだと思います。

「誤解してるところもあると思うよ」

定時を過ぎて残っているのは、仕事の打ち合わせのため、先輩方は皆いい人で、お互い協力し合いながら仕事をしていると言います。

早朝の開店準備の頃は皆必死で、定時を迎えて気が抜けるのだろうと言っていました。

私の誤解?なのでしょうか?

いい人で、協力し合いながら仕事の出来る人達が、なぜ定時を迎えると、必死に働いてる人がいても気が付かず、おしゃべりに夢中になれるのでしょうか?

気が抜けるから?

単に無神経なだけなのではないか?そんな疑問すら浮かびました。

卑屈な考え方なのかもしれませんが、きっと仲間同士の輪の中でなら、いい人で協力的なのでしょう。でもいったんその輪の外に出たら?

関係のない人の事は知らない。困っていても見て見ぬふり。仲間じゃないから。

かなり偏った考えだと我ながら思うのですが、そう感じてしまうのです。

こういう私のとらえ方こそ、誤解していると姐御は言いたかったのかもしれませんが……

私も最初から先輩方を偏った目で見ていたわけではありません。

今の上司君に変わった当時、退職者が相次いで、人手不足を補うために、私は時間外労働を引き受けていた時期がありました。

その当時月の半分以上、先輩方と仕事を共にしたのですが、私はいつも先輩方のお休みの補欠要員で、お店が忙しい際の時ばかり呼び出されて、あげく新しい人員が入ると同時にお役ご免となりました。

先輩方が好き勝手取る休みの代打として呼び出される事が面白くなくて、上司君と何度も言い争いになりました。

その頃から先輩方に都合良く振り回されている事に、不信感を持っていました。

この当時、私の心情を理解してくれたのは、現在四面楚歌状態になっている先輩だけでした。

仕事のしわ寄せが全て私に来ている事に、皆気が付いているけれど、自分の休みが取れなくなるのが困るから、誰も上司君に言わないのだと教えられました。

仕事の担当を外された時、上司君と派手に言い争いになった時も、裏で私の事を悪く言う人はいましたが、庇ってくれる人はいませんでした。

そんな事があってから、私は先輩方が信頼出来ないのです。

全ては誤解だと姐御は言いますが……

私の中の考え方の偏りを差し引いても、やっぱり素直に頷けないのです。

一度掛け違えたボタンは、元には戻せないのでしょうか?

偏りのない目で現状を冷静に把握するのは、難しいような気がします。

| | コメント (0)

代理母、その後のその後。

先日向井亜紀さんの代理母再現ドラマを見てから、その関連の記事が気になっていたのですが、代理出産で誕生したお子さん達は結果として今の日本では遺伝上の親子であっても親子とは認められない。日本人の子であっても、国籍はアメリカという不自然な形になってしまったようでした。(養子という方法も無理があったようです)

この代理母、代理出産については、賛否両論あって、いろんな方がいろんな議論をしているのですが、私には賛成とも反対とも結論づける事が出来ません。

お金がある人のエゴだという人もいれば、子供が欲しくても持てない苦しみが分からないのか?とも言う人もいるし、科学が進化すれば何でも出来るようになると思うのは、自然の摂理に反しているとも言えます。

そんないろんな意見のなかで、私が一番共感出来たのは、「どんなに欲しい物でも、手に入らない物はある。何でも手にはいると思ってはいけない」という意見でした。

本当に、その通りだと思います。

どんな人にも欲しいけれど、手に入らない物はあると思います。欲しくて仕方がないけれど、諦めなくてはいけないもの。

ままならない事の方が多かったりします。

向井さんご夫妻がインタビューに答えていた時、お子さん達の母国語と言って英語で話す場面があったのですが、何とも言えない違和感を感じました。

日本人の両親の子供なのに、アメリカ人で、日本で育っているのに、母国語は英語。

もしかしたら、英語なんて話せないかもしれないのに。

子供達が大きくなったら、日本人になりたいと言い出すのでしょうか?

それこそ普通になりたいと思うのかもしれません。

でもきっと普通にはなれない事に気が付いてしまうかもしれません。

どんなに欲しくても手に入らない物があると、その時思うのかな?

そんな事を考えてしまいました。

やっぱり何もかも手に入れるのは……無理があるのかもしれないよ。

| | コメント (0)

単純な心。

ここ連日、職場での出来事が上手く消化出来なくて、モヤモヤした気持ちをずっと抱えていました。

そんな私の気持ちなどお構いなしで、また上層部から人件費を削るようにとお達しが来たようで、上司君が愚痴を零していたと、先輩がこっそり話してくれました。

先輩はどう考えても勤務時間内に終わる仕事の量じゃないのに、残業はするなと言うのはおかしいと、ちょっと憤慨しているようでした。

私はそれに加え、定時を迎えてタイムカードを切ったはずの人達が、いつまでも作業場に残っている事が、残業しているように上層部は思っているのじゃないか?と言う危惧があったのですが……

いつも愚痴を零してばかりで申し訳なかったのですが、先輩に先日の出来事を話してみました。

先日の出来事というのは、定時を迎えて帰宅しなければいけない方々が、定時を2時間半も超えて作業場に居座り、おしゃべりをして、仕事の妨げになっている……と言うものです。

もちろんこれは私の一方的な見方なので、残っていた方々にはきっと理由もあっただろうと思います。

先輩も私の話を聞くと、特定の人物がすぐ思いついたようで、どうも同じ人が先輩の勤務時間内にも仕事の妨げになるおしゃべりをいつもしているようで、先輩もいい加減我慢の限界に来ていると言っていました。

単純な物で、先輩に理解して貰えたと思ったら、気持ちが幾分軽くなりました。

必死になってがむしゃらに仕事をこなしている人のすぐ側で、延々とのんきにおしゃべりをしていられる人の気が知れないと、先輩も言います。

いい大人が、周りの状況も分からないなんて……

残業するなと言われて、必死に仕事をこなしているのに、のんきにしている人が同じ職場に存在する。

この温度差は何なのだろう?

そう思うと、理不尽だなと思うのです。

周りが見えていない人には、もう直接迷惑していると口頭で伝えるほか無いよと先輩は言うのですが……

伝えた後の気まずさを思うと、言い出せずにいます。

今から一年ほど前にも、その人と私は口論をしていて、それきりお互い当たらず触らずな関係です。

伝える事は簡単なのですが……

今以上に嫌な奴になりそうで、伝える事にためらっています。

| | コメント (0)

職安。

今日は休みだったので、久しぶりに職安に行ってきました。職安=ハローワークです。

ここ数日思う事がいろいろとあって、今の生活環境を一新したいなぁ……と。

取りあえず職安に行けば、何か新しい仕事の情報が見つかるかもしれないとの思いから、行ってみる事にしました。

職安では30台近いパソコンが用意されていて、受付で番号札を貰って、番号と同じパソコンを使って仕事の情報を検索します。

本当はネットからも検索出来るのですが……(しごと情報ネットというサイトがそうだったと思います)→しごと情報ネット

検索の結果は、思っていたよりも仕事がある事が分かって、ホッとしました。

自分の年齢とか、職歴を考えると、厳しいと思っていたので、踏ん切りが付かない部分があったのですが、まだ可能性があると分かっただけでも、救われる気がします。

具体的にどうこうという物はないのですが、今まで真剣に考える事を放棄してきたツケが回ってきたのだと、反省しています。

とは言っても、まるで白紙なのですが……

帰り際、保険の販売員にならないかとスカウトされると言う、思ってもみない出来事もありましたが、丁重にお断りをしておきました。

う~ん、保険のセールスレディーか……

想像出来んな……(-_-)

| | コメント (0)

モヤモヤ……

昨日の職場での些細な事が引っかかって、どうにもこうにも気持ちがモヤモヤとしたままです。

精神のバイオリズム?と言うか、波というか?

いつもはほぼ一定の穏やかな気持ちでいられるところが、一度歯車が狂い出すと、些細な事でも落ち込みそうになります。

私でもそうなのだから、きっと人知れずどんな人にも気持ちの波があるのでしょうね。残念ながら、私にはそれを確かめるすべがないのですが。

今日は(というか日付が替わってしまいましたが)通常よりも少ない人員で切り盛りしなくてはならなかったので、久しぶりにハードでした。

一緒に働いた先輩とはシフトの都合上、いつもすれ違いで、週に1回くらいしか顔を合わせる事が出来ません。

本当は同じ勤務時間帯の仲間として、いろいろ話したい事もあるのですが、お互いすれ違いが多すぎて、相談したい事も相談出来ないまま、結局うやむやになってしまう事ばかりです。

今現在の職場での私の悩みを、唯一理解出来るかもしれない人なのに、こうもすれ違いが多いと、話す機会も持てなくて、なんだかますます鬱屈とした気持ちに振り回されそうです。

何だか正直こういう理解者が持てない状況というのは、職場の人間関係に置いてものすごくマイナスなのではないか?と思います。

私以外の人が私の立場だったら、どうなのだろうか?と想像してみたりもしますが、何だかそんな想像も出来ないし、空しくなるばかりで、やっぱり潔く身をひく事が出来なかった自分が悪かったのだろうか?とも思います。

とは言え、先輩も持病を抱えての仕事なので、きっと自分の事だけで手一杯なのだろうと思うのです。

今の上司君に変わってから、同じ気持ちを共有出来る仲間がどんどんいなくなっていきました。

会社にしてみれば人がどんなに辞めていったとしても、残った人間で仕事が滞りなく回るなら、それで良いだけで、残った人間にしわ寄せが来ていても、知った事ではないでしょう。

帰り際、元同僚だった方が顔を見せに来てくれて、思わず胸にたまった物を吐き出しそうになってしまいました。

結局、何も言わず別れましたが、私の中の憂鬱は消えてくれそうもありません。

時間が経てばまた薄らいでいくのでしょうが、何かの弾みでぶり返すのだと思います。

誰にも理解されないのって、結構きついなぁ……

それでも仕事はするけどね。仕事だから。

| | コメント (0)

上手くずるく、立ち回れれば、楽だったりするのか?

今日は分かっていた事でしたが、久しぶりにまたネガティブな気持ちに陥りました。

職場の大売り出しの日で(私の職場は店舗なんです。店員さんが私の職業だったりします)天気が悪かったこともあって、売り上げは当初の予算まではいかなかったようですが、製造した商品の数が通常の2倍以上だったので、先輩方は皆大変だったと思います。

私が出社すると、入れ違いに先輩方は定時を迎えるわけですが、案の定今日も仕事が終わった開放感からでしょうか……最後の先輩が帰路についたのは定時を2時間半もすぎてからでした。

仲良く2時間近くも職場に居座って、おしゃべりです。

正直とても嫌な気持ちになりました。

私の心が狭いのか?卑屈すぎるのか?私自身の受け止め方がネガティブすぎるのかもしれないのですが、お金を貰っている以上、真面目に働いているつもりなのですが、すぐ側で楽しそうにくつろいでいる先輩方をみていると、額に汗して必死に働くのが馬鹿みたいに思えてきてしまうのです。

方や一方、風邪気味で体調が悪いにもかかわらず必死に働いてる後輩をみていると、彼女を助けてあげないわけにはいかないし、本当は私自身もいっぱいいっぱいなのですが、定時を終えた先輩方に手伝ってくれとも言えなくて、恨み言ばかりが心の中にたまっていきます。

この件について、上司君にも相談したのですが……

定時を過ぎた先輩方に仕事を手伝えとは言えないようで、考えておくと言ったきりです。

仕事を手伝えとは言いませんが、だったら早く帰宅して欲しい。目障りだから。

私の母の年齢に近い方々に、そんな事言えるわけもなくて……

いい加減、嫌になります。

今日はたまたまお局様が時間外勤務の日で、思い切って常日頃の先輩方の態度をどう思っているのか?聞いてみようと思ったのですが、お局様自身おしゃべりだし、きっとこんな話をしたら、先輩方を敵に回すだけなので、結局何も言う事が出来ませんでした。

悶々としたまま帰宅して、母に話したら、先輩方に手伝って欲しいと言えばよいとアドバイスされました。

その内きっと手伝わされるのが嫌になって、早く帰るようになるからと母は言いますが、やっぱり私にはきっと手伝って欲しいとは言えない気がします。

サービス残業のばからしさを5年間近く身をもって味わってきて、そんな私が先輩方にサービス残業で手伝って欲しいとは言えないからです。

結局何の解決策もないまま、また同じ事の繰り返しだと母は言います。

思えば半年前、担当を外された時に、私の職場での立場とか、やる気とか、そう言った諸々の事は全て、終わってしまったのだと思います。

あれからずっと惰性だけで続けている仕事は、消化試合のような物で、お金のためだけに続けている、それだけです。

人間関係も、先輩方の事はもう好きにはなれないし、割り切るしかないのですが。

結論を出せないまま、時間だけが過ぎてしまいます。

| | コメント (0)

運とか偶然とかタイミング?

私が最近はまっている事は、お恥ずかしながら同人誌収集だったりするのですが…(腐ったオタクですみません(T_T))

同人誌という物は商業誌と違って発行部数も少ないし、入手方法も限られてくるので、なかなか手に入らない作品もあったりします。

私のお気に入りの作家さんの物もとても人気が高くて、まず中古書店じゃお目にかかれないし、オークションでは必ず高値が付くので、欲しいけど無理だよなぁ~と思っていました。

ところがです。

先日オークションを覗いていたら、相場の半額で出品されていました。しかも即決です。

おぉっ!と驚いたのと、あ……有り得んっ……これは罠か?(←イタズラ入札にあって以来、必要以上に警戒しています)

しばし悩んだのですが、悩んでいる間に他の人に持って行かれてしまうのも悔しいので、勢いで落札してしまいました。

これが一昨日の事です。

そして昨日もまた……即決でこの値段ならお買い得でしょう~という作品を見つけてしまいました。もちろん落札しました。

う~ん、何なんでしょうね?この連続は。

欲しくて仕方がない時は絶対落札出来ないのに、偶然なのか?必然なのか?

こう言う時もあるんですね~

そして私はますますオタクの道まっしぐら?なのかな?

あぁ、どんどん腐っていくかも……

| | コメント (0)

鯛釣草

春は年間を通して一番、開花する花の種類が多い季節だと思います。

我が家でも現在いろんな花が咲いています。

手入れをサボっている割には、弱肉強食?の世界を生き抜いて、見事開花までこぎ着けているようです。

その中でも今日はこんな花の写真を撮ってみました。

F1001450 F1001451

鯛釣草です。

お魚の鯛を釣ってるように見えるから鯛釣草という名前なのだそうです。

なるほどね~お魚っぽく見えますね~

この花は宿根草で、半日陰に植えっぱなしでもこの通り、元気にすくすく育ちます。

大きくなった古株は駄目になってしまう事があると聞いたのですが、現在の所はまだ大丈夫なようです。

本当はこの赤い花の他に、白い鯛釣草も隣に植えてあったのですが……

我が家の父上が梅の木を植える際痛めてしまったようで、消えてしまいました。(T_T)

花の後に出来る種からも発芽するようで、何年間かは小さい白い鯛釣草も生えてきたのですが、今年は駄目でした。

またどこかで見かけたら、お買いあげしてしまうかもしれません。

とても可愛らしくて、面白い?花なので、お勧めです。

本日は親戚が入院した為お見舞いに行ったり、天気が荒れ模様で、お犬様に振り回されたり、何だか落ち着かない1日でしたが……

今年も鯛釣草が咲いたから、良しとします。(う~ん、微妙…)

| | コメント (0)

プリンシェイク!

去年の今頃も販売していたと思うのですが、今年も見かけたのでまたお買いあげしてしまいました。その名も「プリンシェイク」(←5回ふってね)です。

F1001449 POKKAから販売されてるこの商品は、去年発売されていた物のリニューアル版なのでしょうか?

もうそのまんま、お味はもちろんプリンですよ~

怪しさ大爆発かと思いきや、缶に入ったそのまんまプリンでした。

「5回ふってね」の意味は、ふる回数でプリンの食感が変わるからなのだそうです。

(5回が一押しのようです)

ちょっと小腹が空いたな~と言う時、おやつ代わりによいかもしれません。

プリンの飲み物と言うより、普通にデザートのプリンだよなぁ~

う~ん。ぷりんぷりん。

| | コメント (0)

メモリ。

新しいパソコンが欲しいなぁ~と思いつつも、なかなか購入する踏ん切りが付かない今日この頃ですが、最近ちょっとだけ嬉しい事がありました。

PCの増設メモリが、価格改定されたようなのです。

私が現在のノートPCを購入した当時、1Gのメモリと言えば、3万円近くしました。

3万は……いくら何でも高すぎるよな……

と言うわけで、その下512で我慢したのですが、最近ウイルスキラー北斗の拳(ケンシロウ君)がパワーアップしたおかげで、どうも動きが鈍くなってきたような気がしていました。

そんな時偶然1Gのメモリがお買い得になったのを知って、これはお買いあげしないといけないかな?なんて気がしています。

3万円→19200円ですよ~

夢?の1Gが手に届くかも~(*^_^*)

まだお買いあげしたわけでもないのに、ちょっとだけウキウキしました。

……お買い得情報?書いてしまって、売り切れちゃったらどうしよう?(>_<)

| | コメント (0)

花冷え

桜の花が満開な今頃になってのこの寒さ。

花冷えとでも言うのでしょうか?

昨日は都心でもみぞれが降ったそうです。

寒くなったり、天気が崩れてくると、きまって私を悩ます物があります。

歯根治療後(仮)の歯が重くなる事です。

歯が重くなると、きまって頭痛に移行するので、もう本当に何とかならんもんかね~と叫びたい。(>_<)

そんなわけで、今現在も歯が重くて仕方がありません。

関節などの節々が痛くなったり、昔の古傷が痛むと言う話は聞いた事がありますが、私の歯痛と頭痛もそのせいなのでしょうか?

気圧の変化にはものすごく敏感です。

天気予報の際に花粉予報や桜前線の予報と共に、確か関節痛予報?もやっていた記憶があるので、天気の変化や気圧の変化は、きっと人体に何らかの影響を与えているのかもしれませんね。

満月になると交通事故が増える?(逆だったかな?)なんて話も、以前TV番組で紹介していた気もします。(どうも満月になると、注意力が散漫になるのでは?なんて言ってたような気がします)

潮の満ち引きと、満月と、気圧の変化と、天気の崩れって、なんだか関係がありそうですね……(吸血鬼とか狼男とか、とにかくなんか変身してしまいそうな勢いですね~)

歯が痛いのは我慢するとして、天気の崩れで桜の花が早く散ってしまいそうで、少々心配です。

| | コメント (0)

人件費。

職場のトップが入れ替わって、1ヶ月くらいになるでしょうか。

新しい総責任者は、思っていた以上に細かくて、完璧主義なようです。

今までのトップが自覚が足らなかった部分もあるとは思うのですが、やはり社内でもやり手と噂される人達の元で学んできた部分が大きいのでしょうか。

ここにきて様々な改革?をしてきています。

第1弾の社内大掃除計画?(と、勝手に私は名付けてみました)の次は、どうやら人件費抑制政策のようで、この人件費って言う部分だけは、今までのトップと同じなのね……と、改めて思いました。

今回の大掃除では、なんと最後に掃除道具を入れて置いたロッカーまで捨ててしまうという……思わず、おいおいっと突っ込み入れたくなりましたが、本当に捨ててしまったのだから、ある意味凄いのですが……

おかげさまで、作業場のレイアウトが変更になったため、仕事しづらいったらないよ~と、評判悪いです。

ロッカーを捨てた次は何をする気かと思ったら、やっぱり人件費にたどり着くようで……

「販売目標の105%を超えたら、それに見合う人件費を予算として取ってやる。しかし、以下だったら、認めない」

と、上司君は宣言されてしまったと呟いていました。

人件費を予算内に納めるという事は、残業代は出さないよという事です。

ここ最近、私は残業をしないようにしているので、トップに目を付けられる事もないだろうと思うのですが、油断は出来ません。

1円の過不足金も把握しないと、気が済まないとトップは宣言してるそうなので、一体いつ自分にも火の粉が降りかかって来るやらです。

やっとまともなトップが来たと思うべきか?それとも、やっかいな熱血野郎が来てしまったと思うべきか?

判断をしかねています。

| | コメント (0)

レジ袋!

レジ袋有料化ヘ向けた布石なのでしょうか?

本日は職場で「お買い物袋」なる物を頂いてしまいました。

いろんなパターンの袋があったのですが、一番無難な物を選んでみました。

私が選んだ袋は、シンプルなベージュ色のバックだったのですが、先輩は珍しいのがよかったみたいで、赤いちょっと大きめの物を選んでいました。

半強制的?モニターにされてしまっているようで、本来なら袋の種類も選べないようなのですが、ダンボール箱一杯に詰まった大量の袋の中から、選ばせてもらいました。(とは言っても、どれも似たり寄ったりで、100円ショップにでも売っていそうな袋なのですが……)

せっかく頂いた袋だというのに、いざ本番お買い物をする時に限って、車の中に忘れてしまいました。(T_T)

だ…駄目じゃん……お役に立たないよ。

地球に優しい活動?に貢献するはずが、しっかりレジ袋に荷物を詰め込んでしまいました。

…馴れない事は、難しい……

目指せ、エコロジー生活!

| | コメント (0)

ペテン師とパリの花売り娘の恋。

日付が替わってしまいましたが、昨日は久しぶりに宝塚歌劇団の公演を観に行ってきました。

F1001407  月組公演の「パリの空よりも高く」です。

原作は菊田一夫氏作「花咲く港」よりとなっています。

ストーリーは、19世紀のフランス、パリで、万博にふさわしい世界一高い塔を作りたいと夢を語る建築家(ギスターブ・エッフェル)と、そんな彼につけ込んで、塔建設の発起人となりその建設資金を巻き上げようとするペテン師二人(アルマンド・ジャッケ、ジョルジュ・ジャッケ)、ペテン師アルマンドに思いを寄せる花売り娘(ミミ)のロマンチック・コメディです。

宝塚歌劇団の公演を観るのは、「ベルサイユのばら」以来なので久しぶりでした。

今回の演目はコメディでしたので、とても新鮮でした。過去に観た演目は、「炎にくちづけを」「落陽のパレルモ」「ベルサイユのばら」とシリアスなものが多かったので、今までにない展開が面白かったです。

シリアスな演目での迫力のあるダンスと哀しいエピソードも良いですが、明るくほろ苦いコメディも良いなと思いました。

今回千秋楽の前日という公演スケジュールだったのですが、公演初日の頃とは台詞も微妙に違うようで、お客さんの反応も良かったみたいでした。(さすがに1回しか観られませんので、違いが分からないのが残念です)

嵐がパリに近づいてきて、塔が倒れそうになるのですが、その嵐の中ホテルから外に飛び出したホテルの支配人の頭に刺さっていた落ち葉の数が多かったり、今回飛び出す際にバケツを蹴飛ばして行くのですが、本当はバケツを持って行くシーンだったらしい……などなど、一回観ただけでは分からないお楽しみがあるようです。

公演を見終えて帰るバスの車内で、母上が「あんなに足あげて踊ってて、疲れちゃうわね~。お母さんだったら、無理だわ~」と言っていましたが、「プロだから」とすかさず突っ込んでおきました。

宝塚歌劇団の公演チケットを入手するのはなかなか難しいようなのですが、私は毎回旅行会社が企画するツアーに参加しています。

中にはチケット欲しさにツアーに参加する方もいるようです。

往復の移動は観光バスに乗っているだけで楽ちんだし、お弁当も付いてるから、私としてはお勧めです。

貸し切り公演と言って、旅行会社が独占して販売する公演もあるようなので、宝塚を観たいけどチケットがなかなか取れないと言う方は、試してみると良いかもしれません。(貸し切り公演の日には、抽選でサイン入り色紙が当たるサービスもあるんですよ~……当たった事無いけど……)

今年は「明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴」「エリザベート」などの演目も公演予定のようなので、観てみたいのですが……

う~ん、難しいかな……

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »