« ねじ花を探しに行こう。 | トップページ | 副鼻腔炎、再び? »

俺の下で……

BLゲーム界の伝説の名作?「俺の下であがけ」が間もなくPS2に移植発売されます。タイトルもズバリ「俺の下でAGAKE」(微妙~に異なるところがまたツボかな?)

俺の下でAGAKE 特典 Amazon.co.jpオリジナル CD「俺の下で喘(あえ)げ」付き Video Games 俺の下でAGAKE 特典 Amazon.co.jpオリジナル CD「俺の下で喘(あえ)げ」付き

販売元:D3PUBLISHER
発売日:2007/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回は趣味丸出しの内容で申し訳ありません(^^;)

BLって何?と思ってしまった方は、不思議な暗号だな~と思って忘れてしまいましょう。

BLとはボーイズラブの略でして、恋する男性達のことなのです。(いや、最早腐女子の妄想の産物ですが…)

この「俺の下でAGAKE」元々は年齢制限のあるPCゲームで、とても人気のある作品でした。(お恥ずかしながら、私もはまりました)

ストーリーは、闇金の社長をしている主人公が、生まれ故郷の町に帰って、暇つぶしに目を付けた三人の男達を、借金まみれにしてやろうと目論みます。(主人公、かなり性格が屈折しています)目を付けた男達は、かつての幼なじみ、幼子を抱えたサラリーマン、貧乏苦学生の三人なのですが、それぞれにドラマがあって、シナリオもとても良くできています。

この借金まみれにする為の工作を、プレイヤーは主人公とその秘書に成り代わって行うわけですが、この工作活動というのが、あまりにもバカバカしくて、面白いのです。中には「隕石を落とす」なんてコマンドもあったような…

このゲームの最大のウリ?は、工作活動のお馬鹿なゲーム性と、シリアスかつハードなシナリオ展開にあるのですが、あのハードなラストシーンの数々を、PS2ではどう表現しているのか?気になるところです。

もちろんPS版はアレンジされているようなので、間違ってちびっ子が見てしまっても、きっと大人って凄いなぁ~位ですむレベルなのじゃないかなと思うのですが…(朝チュンとかね)

とっても気になる、気になると言うことで、お馬鹿な私は予約してしまいましたよ……(PC版持ってるくせにね…)

手元に届いたら、家族に内緒でプレイしてみたいと思います。

|

« ねじ花を探しに行こう。 | トップページ | 副鼻腔炎、再び? »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

管理人様、スペースお借りします。
懐かしの超レアな作品から今話題のあの作品まで!
人気沸騰のオリジナルBL同人誌が沢山!詳しくはこちらから☆↓
http://e-xtreme.co.jp/otome/

投稿: 乙女野苑子 | 2007年6月20日 (水) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねじ花を探しに行こう。 | トップページ | 副鼻腔炎、再び? »