« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

うれしいような、寂しいような?

今日帰り際、久しぶりに他の部署の知人と顔を合わせました。

部署が異なることもあって、なかなか顔を合わせる機会も少ないのですが、彼女が独身の頃から、面識がありました。

一昨年の暮れ頃、おめでたと言うこともあって、一度退職したのですが、去年の暮れ頃から、また職場に復帰していました。

今日そんな彼女の口から、また仕事を辞めることになったのだと聞かされました。

まだ復帰してから半年足らずです。

実は二人目が出来たからなのだと、教えてくれました。

授かり物だからと、はにかんで笑う姿を見ていると、良かったねとお祝いしたくなります。

でもその反面、まだ職場復帰して間もないのに、また辞めなくてはいけないのかと、寂しい気もするのです。

女の人が働くと言うことは、自分の都合ではままならない部分があって、彼女のように、せっかく始めた仕事も辞めるという選択をしなくてはならない場面も多いようです。

落ち着いたら、再々復帰?しようかなと言う彼女に、そうしなよと答えたものの、次はあるのかな?と、思ってしまったのも事実です。

叶うものなら、また再復帰してきて下さいと、思わずにはいられませんでした。

| | コメント (0)

携帯のデーターが…

ここ連日、職場でのモヤモヤした気持ちを引きずっていたせいか、半分寝ぼけた頭で携帯のメールをチェックしていた時でした。

ダイレクトメールを消去しようと、操作をしたら、いつもよりもやたら時間がかかるので、(?_?)と思いました。

くゎっと気が付いた時にはすでに遅し……メールのデーターを全て消去してしまった後でした。

…やってしまったよ……(T_T)

普段ダイレクトメールは、ダイレクトメール専用のフォルダを作って、そこに入るようにしてあるので、そのフォルダの中身だけ消したつもりが、受信箱全てを消去してしまうと言う、うっかりさんにも程がある事をしてしまいました。

あぁ……ウダウダ悩みながら、操作した私がお馬鹿さんだったのね…

こんな時のためのバックアップがある!と、PCを開いたものの、バックアップは見つからず…

仕方なく機種変更する前使っていた予備の携帯のデーターを入れましたが、ここ1年近くのデーターは完全に消えてしまいました。(T_T)悲しみ…

落とし穴だったのは、携帯のデーター保存ソフトです。

複数の携帯のデーターを取るのに使っていたために、保存したデーターにどうも上書き保存されてしまっていたようです。

うぅ…私のメールデーターは、うちのおかんのデーターに上書きされていたのですよ……(T_T)

あぁ、失敗してしまった。ダブルで失敗ですよ。今度からデーター保存する時は、保存する名前を変えないと駄目だと学習しました。

電話帳のデーターは残っているので、アドレス等は分かるから、連絡を取るのには不都合はありません。が……

空っぽになった受信箱をみると、妙に虚しいのでございます。(T_T)しくしく。

後で読もうと思ってたメールもあったのですが…

ここ数年、滅多に連絡を取ることもなくなった友人からのメールなどが消えてしまうと、もう連絡が取れなくなってしまうような寂しさがあります。(実際にはなんとかなってしまうのですが)

心配なのは、電話帳に登録したアドレスから変更されていないかどうか、と言うことです。

返信で返してしまった人も居たはずなので、アドレスをもしかしたら登録していないかも?

う~ん、これに懲りたら、もう気をつけるしかないよな…

反省しまくりでした。

| | コメント (0)

メンバーチェンジ!

本日のお仕事も通常よりも少ない人員配置でした。

ただ、一つだけ違ったのは、今回は同じ人数でもメンバーが違うことです。

……メンバーが違う、ただそれだけで、こうも仕事のはかどり具合が異なるとは……

一昨日の苦労が嘘のようで、何だかがっくりきました。

毎回毎回必死にじたばたして、それでやっと定時に間に合わせているのに…

やはりこれは、一緒に組むメンバーに問題があると言うことなのでしょうか?

何だかなぁ……と言うことは、普段私は貧乏くじ引いてるって事なのかな?

そう思うと、疲れがどっと押し寄せました。(T_T)しくしく…

気になるのは、先輩の一言です。

夏のボーナスをもらったら、これでもう辞められる…

以前私が冗談で言った話を、覚えていたようです。

最近の先輩の仕事ぶりを見ていると、もしかして本当にもう仕事を辞めるつもりなのだろうか?なんて、思ってしまいます。

そうはいっても、辞めないだろうと言うのが、大方の意見なのですが…

先輩が辞めると言ったら、上層部は引き留めない判断をしていると言います。

周囲も辞められたら困ると言いながらも、もしかして本当は辞めて欲しいのかな?と臭わせる雰囲気があるのです。

私は正直今の仕事ぶりでこの先も付き合わされるのはごめん被りたいのですが、だからといって先輩が嫌いなわけではないし、協力的になってくれさえすれば、構わないと思っています。

周囲に疎まれてる先輩の姿を、傍観者として見ているのも、偽善者のようで少々辛いのです。

かといって真実を告げることなど出来ないし、以前のように全面的に庇ってあげるなんて、気持ちに余裕がありません。

私はきっと傍観者のままです。

長く勤めてると、お互いどんどんわがままになっていくのかもしれません。

解決策って、なかなか見つからないものですね。(T_T)

| | コメント (0)

経過処置?

日付が変わってしまいましたが、昨日は歯医者さんに行ってきました。

先日ポロリと取れてしまった銀歯を詰めてもらうためです。

銀歯はもちろんですが(仮止めは詰めてもらった初日に半分取れてしまい、結局歯医者さんに行く頃には、何もなかったという…しかも食べちゃったし(T_T))

歯根治療中?の歯をその後どうしたらよいのか?と言うのもありました。

レントゲンも撮って、蓄膿症(副鼻腔炎)再発か?と言う状態だったので、これはやっぱり仮歯を外して、歯の根っこを再治療か?と思っていたのですが…

次回は半年後?!になりました。おいおい、大丈夫か~?

先生忘れてないよね?と突っ込みそうになりましたが、今現在痛いわけじゃないし、まぁ良いか?と。(こればかりは、どうしようもないので…)

抗生物質を飲んでいたせいか、今は大分落ち着いてきました。

しかし、これから先、風邪を引くたび副鼻腔炎の痛み?を歯の痛みとして感じ続けないといけないのか?と思うと、少々凹みます。

歯科と耳鼻科、どちらか片方が治まっても、もう片方は治まらないので、一体いつになったら完治するのでしょうか?

健康って大切ですよ。

| | コメント (0)

誰にでも秘密はある?

今日というか、もう昨日ですが、久しぶりに先輩と姐御と三人での仕事でしたが、とてもきつかったです。

最近、特に先輩は、仕事を急いで終わらせようという意欲がないようで、それでなくても少ない人数でこなさなくてはいけないのに、チームワークの和を乱しがちです。

そんな日が何日も続いたので、さすがに最近は先輩と三人での仕事の日は、シフト表を見ただけで、自分の中の不機嫌度数がうなぎ登りになるのが分かります。

昨日もそんな感じで、出社早々憂鬱&イライラが襲ってきました。

あぁ~、結局私が一人で二人前の仕事をこなすしかないのか…(T_T)

先輩が当てにならない以上、一人で二人分働かないと、残業になってしまう危機感から、よけい苛立つのですが…

当の本人はどこ吹く風で、わざと残業になるように手を抜いているのじゃないか?なんて、勘ぐられていることも知らないようです。

先輩のことは嫌いじゃないのですが……さすがにこの態度では、私の方が持たないよ…

ついついたまたま一緒だった姐御に、零してしまいました。

ここ最近の先輩を巡る数々のトラブル、振り回されるのにも疲れたし、職場内での私の待遇も地を這っているし、副鼻腔炎再発の件等々、私にとって今の職場にいることが、本当によいことなのか?自分でも判断しかねていて、思わず姐御に零してしまいました。

秘密にしてたことではないのですが……

普段あまり零したことのない話だったせいか、姐御は親身になって聞いてくれました。

話したことで少し気が楽になったのですが、思わぬ爆弾発言を逆に聞いてしまって、少々困りました。

誰にでも秘密はある。(ちなみに私の秘密は、腐ったオタクだって事なのですが)

姐御の秘密を聞いたら、これはもうオタクカミングアウトしちゃっても良いかなぁ…と思うくらい、私の秘密なんて大したこと無かったかも…と思いました。

とは言え、もちろん秘密は秘密のままですよ。(やっぱり、言えんのですよ。腐ってますとは)

秘密って、実は自分が思ってるほど、秘密じゃなかったりして。

| | コメント (0)

犬のお薬。

うちの母上が面倒を見ている親戚のうちのお犬様が、尿路結石になってしまいました。

一ヶ月ほど前もお医者さんに連れて行ったのですが、薬だけではなかなか完治出来ないようで、膀胱炎も併発してしまったようです。

これは手術か…と半ば諦めていたのですが、前回とは別のお医者さんに行ったところ、抗生物質と犬の缶詰型の薬で様子を見ることになりました。

缶詰型の薬か~

まだ実物は見ていないのですが、最近はこんな物もあるのかと感心してしまいました。

フィラリアの薬もジャーキーのようなおやつ型の物があるし。

薬を飲ませるのはなかなか至難の業なので、食べ物と思って食べてくれると、凄く助かります。

早く直れよ~

| | コメント (2)

一番良い方法って?

最近ようやくオークションでの出品になれてきたところなのですが、先月の初めにヤフオクでは、オークション終了後の連絡方法に取引ナビという物が導入されました。

取引ナビとは?一言で言うと、掲示板形式の連絡ツールって感じでしょうか。

メールでやりとりしてた内容が、そっくりそのままオンライン上で書き込む形になるので、ヤフオクにログインした状態じゃないと内容が確認出来ません。

取引ナビ導入後、実際に取引ナビを使用したのは数回です。

7/4以降は、メールアドレスも非表示になるので、強制的にこの連絡方法を使うしかならなくなるようです。

現状としては、取引ナビもメールも、両方使える状態なのですが、7/4以降どうしたものかと、ちょっと困っています。

私は従来通りのメールで連絡する派(という派閥があるかどうかは分かりませんが)なのですが、メールアドレスが非公開になってしまうと、嫌でも取引ナビを使うしかなくなります。

実際に使ってみて、これはこれで使えないこともないと思うのですが、いかんせんSSL非対応というのは、いかがな物かと、抵抗を感じます。

とは言え、もう使ってしまっているので、今更…なのですが。

同じようにメールで連絡する派の方の中には、取引ナビにメールアドレスをのせて、落札者にメールで連絡をしてもらうという意見の方もいるのですが、ややこしくなるだけかな?なんて、思ってしまったりして。

そんなわけで、今後どう対応したらよいかと、少し考え中です。

とは言え、そんなに悩むほどたくさん出品しないのですがね~

一番良い方法って、あるのでしょうか?

| | コメント (0)

心のしこり。

先日の社内試験と時給の件で、仲違いしてしまった先輩とお局様ですが、やはり時間が経てば解決するかと思ったけれど、心のしこりは残ってしまったようです。

あれからずいぶん経ったのに、今頃…という気もしましたが、先輩が上層部と直談判した話の内容が、お局様にも伝わってしまったようで、ポロリと私の前で零していました。

自分にはどうすることも出来ない部分での、先輩のねたみにも似た気持ちを知らされてか、お局様はかなり疲れた様子でした。

先輩が面白くなく思う気持ちはよく分かるけれど、直接ぶつけられてもどうしようもないお局様の気持ちも理解出来るので、何ともいたたまれない気がします。

会社が決めた方針に従うしかない、それが嫌なら辞めるしかないという現状で、異を唱える勇気があるだけ、先輩は凄いのかもしれないけれど、他人をののしるほど自分を見失っていると、周囲に思われてしまったのも事実なのです。

私が辞めれば、良いのかしら…

そう漏らしていたお局様を見ていると、こうも感情が複雑になってしまうなんて、何だかどうしたらよいのか分かりません。

おそらく部署の中で、勤続年数や、技能的な面も含めて考えた時、給与面で一番割に合わないのは私だと思うのですが…

他と比べても仕方がないことなのですが、不遇なはずの私よりも優遇されているのに、それでも満足出来ない先輩と、その不満の矛先を向けられたお局様の方が、今回の件ではダメージが大きそうです。

一体、いつになったら、満足な結果って得られるのでしょうか?

| | コメント (0)

ジャンボプリン、再び!

去年も一度お買いあげしたあの商品が、再び私の前に登場しました。

F1001689 グリコのHappyプッチンプリンです。

内容量約400g!(普通のサイズは200gくらいです)

とってもジャンボサイズなプリンなのです。

今回は前回の失敗を生かすため、迷わず普通のサイズのプリンもゲットです。

F1001685

F1001686 見て下さい。この大きさを。

大きいですね~まさにジャンボプリンですよ~

前回大きさの比較が出来なかったので、今回は大奮発して、普通サイズのプリンもお買いあげです。

しかし、今回も一つ失敗してしまったことが…

ならんでいると親子のようなプリンちゃん達ですが、実はメーカーが違います。(うっかり同じプッチンプリンを買ったつもりが、違う商品を購入してしまいました……)

大きさの比較にはなると思うので、この際気にしないことにしました。(T_T)

F1001702 F1001696

お皿にのせてみました。

メーカーが違うと、カラメルの色が違うんだ~と、微妙な突っ込みをしてみました。

こうして見ても親子みたいですね~

この親子プリン、我が家の面々の胃袋に、あっという間に入ってしまいました。

一人で食べるには大きすぎるけど、家族総出で食べるにはお勧めのサイズです。

| | コメント (0)

副鼻腔炎、再び?

数ヶ月前、歯根治療を仮卒業したのですが、本日銀歯が取れてしまったこともあって、久々に歯医者さんに行ってきました。

歯医者さんに行く前から、歯根治療した歯と隣の親知らずは、レントゲンを撮ってもらうつもりでいました。

どうにもこうにも、違和感が相変わらず消えないからです。

ずっと続く…と言うわけではないのですが、治療中だった去年に比べればマシになったとは言え、天気が崩れると重くなるし、一度痛み出すと一週間は続きます。

歯が浮いたような、熱を持っているような、重さが常にあって、やっぱり歯根治療がまだ完治していないから?と思っていたのですが…

レントゲンを撮ってもらったら、うっすらと帯状に白い影が映っていました。

どうやらまた副鼻腔炎が再発?したようです。

どうりで、歯が痛い時風邪薬を飲むと、痛みが治まったわけです。(変だな?と思ってはいたのですが…)

抗生物質をもらったのですが、果たしてこれで治まるやら?

この副鼻腔炎、もしかしたら職業病かもしれないと思っています。

一緒に働く先輩方の中にも、同じく副鼻腔炎と、歯根の炎症を発症した人がいて、小麦粉を扱う職場なので、粉塵が影響しているのではないかと思います。

……給与面でも不遇なのに、職業病まで発症か?

そう思うと、このままで良いのだろうか?と、悶々と悩む日が続きそうです。(T_T)

| | コメント (0)

俺の下で……

BLゲーム界の伝説の名作?「俺の下であがけ」が間もなくPS2に移植発売されます。タイトルもズバリ「俺の下でAGAKE」(微妙~に異なるところがまたツボかな?)

俺の下でAGAKE 特典 Amazon.co.jpオリジナル CD「俺の下で喘(あえ)げ」付き Video Games 俺の下でAGAKE 特典 Amazon.co.jpオリジナル CD「俺の下で喘(あえ)げ」付き

販売元:D3PUBLISHER
発売日:2007/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回は趣味丸出しの内容で申し訳ありません(^^;)

BLって何?と思ってしまった方は、不思議な暗号だな~と思って忘れてしまいましょう。

BLとはボーイズラブの略でして、恋する男性達のことなのです。(いや、最早腐女子の妄想の産物ですが…)

この「俺の下でAGAKE」元々は年齢制限のあるPCゲームで、とても人気のある作品でした。(お恥ずかしながら、私もはまりました)

ストーリーは、闇金の社長をしている主人公が、生まれ故郷の町に帰って、暇つぶしに目を付けた三人の男達を、借金まみれにしてやろうと目論みます。(主人公、かなり性格が屈折しています)目を付けた男達は、かつての幼なじみ、幼子を抱えたサラリーマン、貧乏苦学生の三人なのですが、それぞれにドラマがあって、シナリオもとても良くできています。

この借金まみれにする為の工作を、プレイヤーは主人公とその秘書に成り代わって行うわけですが、この工作活動というのが、あまりにもバカバカしくて、面白いのです。中には「隕石を落とす」なんてコマンドもあったような…

このゲームの最大のウリ?は、工作活動のお馬鹿なゲーム性と、シリアスかつハードなシナリオ展開にあるのですが、あのハードなラストシーンの数々を、PS2ではどう表現しているのか?気になるところです。

もちろんPS版はアレンジされているようなので、間違ってちびっ子が見てしまっても、きっと大人って凄いなぁ~位ですむレベルなのじゃないかなと思うのですが…(朝チュンとかね)

とっても気になる、気になると言うことで、お馬鹿な私は予約してしまいましたよ……(PC版持ってるくせにね…)

手元に届いたら、家族に内緒でプレイしてみたいと思います。

| | コメント (1)

ねじ花を探しに行こう。

今年もまたねじ花の季節がやってきました。

F1001674 F1001675

近所の空き地に行くと、雑草に紛れて、所々ピンクの可愛らしい花が咲いています。

この花はとても不思議な花で、草ぼーぼーの場所が好きなようです。

芝とも共生関係にあるらしいと聞いたことがあります。

蘭の一種のようなのですが……毎年種がこぼれるのか?(種自体見たことがないのですが…)

前年とは異なる場所から姿を現します。

今年はプランターの中から生えてきました。

ちょっとマニアックな話ですが、漫画「BLEACH」に出てくる海燕(カイエン)の斬魄刀の名前のねじ花って、この花がモデルなのかな?と思ったりします。

白いねじ花には未だにお目にかかれていないのですが、一度は見てみたいです。

| | コメント (0)

竹取物語~実践編~

日付が変わってしまいましたが、昨日は母上のお手伝いで、山に芝刈りならぬ竹刈りに行ってきました。

F1001676 竹山です。

何だか鬱蒼としています。しかもヤブ蚊がいっぱいでした。

ちなみに隣は墓地という、何だか最高にスリリング?な立地条件でした。

まさに竹取物語、竹取の翁になってしまった気分です。

もちろんタケノコ掘りに出かけたわけではありません。

祖父母のお墓参りのついでに、最近始めた家庭菜園でつかう竹(棒状にして、植物を縛り付けるのです)を取ってこようという、一度で二度美味しい?母上の妙案です。

のこぎりと、蚊取り線香を携えて、竹を切って参りました。

F1001680 本日の戦利品です。

この竹を切る間、どれだけヤブ蚊に刺されたことか……

せっかくの休日も、竹刈りで終わってしまったという……何とも微妙な1日でした。

ちなみにこの竹山、ものすごく山奥かと思ったら、実はすぐ近くは新興住宅地だったりします。

小学校が側にあるせいか、ちびっ子の声が響いてました。

| | コメント (0)

苦節ウン年…

現在の会社に入ってから、ウン年経ちますが、先月ようやく査定に通って、時給を上げてもらったばかりでした。

そんなささやかな喜び?も束の間、会社の社内規定が見直されて、基本給の底上げが行われました。

結果、私の時給は、新規採用された人がもらう時給と一緒になってしまいました…

はぁ…何だったの?先月の時給UPは…

上司君も申し訳ないと思ったのでしょうか?上層部に問い合わせてくれたようなのですが、今回の基本時給改定に伴い、最低賃金以下の時給だった人は一律底上げ。

それ以外の人は、現状据え置きなのだそうです。

確かに……時給は下がったわけではありませんが……

苦節ウン年、耐え忍んできた人と、今日採用されたばかりの人の時給が同じじゃ、話にならんでしょう……

もし新人さんが入ってきても、今までのように親切に指導して、ミスもカバーしてあげて、残業覚悟で研修に付き合うなんて……出来ないよなぁ……と思うのです。

その上、先の社内試験の件で、受験資格のない私は、完全に同期の人や、後輩にまで時給という形で差を付けられてしまったし……

はぁ……(T_T)ため息しか出ませんよ、トホホです。

上司君は今度の監査の時に、また時給を上げて貰えるように働きかけてくれると言うのですが、彼がその時まで現在の事業所にいるかどうかも分からないし、人件費の予算だってかさむでしょうから、期待するだけ無理な話です。

気持ちだけで、十分ですよと、そう思わずにはいられませんでした。

名前こそ分からないものの、私と同じくぬか喜びして、がっかりしてしまった人は、もう何人かいるようなのですが……さすがに誰?とは聞けませんでした。

どうせ他の人より低い時給しか貰えないなら、手を抜いてやろうじゃないかと思うのですが、気が付くといつも通り真面目に働いてしまう自分がいたりします。

あぁ、手を抜くことも出来ん……(T_T)なんて不器用なんだ、自分。

もうしばらくモヤモヤしたまま、働く以外なさそうです。

こんなモヤモヤ解消のためではないのですが、面白そうなブログパーツを見つけたので、早速付けてみました。

左側の下の方に付いてると思うのですが(カピパラさんの下)

昔懐かしのシューティング、ゲームのようです。

十字キー(矢印)で移動、スペースキーでミサイル?がでます。

撃つべし!撃つべし!って感じで、ガンガンスペースキーを叩きまくりました。

レベル6までいけましたよ~(いや、ちょっとやばいくらい叩きまくってしまいました)

暇つぶしになるかな?(キーボード壊さないようにして下さいね)

| | コメント (0)

金魚の衣替え。

去年の夏の終わりに、ホームセンターでもらってきた金魚ちゃんずですが、なんと衣替えしました。

F1001651 F1001363_1 左側が今日の写真。右側が半年ほど前の写真です。

分かりますか?なんとただのオレンジ色だった鱗が、白くなっているのですよ~

金魚の衣替え……我が家の金魚はお洒落さんだったようです。(本当か?と、突っ込みを入れてみます)

F1001650 F1001655

元々この2匹、大きさが大小と見分けが付きました。

ところがその後すくすくと育って、大きさも外見も同じになってしまって、これでは見分けがつかんなぁ~とおもっていたら……

衣替え金魚になってしまったわけです。

見分けが付いて良かった~

錦鯉などでは、鱗の模様で評価されたり、鱗を移植するらしい?という話しも聞いたことがあるのですが(本当かどうかは分かりません)金魚はどうなのでしょうか?

買い始めた当初、実はこの衣替え金魚ちゃんは、オレンジに黒い模様が付いていました。

それがただのオレンジになって、今は白い模様が出ています。

金魚の鱗の模様って、変わるものなのでしょうか?

今年の夏休み、ちびっ子の自由研究のテーマにこんなのはどうでしょうかね?

金魚の衣替えの秘密。

| | コメント (0)

ジャーマンアイリスの種。

先月花時が終わってしまったジャーマンアイリスなのですが、そのまま放って置いたら、種が出来ました。

F1001669 F1001670

ジャーマンアイリスの種です。

花が咲いたら、種(実?)が出来る。

ごく当たり前なことなのですが、株分けして増やす植物なので、ちょっと珍しいかな?

本当は花が咲いたら、種を作らない方が良いと聞きましたが、実生でオリジナル?ジャーマンアイリスを作る楽しみ方もあるそうです。

意識して作った種ではないのですが、この種からどんな花が咲くか?楽しみだったりもします。

そしてこちらは先日植え付けしたジャーマンアイリスです。

F1001643 F1001644

これはまだ元気のある株なのですが、やっぱり地面にしっかり根を張っている株に比べると、元気がありませんね~

小さな黄色い点のような物は、根っこだったりします。

F1001645 芽が出ているのもあったりして、5ヶ月間放置された割には、元気なようです。

これから梅雨時で、雨が多くなるので、高温多湿に弱いジャーマンアイリスがちゃんと根付くかどうか?

ちょっと心配だったりします。

| | コメント (0)

ジャーマンアイリスの植え付け。

5ヶ月ほど前、親類からもらい受けた大量のジャーマンアイリスの株があったのですが、植え付け場所が決まらないまま、昨日まで陰干しになっていました。

掘り上げてから5ヶ月です。

乾燥に強くて、一年くらいはそのままでも大丈夫だというジャーマンアイリスの株ですが、さすがにシオシオとしなびれていました。

本当に大丈夫?

さすがに5ヶ月放置は不味かったかと少々不安になりましたが、どっこいジャーマンアイリスは生きていました。

小さな根っこが生えてきていたり、小さな芽が出ていたり、生命力の強さを見せつけられました。

でもやっぱりこれは駄目かな?と思う株もありました。

思わぬ落とし穴?だったのは、アブラムシが大量に芽に付いていたことです。

養分を吸われてしまったのか?元気が無くなってしまったものもありました。

意外だったのは、風通しの良い素材に入れて置いた株よりも、ビニール袋に入れて置いた物の方が、元気でした。

腐るのではないか?と心配しましたが、水分の蒸発が少なかったのでしょうか?

おばあちゃんの手のように、しわしわにならずにすんだようです。

今回大量に植え付けてみましたが、果たしてどれだけ根付くかは、お楽しみです。

かなりシオシオしなびてしまった物ばかりなので、とても心配ではあるのですが…

私の予想では、1/3位は根付くのではないかと思います。

上手く根付くと良いなぁ…

| | コメント (0)

嫌われ者。

先日の社内試験と時給の件で、すっかりみんなの嫌われ者になってしまった先輩ですが、業務に私情を挟むほどの嫌われぶりに、何だか困ったことになってきてしまいました。

先輩が久しぶりに接客をすることになったのですが、久しぶりと言うこともあって、なかなか作業がはかどりませんでした。

本来なら手の空いている人が先輩の仕事を手伝わなくてはならないのですが…

みんな先輩の仕事を手伝おうとはしないのです。

何だかなぁ……(T_T)

仕方なく私だけがせっせと手伝う羽目になりました。

もともと完璧主義な所がある先輩は、自分の仕事に他人が手を出すことを、極端に嫌がります。

職人気質なのかもしれませんが、会社という組織の中では、利益を優先するため、時には完璧に出来なくても、業務が流れることを優先する場合もあるのです。

でも先輩は他人に手を出されるのを嫌がるため、時として業務の流れが滞る原因となることがあります。

それでも今までは、周囲の人達は、仕事優先として、先輩に文句を言われても、聞かなかった振りをして、業務を優先してきたのですが、今回ばかりはもう誰も手を出す気がなくなってしまったようです。

先輩の仕事が順調に進んでいなくても、自分は手が空いていても、もう誰も手伝おうとしないのです。

さすがにこれは不味いと、手の空いていた人に、先輩の仕事を手伝ってくれるよう頼んだのですが、常日頃仕事に私情を挟まない人でも、今回ばかりはうんとは言ってくれませんでした。

上司君に至っても、分かっていて、見て見ぬふりです。

いくら自分で招いた結果だとしても、ここまで周囲の人に嫌われてしまったのかと思うと、先輩が不憫に思えました。

そうとは言っても、さすがに私もこれ以上は先輩を庇いきれないよなぁ……

私もきっと周囲の人達のように、逃げてしまえば楽なのでしょうが……

逃げるに逃げられないし、もしかして私ってば、先輩にとって最後の砦、防波堤なのかしらん?なんて思いつつ、愛想が尽きない自分ってアホだなぁ…と思っています。

| | コメント (0)

責任転嫁。

サービス業をしていると、いろんなお客さんと遭遇するわけですが、時々「これってどうよっ?」と突っ込みを入れたくなる困ったサンに出くわすことがあります。

先日出くわしたお客さんも、はぁ~と頭を抱えたくなるような困ったサンでした。

そのお客さんは中学生で、お買いあげになった商品を地面に落としてしまったので、新しい物と取り替えて欲しいと言ってきました。

食べ物ですので、落としてしまった以上もう商品価値はないし、返品の対象になるはずもありません。

その上、その言い訳というのが、商品が入っていた袋が脂まみれで、滑って落としてしまった。だから、取り代えろと言うのです。

……これって…どうよ?と、内心突っ込みを入れてしまいました。

自分の不注意で落としてしまった。ただそれだけのことなのに、袋のせいにして。

あげくは新しい物と取り代えろだなんて。

私はどうしたものかと思ったのですが、対応をしていた姐御は、あっさりと新しい商品を渡してしまいました。

姐御曰く、確かに滑りやすい袋だから、それに相手は子供で、少ないおこづかい出して買ってくれたのだから、と言います。

その子と同じ年頃のお子さんをもつ姐御にしてみたら、我が子の姿を重ねたのでしょうが、明らかにうちの店にとってはマイナスです。

自分の不注意で落とした商品の返品をいちいち全部引き受けていたら、その損害額がいくらになることか、考えただけで目眩がします。

子供だから大目に見るつもりかもしれませんが、同じ事を大人がした場合でも、その子にしてあげたことを例に出されたら、断れなくなってしまいます。

この日ばかりは、姐御のことを甘すぎると内心ため息をついてしまいました。

私が厳しすぎるのかもしれませんが……

最近こういう自分の不注意を責任転嫁するお客さんが多くて、困ります。

入れ物の箱の底が抜けて中身が出てしまった。だから取りかえろとか。

お店に買った商品を忘れてしまった。取りに行くから、取っておいてくれ。そう言って取りに来たのは数週間後。もちろん商品は傷んでしまいますから、全部新しい物と取り代えです。

一体どこまでが販売する側の責任で、どこからが買い手の責任なのやら?

取り代えろといったあの子も、後数年で社会に出て働くことになると思います。

その時逆の立場になったら、どう思うのでしょうか?

自分のことは棚に置いて、相手のことを責めるのでしょうか?

そんな大人にはなって欲しくないなぁ……と思いました。

| | コメント (0)

どうでもいい、わけないじゃない。

今日というか、もう昨日なのですが、ホルモンのバランスを整えるために、ずっと薬を飲み続けてきた、その経過報告のため、病院に行ってきました。

また薬が出されて終わりだと思っていたのに……再検査になってしまい、少しショックでした。ガビーン(T_T)勘弁してよ…

また2週間後に病院に行かなくてはならなくなってしまいました。

そんなこんなで、あまり元気はつらつぅ~ではないのですが……

むしろ一昨日、自分で発した言葉に、凹んでいます。

先日の社内試験の件で、ようやく社内が落ち着いてきたせいか、私もようやく自分の置かれた状況を考えることが出来るようになってきました。

正直言うと、面白くないと思っていた部分もあるのです。

しかし、そんな私の気持ちを無視して、周囲が大騒ぎになってしまいました。

何だか当の本人そっちのけで社内の人間関係はぐちゃぐちゃになってしまうし、わけの分からないことで、私が理由になっているしで、本当は一番理不尽に感じなくてはいけなかったのに、どうでも良くなってしまったのです。

どうでもいいわけ、無いんですけどね。

不思議なくらいその時は、何も感じませんでした。

思考停止状態とでも言うのか、PCで言うところのフリーズですね。

この事に気が付いたのは、一昨日、ふとした会話の時でした。

事業所長にちゃんと自分の気持ちを話した方が良いのでは?と先輩に言われて、思わずもうどうでもいいと口走ってしまいました。

私一人がごねたところで、会社の方針は変わらないし、これから先も不平等さが改正される見込みもない。

それじゃ、どうしたらよいのだろう?となった時、残された手段は、無かったことにすること。それぐらいしかありませんでした。

だから考えないようにしていたのに、ふとした弾みに現実に気が付いてしまって、どうしようもなく凹みました。(T_T)

3年近く後から入った後輩よりも時給が低いのか……やっぱり凹むなぁ……

同期の人達には、もちろん差をつけられているし、今まで真面目にやってきたつもりだけど、先輩じゃなくても普通怒り狂う場面かもしれないなぁ……と、冷静になった頭で思うのですが、今更騒ぐことも出来ません。

最近考えてるのは、いかにして仕事の手を抜くか(笑?)

せっかく私よりも時給が高い人達がいっぱいいるのだから、もらっている金額に見合うだけの仕事をしてもらおうと思っているのですが、貧乏暇無しが身に染みているので、やっぱり手は抜けそうもありません。

どうでもいいわけ、無いんですけどね…(T_T)

| | コメント (0)

口内炎

今月に入って、急に口内炎が出来てしまいました。それも数カ所。主に歯根治療終了(仮)の場所です。

ちょっと強く歯ブラシで擦ってしまったせいもあると思うのですが、久しぶりにお口の中はデンジャラスゾーンと化しています。

あまりの痛みに、久しぶりに「デンタヘルス」に助けを求めてしまいました。(おニュー1本買ってしまいましたよ…トホホ)

歯根治療が一応終了して、仮歯でも噛む事が出来るようになってきたのですが、それでも時々バファリンを飲まずにはいられない痛みがあって、もしかしたら隣の親知らずが原因かもしれないと思い始めていました。

仮歯の治療が再開したら、念のためレントゲンを撮ってもらおうと考えていた矢先、この口内炎です。(T_T)

お口の健康生活への道のりは、まだまだ遠いようです。

この口内炎ですが、実は原因に思い当たることが他にもあります。

それは……ストレスなのじゃないかと思っています。

先日の社内試験と時給の問題で、自分の知らないところで名前だけ一人歩きしていた件ですが、口内炎が出来た時期とほぼ重なります。

その上ここ数日、あまり寝付きが良くなくて、ぐっすりと眠れないのです。

これはストレスなのでしょうかね?お局様だけではなくて、どうやら私もダメージを受けていたようです。

事業所長の顔を見るたび、いつ呼び出されるのか?と、ついつい逃げ腰になっていたのですが、あれから数日経ちますが、現在の所呼び出しがありません。

う~ん、私のことは最早眼中に無し……と言うことかな?

何だか喜んだらよいのか?悲しんだらよいのか?分からない微妙な立場ですが、時間が解決してくれたのかもしれません。

早く直ると良いなぁ……口内炎。

| | コメント (0)

また帰るから

久しぶりにアンダーグラフの新曲が発売されたと知って、嬉しくなりました。

また帰るから/ピース・アンテナ Music また帰るから/ピース・アンテナ

アーティスト:アンダーグラフ
販売元:フォーライフミュージックエンタテインメント
発売日:2007/05/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「また帰るから」です。なんと、一ヶ月前に発売されていたのですね~(知らなかったよ)

前作「ユビサキから世界を」から11ヶ月ぶり?位経つので、本当に久しぶりです。

ユビサキから世界を Music ユビサキから世界を

アーティスト:アンダーグラフ
販売元:フォーライフミュージックエンタテインメント
発売日:2006/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回の新曲は公式サイトで試聴出来るので、早速聴いてみました。

アンダーグラフ公式サイト

「また帰るから」と「ピース・アンテナ」の2曲は、どちらもアンダーグラフらしい曲なのですが、大分趣の異なる曲です。

バラードのような心に染みる癒し系?の「また帰るから」と、テンポの良い「ピース・アンテナ」

「また帰るから」は、そのタイトル通り、故郷がテーマなのだと思うのですが、単純に故郷と言うだけではなくて、心のふるさと、心の置き所を思い出させます。

それは過去だったり、昔の思い出なのかもしれませんが、元気よく前に進むばかりが全てではなくて、心が戻れる場所があってはじめて出来ることなのだと、思わずにはいられなくなります。

郷愁という言葉が、アンダーグラフには似合うなぁ…なんて、いつも思ってしまいます。(^^;)

疲れた心の、癒しの一曲になりそうです。

| | コメント (0)

三者三様、相互理解って難しい…

ここ数日、私を悩ますものと言えば、職場での社内試験と時給を巡る揉め事だったりするのですが。

気が付くと、いつも板挟みになっている気がして仕方がありません。

なんでかなぁ……たぶん無所属だからかなぁ?(って、政党みたいですね)

私の望みは社内安全、皆仲良く!ただ、それだけなのですが。

現実はなかなか上手くいかないみたいです。(単に私が風見鶏で、自分の立ち位置を明確にしていないからなのかもしれませんが)

今日も相変わらずお局様は元気が無くて、さすがに先日の号泣事件?のこともあったので、心配になり声を掛けてみました。

お局様の話では、先輩は今まで本人を前に言うには憚られる内容だからと、私の前でしか漏らしたことの無かった不満まで、ストレートに言ってしまったのだそうです。

さすがに……剛速球(究極のストレート)をもろに直撃されては、心も砕けてしまうと言うものです。

まさか、そこまでのことを本人に言っていたとは……と、気の毒になりました。

そして当の本人と言えば、言うだけ言ったら、すっきりした…ようなのです。

やっぱり、トラブルメーカーだ、先輩は。

そうあきれ果てたものの、この先輩から売られたケンカを買ってしまった人もいて、なんだかどちらが正義だとか悪だとか、はっきり言ってどっちもどっちなんじゃないの?と言う気がしてきました。

知らぬ間に名前だけ一人歩きして、巻き込まれてる私って一体……

気が付くと、小さな意地やプライドが騒ぎを大きくしている気がします。

お局様は、今回の件をもうこれ以上大きくしたくはないと言うことで、先輩の処分についても、上役には求めないつもりだと言っていたので、このまま治まるかもしれません。

この話を聞いてる最中も、胃はきりきりするし、ご機嫌な顔してる先輩を見ると、この胃痛は誰のせいだとおもっとるンじゃぃっと叫び出したくなりましたが、今はただ嵐が過ぎるのを待つだけです。

ただ今回の件で、いろんな立場の方々の意見を聞きましたが、同じ物事に対する見方は人それぞれのようです。

今となっては、小さな時給UPの事よりも、この騒動が収まって欲しい。

振り回されるのはもうこりごりだから。と言うのが、現在の本音です。

……相互理解って難しい。そして気が付くとまた貧乏くじ引いてるかもしれない自分。

あぁ、たまには当たりくじ引きたい……

| | コメント (0)

トラブルメーカー

先日の社内試験の件ですが、あれから少しは周囲の状況も落ち着いたかと思いきや、どうやら今回に限っては事態はかなり深刻なようです。

先輩も自分が発した言葉のせいで、お局様が気分を害した事は分かっていても、まさか私の前で号泣するほど傷ついてしまったとは思わなかったようです。

ここ数日相変わらず社内の空気は重たくて、二人の間には日に一言、二言、会話があるか無いかと言うほど、冷戦状態なのだそうです。

このままでは先輩が左遷されるのではないかと、気になって仕方ありません。

もちろん今回の件で、別の先輩が私に忠告したように、先輩が私をダシにして、自分の不満(時給がお局様よりも低い事が許せない)を上層部に訴えた事は、正直先輩との付き合い方も考えないといけないと思うのですが、だからといって周囲の方々のように、腫れ物を扱うような態度を取るつもりはないし、そこまで嫌気が差したわけではありません。

ただ、事態はこのまま終息しない気がするので、どうしたものかと思うのです。

お局様は今回の件で、近々うける予定だった試験を辞退してしまったし、上司君は一人のためにみんなが犠牲になるのはおかしいと、今後の先輩の出方次第では、身の振り方を先輩に選択してもらうような話も出ているというのです。

気が付くといつも先輩はトラブルばかりで、なにも進んで自ら周囲と衝突しなくても良いのにと思います。

折れることを知らないからなのか?真面目過ぎるのか?

真っ直ぐすぎるのも、生きづらいのかもしれないと、先輩を見ていると思います。

同じように意見を通すにしたって、もっと違ったやり方もあるのじゃないか?

先輩を見ているとそう思わずにはいられません。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »