« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

諦め?

先日の本社のお偉いさんとの面接後、当日お休みで面接に参加しなかった姐御から、感想を求められました。

「言わなくても良いようなことも言ってしまいましたよ」

とは私。

「でもみんな、どうせ言ったって何も変わらないって言っています」

後輩はそう言っていました。

姐御曰く、今の時給では、これだけオーバーワークだとしても仕方がない。

自分の年齢を考えると、他に仕事は少ないし、辛いなら他を探せばよいだけ。

楽な仕事がしたいなら、もっと時給は下がる…

本当にそうなのかな?

そう言う私に対して、姐御は、貴方はまだ若いから、他があるから言えるのよと言っていました。

…本当に、そうなのでしょうか?

何だか諦めてるだけのような気もします。

だから労働環境がさらに悪化しても、仕方がないと割り切るつもりなのでしょうか?

人生の大先輩である姐御の口から出た言葉に、少々現実を突きつけられた気がして、凹みました。

転職活動を本格化しなければと奮闘中なのですが、思いの外現実のハードルは厳しくて、本格化する前にちょっぴりくじけ気味です。

現実から目を背けてきたツケが回ってきたのかな…

それでも諦めてしまうわけにはいかないよな…と、思うのです。

| | コメント (0)

お偉いさんが来たぁー!

本日勤続7年目にして初めて、本社の人事担当者と面接をしました。

面接があるらしいとは聞いていたものの、出社するまで完全に忘れていました。

同僚に面接の時間を告げられて、初めて思い出しました。(いや、もう~どうでもいいかな?なんて思っていたので)

事前に面接を受けたお局様から、

「有給休暇のことや、残業のこと聞かれたわよ。はっきり言ってやったわ」

と情報をキャッチ済みだったので、せっかくだしもう二度とお会いしないだろうから(お局様談)この際言っとくかぁーと腹をくくりました。

案の定、有給休暇の話が持ち上がり、有給とらないのですか?それは人員不足で取れないからですか?このままだと2年以上前の有給は、消滅しますよとおきまりの台詞をちょうだいしました。

有給…取れるモンならとっくに取ってるわーと、軽く心の中で突っ込みつつ、そうですね、取れるものならまとめて頂きたいですと、軽く嫌みを言ってやりました。(私の有給は、30日以上あるのですよ。一ヶ月もまとめて休み頂けるのかしらん?)

お局様は有給もお金ですからね~と、消滅した分について、軽くつついてやったそうです。(さすがだ…)

今回ぜひとも本社の担当者に言っておきたいことがありました。

それは社内昇給試験についてです。

私のような、受験資格が無くて、面白くない思いをしている人は、おそらく他の事業所にも存在するはずなので、後続の方を出さないためにも、一言物申さねばと思っていました。

初耳だったのか?割と熱心に話を聞いて頂きました。

これで何かが改善するなどと、思っていません。

でも少しは現状を知らしめておかなければと言う思いもありました。

先輩のように激情のまま、感情的に相手にぶつかっても、跳ね返されるだけです。

今まで社内の上役に、この件について物申したことはなかったので、いい機会だったと思います。

10分程度の面接のはずが、なぜか20分くらいになってしまいました。(T_T)

おかげさまで、本日は面接に時間を取られたせいで、サービス残業をしてしまいました。(人事担当者に、サービス残業は駄目ですと釘を刺されたその日に、しかも面接で時間を取られたせいでサービス残業なのですから、なんとも皮肉な話です)

しかし…入社7年目にして初めて本社のお偉いさんと面接とは……

もう少し改善しないとやばいよ~と思いました。

| | コメント (0)

複雑…

昨日上期の査定の結果の報告を受けました。

非常に複雑でした。どれくらい複雑かというと、このくらい?↓

と言うのは冗談ですが、最近はやりの脳内分析をしてみました。

私の頭の中は、「仏」と「妄」から出来ているようです。

「妄」っていうのは、もちろん「妄想」って言う意味だよな…これはオタクという時点で、大いに有り得ることです。(おぉ当たってる…)

しかし分からないのは、「仏」です。これはどういう意味なのでしょうか?「仏」のような心という意味なのでしょうかね?(よく分からん…)

なかなか面白かったです。(ぜひお試し下さい)→脳内メーカー

本題の上期の査定結果ですが、以前上司君に聞かされていたように、評価は良いものでした。思わぬところで、トップの口添えがあったようで、評価が良くなったそうです。本来喜ばしいものなのですが…正直言うと、複雑です。

なぜなら今回結果が良かったとしても、下期の査定次第では、昇給が望めなくなる可能性があること。

上司君、トップのいずれも下期も続いて今の立場でいられるかどうかもわからず、配転の可能性もあること。万が一後任者の評価が無ければ、昇給は有り得ません。

(実際前任のトップの時は、私は全く評価されず、むしろサービス残業発生の諸悪の根源のように思われていたらしくて、担当からも外されたし、散々でした…)

私が万が一昇給出来たとしても、上司君の話からすると、周囲の先輩方も昇給出来るようなので、結局昇格試験による賃金格差は埋まらないこと。(私に受験資格がない以上、埋まらない溝です)

来年は必ず上がりますから安心して下さいとは言われたものの、安心出来るかぁ!って、ほんのちょっぴり突っ込み入れたくなりました。(T_T)

意外だったのは、上司君が私の想像以上に、私に昇格試験受験資格が無い事を、気にしていたことです。

気にしなくて良いんですよと言ったものの、逆に良くありませんと反論されてしまい、何だかなぁ…な、気分でした。(いや、私だってすっごく気にしてるけど、仕方がないでしょうに。会社の方針なのだから)

細かいなぁ…と思っていたトップが、意外に評価していてくれたらしいと言うのは、ちょっと嬉しかったです。

でも本音を言うと、遅いんだよなぁ…の一言です。

どうして私が本当に頑張っていた時に認めてくれなかったの?と言いたいのです。

今頃評価されたって、何が変わるわけでもないし、転職先を物色中だというのに。

もっと早く評価してくれれば、良かったのに。

嬉しいような、でも残念のような、複雑な気持ちです。

そして昇給という目に見える成果は、来年の春まで先送り。(しかも(仮)だし)

複雑すぎて、トホホ……(T_T)

| | コメント (0)

赤とんぼ。

この秋初めて我が家に赤とんぼが来ました。

F1001881 F1001882

逃げられてしまうかなぁ?と思いつつも、写真を撮影。

なかなか肝っ玉の据わった赤とんぼだったようで、逃げることもなくその場にしがみついていました。(この日はちょっと風が吹いていたので、もしや必死?だったのかな)

赤とんぼと言えば、私が高校生の頃、通学路にしていた川の土手沿い道で、群れをなして飛んでいたのを思い出します。

赤くてちょっと小柄の可愛い赤とんぼが、一斉に空を飛び回っていたので、すごく印象的でした。

今年もまた土手沿いの道に行けば、赤とんぼが飛び回っているかもしれません。

秋だよな…と思う一瞬でした。

しかし…相変わらず気温は高いです。

10月に入っても半袖で過ごせるような気がします。(良いんでしょうか?衣替えなのに、暑いって)

去年ぐらいから、職場でトラブルが続いていたせいか、あまり季節感が無くなっていたので、ふと我に返った気がします。(忙しかったり、心配事があると、ゆっくり季節の移り変わりを実感する余裕って、無くなってしまうものですね…)

余裕が大切なのかもしれません。(とは言いつつも、いつもいっぱいいっぱいですよ)

| | コメント (0)

占い

先日成田山新勝寺まで、占いに出かけてきました。

星占いや、手相など、ゲーム感覚の物は試したことがあったのですが、本格的に占ってもらうのは初めてで、少し緊張しました。

一緒に出かけてくれた友人には、感謝しています。(どうもありがとう!)

占ってくれたのは、中年の女性でした。(近所にもいそうな普通のおばさんみたいだったなぁ)

占いのお店(正確にはお店じゃないんだろうけど、何件も商店街みたいに軒を連ねているのですよ。写真は後ほど)の中の一件で、優しいと評判の方のようです。

私が主に占ってもらったのは、仕事についてです。

ここ最近とても精神的にきつくて、仕事の内容よりも、周囲の人間関係に参りきっていました。正直なところ、周囲がもう信じられなくて、何だか鬱屈とした気分でいました。

仕事を辞めることばかり考えていたので、思い切って占ってもらいました。

占いの結果は、これから良い方向に向かうはずだから、短気は起こすな、と言った感じの物でした。

今年は今までの行いを見直す年で、新たにスタートする年なのだそうです。

行き詰まっていた私にとって、これから良くなると言う言葉は、お世辞でも有り難い物だったし、でもその反面「本当かな?」と疑ってしまう部分もありました。

占いが当たるのか?どうかは分かりません。

でも一つだけ確実に変化したと思うのは、気持ちの持ち方が楽になったことです。

行き詰まりを感じて、閉塞感でいっぱいいっぱいだった気持ちが、まぁいいかと思えるようになったこと。

せっぱ詰まった焦りが無くなった分、楽になったのかもしれません。

当たるも八卦、当たらぬも八卦で、占いの結果がどうなるのかはまだ分かりません。

占いと言うよりはむしろ人生相談に近かった気もするのですが、毎日いろんな人をみているからでしょうか?占いに訪れた人の性格を見抜く点は、さすがだと思いました。

これから先がどうなるのか、どうするのか、まだ決めかねているのですが、せっかく良い占い結果だったのだから、信じてみるのも有りかな?と思います。

話は変わるのですが、数日前からレトロRPG風訪問カウンターなる物を付けてみました。右の上の方に付いてます。

ドラクエ風の王様が、よくぞ戻ったなんて労ってくれます。

このカウンター、自分しか分からないところがミソですね~

自分のアクセスした回数しか表示されないので、ブログを更新する度、よくぞ戻ったって言われてしまうわけですよ。

面白かったので、付けてしまいました。他にもメールフォームもあるみたいです。(メールフォームも面白そうだったな)

興味のある方はお試し下さい。

| | コメント (0)

ちょっとだけ、胸が痛いこと。

最近オークションでのお取引で、ちょっと胸が痛くなる出来事がありました。

一つめは、何度か良くしてもらった方に、おまけであげた本を、有料で転売されてしまったこと。

転売自体は…まぁ、本という商品の性質上、読み終わったからかな…と思うので、構わないのですが、その本というのが、初期不良の乱丁本で、商品価値が無いものだったので、同じ作家さんの一ファンとして、作品を楽しむためだけに差し上げたつもりでした。

それを金額を付けて売られてしまったことがちょっとショックだったです。(よかれと思った事が裏目に出た上、おまけであげたのに、お金に換えられてしまうし、何だか作家さんにも申し訳ない…)

もう一つは、私が落札した商品について、傷ついている方がいることを知ってしまったからです。

商品というのは、同人誌なのですが…(オタクなんですよ、私。内緒ですよ)

以前から同人誌をオークションで販売することについては、いろいろと物議が交わされていました。

同人誌自体が商業活動を伴わない創作活動である為、オークションという商業活動の場で販売されることには、いろんな意見があると思います。

実際、とても高値で取引されています。(元値をはるかに超えたびっくりする事態も発生したりします)

その為、同人誌をオークションで販売する事を、商売にしている方もいるくらいです。

今回私はお気に入りの作家さんの本を落札したのですが…

その商品が販売されたことで、とても作家さんを悲しませてしまったのです。

本来金額を付けてはいけない物だったので、知らなかったとは言え、何だかとても胸が痛くなりました。(T_T)

販売されてしまったという行為自体は、買ってしまった以上、とても申し訳なく思うのですが、売った人は商売だったとしても、買った私は本当にその作品を手にすることが出来て、嬉しかったのです。

だからどうか悲しまないで下さい。入手方法に間違いはあったけれど…

全てをお話しする事は出来ませんでしたが、気持ちの一部だけでもお伝え出来たことだけがせめてもの救いです。

今回の件で、何だかとても考えさせられてしまいました。

気持ちをお金に換えられる事の傷みを思い知らされたというか…

綺麗事を言うつもりはありませんが…

む、胸が痛い…(T_T)ハートブレイクとはまさにこの事?!

いろんな意味で反省中です。

| | コメント (0)

一年も待てないよ…

今年もまた査定の季節がやってきました。

年に二回、上期、下期にそれぞれ行われる査定なのですが、例年だと査定が行われた後、時給の再考査が行われます。

そんなわけで、年に二回時給が改定されるチャンスが巡ってくるのですが、今年はどうやら事情が異なるようです。

定時を迎えての仕事帰り、上司君に掴まってしまったのですが、彼の口から出た話は、やっぱりなぁ…と、少々落胆する内容でした。

時給の昇給は年に一回になったらしい…

今年の春に賃金の底上げがなされた時に、給与体系が大幅に変更されたのですが、どさくさ紛れに昇給も年に一回にされていたらしいのです。

何となく、怪しいとは思っていたんだよね…

実は最近のこと、職場の求人広告の募集要項を見てみたら、昇給は年に一回って記入されていたのですよ。

あれ?年に2回だったはずじゃ…と思ったのですが、どうやらやっぱり知らぬ間に改訂されていたようです。

…さすが侮れん。

春の賃金底上げが実施された時、昇給したはずが据え置きにされてしまった私は、5年も後から入社した後輩と同賃金になってしまった上、社内昇格試験の受験資格もない為、やっぱり3年近くも後から入社した後輩よりも、低賃金になってしまったのでした。

上司君は、次回の査定で昇給出来るようにしますと大見得を切っただけに、困ってしまったようです。

今回の査定で、良い評価を受けたとしても、それが時給に反映されるのは、来年の春以降だからです。

さすがに来年の春まで丸一年も、不遇のままなんて、そんなに待てないよ。

何とも胸中は複雑でした…(T_T)泣くじょ…

上司君は私に新しい仕事を頼みたいと言っていたのですが…

仕事自体与えてくれる分には構わないのですが、一番ネックとなっていた時給の問題がやっぱり解決されない上、本当に来年の昇給があるのか?それさえも不確かで、何だかなぁ…と言う気分です。

周囲の人間関係も、改善も進展もされないし…

参ったなぁ…と呟く以外ありません。

| | コメント (0)

えぇいっ!バカップルめっ!

今日は久しぶりに接客がメインのお仕事でした。

ここ最近、接客から遠ざかっていたので、本日は通常の1.5割り増し?愛想良く対応したつもりなのですが、思わず(-_-)ピキッと反応してしまう出来事がありました。

バカップル様ご来店でございます。

バカップルとはいかに?

カップルに「バ」が付いてしまったこの言葉。仲良きことは美しきかな…を通り越して、所構わずイチャイチャしてしまう困ったサン達です。ちびっ子には刺激が強すぎるパフォーマンス満載なので、要注意だぞっ!

そんなわけで、久しぶりにバカップル様のご対応を致しました。

お買い物中からして、おいおい…と思わず引いてしまった私なのですが…

商品一つ選ぶのも、完全に2人の世界…何もそこまでイチャイチャしなくても、誰も邪魔しないって…と思わず突っ込み。

そしていざお会計の時が来ました。

バッカプル様の彼女の様子がおかしくなりました。

な、何事?(-_-)

何やら彼氏の腕を引っ張って、私の方を見ながらひそひそと内緒話をしているではありませんか。

何なの?私が何かあるの?

私はわけが分からず、バカップル彼氏も分かっていないようでしたが、それでもお会計だけは済ませて、バカップル達は帰って行きました。

一体、何だったのだろうか…(?_?)

実は初めてではないのです。

以前も別のバカップル様を接客した時にも、同じようにひそひそと謎の動きをされたことがあります。

もしや…見られてはいけない、私の鼻毛さんが飛び出ていたとか?(後で確認しましたが、問題はありませんでした)

実はどこかで会ったことがあるとか?(全然全くこれっぽっちも、記憶にありませんでした)

嫉妬深い彼女が、接客しただけの店員にまで、牽制してきたとか?(いえいえ、バカップル様の彼氏に手を出す方はそうそういないと思われます)

結局原因は分かりませんでした。(T_T)

えぇいっ!バカップルめっ!謎の動きをしやがって、気になるじゃないかっ!

バカップルの謎の動きが気になって仕方がなかった1日でした。

| | コメント (0)

袋田の滝に行ってきました、その2。

トンネルを抜けると、袋田の滝だった…(雪国じゃないよ)

いきなりこんな出だしですが、本当にそうだったのですよ。

今日は前回の続きで、「袋田の滝」貧乏ファミリー旅行のお話です。

F1001844 トンネルの出口の一つが、観瀑台になっていて、そこから「袋田の滝」を眺めることが出来るようになっています。

出口が近づくと、ザァザァという水が落ちる音がしてくるので、すぐに分かります。

しかし…ここまでたどり着くまで一体何分かかったやら。

「あのおばさんに騙されたっ」

と、母上は現地人のおばちゃんに怒り心頭でした。(滝まで徒歩7、8分って聞いたのに、実際は20分くらい歩きました。7、8分はトンネルの入り口までの時間で、トンネルの中に入ってからも、10分以上ひたすら歩くのですよ)

F1001845 F1001846

この日は滝の水量は多かったのかな?

水の量が多い時と少ない時があるようです。(天候次第ですかね?)

見に来たのが初めてなので、違いは分かりませんでした。

F1001847 F1001848 滝の側の岩肌はこんなごつごつした感じです。

正面から滝を眺めたら、次は別の角度からっ

と言うわけで、目指すは滝の下流にある吊り橋です。

写真の真ん中にあるのが目的の吊り橋なのですよ。

F1001849

またまたトンネルを通って、移動することになりました。

吊り橋がある出口は、先ほどの観瀑台よりも下にあります。

下から見上げる滝も、また違った景色でした。

F1001851 より近い位置から眺めているかんじですね。

F1001852

ちなみに吊り橋の真ん中からも撮影してみました。

微妙に撮影角度が違うのが分かるでしょうか?

F1001853 吊り橋です。

結構ぐらぐら揺れました。写真とっているうちに、前を歩いていた人の動きのせいか?横揺れが激しくなってしまって、のんきに写真とってる場合じゃなくなってしまったデンジャラスゾーンです。

F1001854 吊り橋を渡りきるとすぐに、滝の頂上へと向かう階段があったのですが…

さすがにこれは断念しました。(T_T)

何て言う角度だよ…登り切れるかぁーっと、密かに突っ込みを入れたのは言うまでもありません。

F1001855 何だか歩け歩け大会で終わってしまった貧乏ファミリー旅行なのですが、なかなか突っ込みどころ満載で、楽しかったです。

ちなみにお土産を買おうと目論んでいた私ですが、現地は混んでるから、帰り道のおみやげ屋さんで買おうとなったものの、うっかり通り越してしまって、結局高速のパーキングエリアでお買いあげしたのでした。

ハワイ土産のマカダミアナッツチョコレートを、国内で買ってしまった気分?でした。

| | コメント (0)

袋田の滝に行ってきました、その1。

昨日「袋田の滝」を見に行ってきました。

「袋田の滝」とは何ぞや?

茨城県大子町にある日本三名瀑の一つで、巾73メートル、高さ120メートル、別名「四度の滝」と呼ばれている滝です。冬になると全面凍結してアイスクライミングが出来るそうですよ~(ホントに?)

F1001860行くのは初めてだったので、どんなところか分からぬまま出かけてしまったのですが、軽いハイキングに行くつもりでないと、大変だと言うことが分かりました。

運動靴必須ですよ。間違ってもハイヒールなんて履いていってはいけません。(泣くよ、ホントに)

今回貧乏ファミリー旅行だったので、現地まではマイカーで出かけました。滝の側まで車で行けるのかと思ったら、そうは問屋が卸さないのでございます。

お車でお出かけ予定の方は、要注意ですよ。

仕方がなく500円を支払って有料駐車場に駐車したのですが、馴れた方は少し離れた場所に車を止めて歩いているようでした。あとは現地のお店で昼食を食べると、駐車場が無料で使えるところもあるようです。

車を止める場所を確保した後は、滝へと向かうわけですが…

現地人(って言うのも変かな?)のおばちゃん曰く、ここからだと7、8分で滝まで行けるわよ~の言葉を信じた我が家の母上は、この後ぷっつんと切れてしまうのでした。

駐車場から歩くこと数分。

F1001840 F1001841

滝から流れてきた川の流れに沿って、おみやげ屋さんが立ち並ぶ道をひたすら歩いていくと、急勾配の階段が現れました。(階段の写真は取り損ねてしまった…)

思わずこれ登るの?と呟いてしまうほどの階段です。

段数は大したこと無いのですが、角度がね…結構きついですよ。でもこんな物序の口でした。(>_<)

階段を上った先に待ち構えていたのは…

F1001842 出ました~「袋田の滝トンネル」

え?トンネル?

「袋田の滝トンネル」とは?昭和54年12月完成。長さ276メートル、高さ3メートル、巾員4メートル。お子様からお年寄りまで、ゆっくり観瀑台より素晴らしい滝が鑑賞出来るよう設計された素敵?トンネルなのでございます。

そうなんですよ。滝まで行くのには、このトンネルをくぐっていかないといけないのですよ。ちなみに閲覧料がとられます。

大人は300円。子供は…忘れました。(だってちびっ子いないんだもの)ちなみにベビーは無料だったような気がします。

写真右側のひさしが付いた建物が、料金所ですので、おサイフの準備をお忘れ無く。

F1001843 そしていざトンネルの中へ。

何だか近未来的写真画像になって見えますが、普通のトンネルです。

ちなみに全体に湿っていて、気温は低かったです。

この日は夏日で暑かったので、トンネルの中は涼しかったです。

そしてトンネルの先には…以下次回です。(長くなってしまったので…)

| | コメント (0)

最近の健康診断の事情?

先日地元の地方自治体が開催する、市民の為の健康診断に行ってきました。

行くのは4年ぶり?くらいかな。

職場の健康診断はあまりにも内容がしょぼいので、(身体測定と血圧、レントゲン、尿検査のみ)いつもは自費で受診しているのですが、ここ最近体調不良で健康面がとても不安だったので、思い切って受診することにしました。

…なんだかしょぼくなってしまったなぁ…

受診しての感想はその一言。

数年前までは無料で、身体測定と血圧、レントゲン、尿検査、血液検査が受診できたのに、今年は有料な上に、身体測定と血圧、尿検査、血液検査のみで、レントゲンが無くなっていました。

40歳以上だと、心電図、レントゲン、眼底検査、大腸癌検査なども受けられたようです。

う~ん、職場のと大差ないメニューだった…

しかも来年から40歳以上の人は、扶養の方は対象の社会保険が指定する病院で、39歳以下の国民健康保険加入者のみ地方自治体で受診となるようです。

何だかサービス悪くなってしまったなぁ…やっぱり予算がないのかな…

久しぶりに受けた健康診断で、思ったことはそんなことでした。

その検査ですが、血液を注射器で抜かれた時のこと、あまり痛くないから良かった~と安心したものの、その後がくせ者でした。

うぉっ何じゃこりゃぁ~

針が差し込まれた跡が、線のようにくっきりと残ってしまっているではあ~りませんか。

ナースのお姉さん、実はへたれだったのか?

いつになくくっきりと残った跡にがび~んとなっていると、一緒に受診した父に至っては、

「めいいっぱい抜かれた…絶対倍以上抜いたよ血液」

4本分抜かれるはずが、どうみても8本分は血を抜かれたと豪語していました。

恐るべし、健康診断。

余った血はどうするのだろう?

献血にでも回すんじゃないの?というのが、私たち親子の想像です。(実際どうなのでしょう?)

…謎です。

| | コメント (0)

予約しちゃった。

今月発売のボーイズラブゲームの新作「スクエアな関係~ぼくらの恋愛心理学3~」をやっぱり予約してしまいました。

今回は趣味丸出しなテーマです。(腐ったオタクですみません…)

頭の中から職場での悶々とした気持ちがどうしても消えないので、やっぱり現実逃避することにしました。(^^;)

「スクエアな関係」は私の大好きなボーイズラブゲーム「カフェ・リンドバーグ~ぼくらの恋愛心理学2~」と同じシリーズです。

ぼくらの恋愛心理学シリーズは、第一作目の「Birdie」(芸能界を舞台にしたアイドルユニット3人組の恋愛模様)、第二作目「カフェ・リンドバーグ」(美味しいと評判のお店、カフェ・リンドバーグで働くメンバーの5人の恋愛模様)と、それぞれ舞台は異なるのですが、元となる世界設定が同じなので、思わぬところで話が繋がっていたりして、それが面白かったりします。

今回の第三作目「スクエアな関係」も、もしかして繋がっているのかな?なんて、ちょっと期待しています。

このシリーズはとてもシナリオが良くできているので、思わずその世界にはまってしまいます。恋愛シュミレーションゲームの醍醐味でしょうかね?

心理的に共感出来るキャラクターを見つけてしまうと、しめたものです。(^^;)

えぇいっ必ずこいつ等をくっつけてやるっと、妙な気合を発揮してしまいます。(いや、そんなに気合はいらないんだけどね、ゲームだから…と思いつつ、燃える自分)

話はちょっと逸れてしまいましたが、そんなこんなでヤケ食いならぬ、ヤケ予約?をしてしまいました。(>_<)おはずかシィ~

最近のゲームは予約すると予約特典が付くのでなかなか美味しいです。

商売だよなぁ…と思うのは、予約するお店によって特典が異なること!

ゲームソフトを購入する時は、必ず予約特典はチェックですよ。(中には複数のお店で購入しないと、特典のフルコンプが出来なかったりして、おサイフに痛い場合もあります)

今回私はメーカーさん直販に予約することにしました。

アマゾンでも購入は出来るのですが、アマゾンでは特典がないようなので(その分値段は安かったな…)特典付きのメーカーさん直販にしました。

ちなみに特典はポスターとサントラCDのようです。(サントラCD目当てですよ)

他のお店でも、作中に登場するキーストラップを特典にしたり、ポストカードが貰えたりと、いろいろ奮発しているみたいです。

ちなみにちびっ子は買っちゃ駄目です。ちびっ子には禁断の果実という物ですよ~ほほほほほ…(笑)

余談ですが、私がちびっ子の頃は土曜ワイド劇場ですら、大人の世界だ…とびびってました。土曜ワイド劇場でびびるようなピュアなハートの持ち主は、踏み込んではいけません。私のような大人になってしまいますよ。(^^;)

ええぃもう大人の階段登り切ったぜぃ~と豪語出来る貴女、ぜひプレイしてみて下さい。

本日は健康診断を受診したりして、腕に針の穴が開いてたりするのですが、その話はまた後日です。

| | コメント (0)

やっぱり限界なのでしょうか?

ここ数日、気持ちが重くて仕方がありません。

職場に行っても、先輩の顔を見ると後ろめたいし、モヤモヤした気分のままです。

罪悪感を引きずりながら仕事をしているというのに、今日は同僚にまで一方的にもう誰も信じられない宣言を皆のいる前でされて(当てつけ?)何だかもう打ちのめされてます…(T_T)

反論も許さず一方的に言われるがままというのも、なんか面白くないものです。(T_T)

同僚はどうやら上司君やトップにやっとの思いで先輩との関係修復を頼んだのに、何もしてくれなかったことから、不信感を募らせてしまったようです。

…だけど、なぜそれを私に訴えるの?しかもわざわざ先輩方がいる前で、みんなに分かるように言うの?

私のことまで信じられなくなった?…のでしょうかね…

自分だけが悪者にされて傷ついたと同僚は言うのですが、私から言わせてもらうと同僚以上に私だって先輩を裏切っている罪悪感を感じながら働いているんです。

いくら何でも被害者意識が強すぎるよなぁ…と、少々呆気にとられました。

しかし…同じチームを組む3人のうち先輩はもう論外、同僚は少々精神的に参っている状態、そして残るは間に挟まれた私一人となると、もう末期的状況のような気がします。

もう本当にこのメンバーはチームとして成り立たない気がします。

限界…のような気がします。

姐御には、あまり気にするなと言われましたが、もうこっちまでおかしくなってしまうんじゃないか?と思いました。

やっぱり残る手段は…「逃走?」ですかねぇ~(T_T)

上層部は何の解決もしてくれないようだし、先輩の顔を見るのも辛いし、同僚は…やっぱりしばらく顔を見たくないので、仕事を辞めるのが一番なのかなぁ?なんて思います。

行き当たりばったりみたいで、嫌なのですがね…

とは言っても小心者なので、踏ん切りが付かないのです。

あぁ、しばらくまたオタクの世界に浸ろうかな…

ボーイズラブゲームの新作がまた近日発売されるので、やけ食いならぬヤケ買いしてしまうかもしれません。

良いんでしょうか?こんなんで。いや、きっと良いんです。

はぁ…誰か職場を救う天使を派遣して下さい。もう舞い降りてきてぇ~

| | コメント (0)

何だかとってもやりにくいなぁ…

相変わらず職場は厳戒態勢です。(T_T)ピンチ継続中?

事態に進展はないものの、上司君に至っては先輩に辞めてもらいたいと思っているようです。

トップからは内々で、後輩に勤務時間変更の依頼をして、契約を進めておくようにと言われていると打ち明けられました。

何だか…先輩排除勧告を聞いてしまったような気分です。

とっても気持ちは複雑な上に、ブルーですよ。(T_T)

当の先輩と言えば、鈍感なのか?何も分かっていません。

仕事に対して非協力的な態度だから、周囲に避けられているのに、相変わらず協力する姿勢はないし、つまらないことで人の仕事にけちを付ける始末…

同僚がサービス残業をして泣く泣く終わらせた仕事のあらを探しては、文句を言っているし…(先輩が協力してくれれば、サービス残業しなくて済んだにもかかわらず、手伝いもしないで、よく文句が言えたものだと、呆れましたよ。さすがに)

正直私も先輩の一連の態度には、辟易しています。

もう庇ってあげないぞっ

思わずそう言ってしまいそうです。

とは言え明日も先輩と組んで仕事なので、ちょっと気が重いです。

同僚も最近先輩にいびられている?ようで、怖い怖い…といつもビクビクしています。

さすがにそこまで酷くはないだろうと思っていたのですが、もしかしたら私の知らないところで、嫌みを言われたのかもしれません。

何だか…とってもやりにくいです。今の職場の雰囲気は。

先輩は元々ちょっと感情の起伏が激しすぎて、思いこみと被害者妄想もちょっと多めな方なのですが、気分が良い時はすこぶる良い人です。その反面悪い時は最悪とも言えます。

いい人なんだけど、疲れる人だったりします。

でもまさかここまで周囲をひっかきまわすトラブルメイカーに成長するとは、出会った頃は想像もしませんでした。(黒い方向にレベルアップしちゃったの?)

ふ…付き合う人を間違えたかな?と思わずにいられません。(でも仕方がないんですよ。いつもコンビ組んで仕事をしてるから、他に一緒に働く人がいないので、必然的に仲良くなるしかなかった?)

もう大魔王クラスのトラブルメイカーさんになりました。

黒い方向で、トップも現在大注目しています。(あくまでも黒い方向ですよ…)

あぁ、明日も無事大魔王と仕事を終えることが出来るかしら…

誰かピンチを救える勇者はいないのでしょうか?

職場に勇者を募集中です。

| | コメント (0)

やっぱりピンチでした。

先日ついに上司君が決意したという話を聞いたのですが、ハラハラドキドキしたその翌日は何事もなく過ぎてしまい、ああ結局言えなかったんだなぁ~と、ホッとしたような、残念なような、気持ちでした。

ところがです。

あれから数日経った今日(もう昨日ですね)今頃になって話が再燃。

何だかやっぱり巻き込まれまくってます。(T_T)

貴方のおかげでみんな迷惑しているのですって、先輩に困り果てている私や同僚を名指しで、本人に伝えるなんて言い出したのです。

おいおいおい、上司君そりゃ不味いだろうよ。

私たちが言ったら角が立つから、君に上司としての威厳で何とかして欲しいって頼んでいるのに…

参りましたよ。本当に。(T_T)

結局、上司君に加え、トップにまで話が伝わってしまいました。

はぁ~ピンチです。(もちろん私がっ!なんでやねん)

先輩の前では理解しゃぶっているくせに、困っているのも事実なので、どっちつかずな態度をとり続けてきたのですが、この事が先輩に伝わったら、おそらく拒絶されるでしょうね…

う、裏切り者ぉー!なんて、叫ばれてしまったりして。(T_T)有り得るから、こわい…

もう本当にいい加減にして欲しいです。(頼むから人を巻き込むのは止めてくれと言いたい。もうどうにでもして~♪Byぴちょんくん)

あぁ、どうなってしまうのでしょう…

そもそも冷静に考えると、私は関係ないような気もするのですが…

何でかなぁ?やっぱり貧乏くじ引いてしまったのかな?

くじ運だけは良かったはずなのに、やっぱりピンチです。

| | コメント (0)

ピンチはチャンスじゃないよ、やっぱりピンチだよっ!

先輩がピンチです。

今回ばかりは、チャンスじゃありません。正真正銘のピンチだと思われます。

同僚曰く、ついに上司君が物を申す覚悟を決めたのだそうです。

…あぁ~やばいよぉ~(>_<)

内心おろおろしてしまったのは私だけで、同僚はいつになく静かに怒りを漲らせているし、上司君も妙に冷めた顔をしていました。

何だか私以外の人達は、先輩に対して見切りを付けてしまったみたいな、嫌な雰囲気を感じました。

先日もちょっとしたトラブルがあって、先輩と上司君がぶつかる場面がありました。

元々ここ数日、周囲の人達からさけられていたようで、先輩はずっとイライラしていました。

苛立ちながらこなした慣れない仕事で、ミスをしてしまったので、よけいに機嫌が悪かったのでしょう。

上司君に日頃の不満と一緒に、苛立ちをぶつけてしまったのです。

日頃先輩の職務態度に不満があった上司君は、逆ギレ?

二人の間にその後何があったのか、知る人はいません。

ただ、その日以来、上司君はついに物を申す覚悟を決めてしまったようです。

…本当に、ピンチだ。

先日も仕事を辞めてやるっ!と心の中で叫びながら仕事をしていたという先輩が、上司君に物申されたら、間違いなく辞めると言い出しそうです。

もしかしたら、その場で辞めてしまうかも?

…また揉め事が起きるのか…

お願いだから、みんな仲良く、平和に働こうよ…

明日が怖いですよ。(T_T)

また巻き込まれてしまうのかしらん?

| | コメント (0)

ハートホヤの花。

今年もまたハートホヤが開花しました。

ハートホヤとは?葉っぱがハートの形をしているサクラランの一種だと思うのですが、実際にはサボテンコーナーで売られていたりします。

ハートの葉のネーミングで、植木鉢にハート型の葉っぱが刺さっている奴、まさにあれです。→ハートの葉

我が家のハートホヤは最早可愛いハートどころか、謎の植物といった雰囲気になってしまったのですが、可愛らしさが無くなった分、一昨年ぐらいから、ちょっと不思議な花を咲かせるようになりました。

F1001831 F1001813

今年は2つ蕾?が出来ました。

最初は何やら小さいのが蔦?から生えてきたと思ったら、先っぽに小さな蕾のような物が出来ました。

ハートホヤはひたすらニョキニョキ伸びます。

もう葉っぱだけの姿なんて、分からなくなりました。(^^;)

F1001820 F1001827 F1001830 F1001825 F1001828 F1001829

現在は開花中です。(2つある花のうち、もう一つはまだ白い蕾の状態です)

しかし、いつ見ても不思議な花だなぁ~と思います。

金平糖みたいな星形も規則正しく付いていて、まるで幾何学模様みたいです。

サクラランの花は香りも楽しめるらしいのですが、我が家の花は、匂いがしませんでした。(いや、単に私の鼻が鈍感なだけ?)

小さな星形の赤い花は、花と言うより宝石みたいに見えるから不思議です。(花に妙な?光沢があるんですよ)

去年は一本だった蔦(枝?)が今年は2本になってしまったので、来年はさらにどうなるやら?

とっても不思議な植物です。

| | コメント (0)

職場の未来。

ここ数日、どうにも思考回路がネガティブに傾いているようで、何となく自分自身の駄目ッぷりに凹み気味です。

新商品試験販売の日以来、心の調子が狂っていて、職場の人との関わりが億劫に感じます。

今日も(と言うか昨日ですね)周囲の人達が何やら騒いでいたのですが、我関せずひたすら与えられた作業だけをこなしました。

…何となく、空しい(T_T)

自分の中で職場の人が嫌いになっているのだと分かります。

都合の悪い時だけ私をダシにして、普段は私が困っていても見て見ぬふり。

何て言うか、狡いよなぁ…と思います。狡いから、嫌いなんだと思います。

狡い上に、時給も上で、評価もされて、仕事が楽しそうだから、よけいに僻んでしまうのかもしれません。

そして私はと言うと、凹みついでに同僚には、今月で辞めようかと思っている…と思わず呟いてしまいました。

もちろんそれは無理だと即却下されました。(T_T)

新人さんが入る話もどうやら流れてしまって、私の研修も、先輩の面接もうやむやにされて、時給だって低いまま。

同僚も年内には離職したいと言っているし、私の職場の未来って本当にどこにあるのやら?です。

特にここ最近は、仕事にやりがいを見いだせなくなってしまったし、一体何を希望の光にすればよいのか?分かりません。

やっぱり職場のシステム、人員管理方法に問題があるとしか思えないです。

同僚には、気分転換を勧められたのですが、趣味に走れば?と言われた時に、思わず「もしやばれたかっ?」とちょっぴり焦ったことは秘密です。

…私がオタクでマニアで腐ってるって事。恐ろしくて言えません。

どんな会社に行っても、割り切れない物はあると思うのですが…

ずっと働くことが己の首を絞めることになるなんて会社は、そうそう無いような気もします。(ある意味凄いかもしれない)

これで新規募集が集まらないなんて、当然だよなぁ…と思います。(地元の口コミは馬鹿に出来ないですよ…)

職場の未来は危ういです。

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »