« ジャーマンアイリス花盛りその2。 | トップページ | ついていけないかもしれない。 »

立てば芍薬、座れば牡丹。歩く姿は百合の花?

立てば芍薬、座れば牡丹。歩く姿は百合の花…と言えば、美人の代名詞だったりしますが、今回のテーマは芍薬です。

芍薬と言えば、美人の代名詞になるくらい豪華で華やかな花なのですが、とても牡丹とにています。

つい先日も記念切手に採用された写真が、牡丹だと思ってたら芍薬だった…なんてニュースもあったのですが。

牡丹の根っこって、芍薬に接ぎ木してるのですよ。

牡丹は「木」なのに、「草」である芍薬の根に接ぎ木するっていうのは、有名な話だと思います。

この話を思い出すたびに、いつも疑問に思う事は、接ぎ木していない純粋な牡丹ってあるのだろうか?とか、牡丹の花が咲いた後、種が出来るけど、発芽するのかな?なんていう事なのですが……

実は何年か前に牡丹の種を蒔いてみた事があるのですが、芽が出たのかどうか分からないのでした。(草刈りしてしまったので、もしかしたら刈ってしまったかも…)

話が牡丹になってしまいましたが、今回のテーマは芍薬です。

F1001557 F1001574

我が家の芍薬です。

一重の芍薬と八重の芍薬。この他に白に赤の混じる「ファーストレディ」だったかな?と、クリーム色の芍薬「プリマヴェール」?があります。

現在咲いているのは写真の2種類だけなのですが…

この一重の芍薬。本当は「ソルベット」という種類のつもりで買ったものでした。

「ソルベット」は全体に八重になっていて、中央が白色、周りがピンク色の可愛らしい花です。

通販で注文したのですが、開花した花を見て唖然としました。

…なんか、違うよね。これは…(-_-)

それでも最初は、初年度はまだ安定していないのかもしれない。来年はきっと八重になるはず…と思っていました。

しかし……やっぱり一重の花が咲くのですよ。

ご近所の庭先に咲く「ソルベット」を見かけるたびに、何でかなぁ…と思ってしまうのでした。

うぅ……やっぱり偽物を掴まされたのかも?

そう思いつつも、まぁ一重は一重で可愛いかもしれないと思うのでした。

う~ん。(でもやっぱり欲しいのは本物かな)

|

« ジャーマンアイリス花盛りその2。 | トップページ | ついていけないかもしれない。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャーマンアイリス花盛りその2。 | トップページ | ついていけないかもしれない。 »