« 不思議なご縁?それとも… | トップページ | 金魚の濾過装置! »

老体、むち打って働く?

ここ最近、常に頭の片隅にあることは、今の仕事をいつまでも続けるわけには、いかないのだよな…という事です。

体力の限界というか、気力の限界というか、きっと仕事を始めたばかりの頃なら、何の苦も無くできたことが、今の自分には少しばかりきつかったりします。

今日もしみじみと実感してしまいました。

今日は競合となる近所のライバル店がお休みだったせいで、いつになく私の職場は繁盛していました。

普段は接客をすることも少ないのですが、今日は久しぶりに接客がメインの仕事だったので、ほとほと疲れ果ててしまいました。

お金を扱う上に、お客さんの相手をするのは、実は見た目以上にハードだったりします。

私の職場では、まず新人さんは接客から仕事を覚えることになります。

変な話、ベテランクラスになるほど、接客から遠ざかっていくのです。

そんなわけで、ベテラン?な私は、普段接客をする機会は少ないのですが。

一応建前上誰もが接客出来ることになっているので、何も私じゃなくても良いのですが、暗黙の了解というか、何というか、年齢の若い者にお鉢は回ってきます。

年齢の若い者(もしかしなくても私?)が久々に接客を担当した途端、ハードな仕事に身体が参りそうでした。(T_T)

あぁ…こんなにハードなのに、私の時給って、他の人より低いんだよね…

普段は意識しないようにしている事を、どうしてか、こう言う時になると必ず思い出してしまうから、困ったものです。

私が入社した当時、一番年下だったので、実は他の人以上に下積みが長かったのですが。

その為、何の苦もなく接客をしていると周囲の先輩方は思っていますが、接客はやっぱりきついのです。でもみんなそう思わないのか、積極的に、私を接客にまわそうとするから、困ったものです。

…もう、後輩もいるから、接客しなくても良いはずなのですがね……年功序列じゃなかったのかしらん?

やっぱり体力的に厳しくなってきているのは、歳のせいか?と思い始めております。

そしてこのきつさを感じる仕事を、このまま続けていくことが出来るのか?と、それが最近の私の主な考え事のテーマとなっています。

勤務時間帯の違う先輩の一人が退職することになったため、近々欠員募集もかかるのです。

ついでだからこの機会に私の分の欠員募集でもしてもらおうかしらん?

なんて、ね……(>_<)う~ん。

|

« 不思議なご縁?それとも… | トップページ | 金魚の濾過装置! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不思議なご縁?それとも… | トップページ | 金魚の濾過装置! »