« さよならの仕方。 | トップページ | イブイブ! »

なんちゃって教育論。

丸々7年もお店の店員さんをしていると、いろんなお客さんに遭遇します。

中には警察沙汰(おいおいっ)になるような方もいましたが…(万引きだったり、他のお客さんへの迷惑行為だったり、果ては営業妨害だったり、私の勤める会社の他の支店では、実際にTVニュースになってしまった事件もありました…)

そこまで行くともう犯罪ですが、もっと日常的な何気ない事で、とても気になっていることがあります。

それは、小さいお子さんを連れたお客さんのマナーの悪さです。

私の勤めるお店は、食品を扱っているのですが、出来たての商品を販売するという手法から、袋に入れた状態では販売していません。(お会計の時に、袋詰めにします)

その為商品は、むき出しの状態で陳列されているわけですが、小さなちびっ子は何でも触りたくなってしまうので、手に取ってしまうことが多いのです。

一度他の人の手で触れられてしまった食品は、もう商品価値がないので、廃棄します。(衛生上の面でもそうだし、どこの誰か知らない人に触られた商品を、欲しがるお客さんはいないからです)

その為、商品を選ぶ際には、専用のトングとトレーが用意されています。

でも、小さなちびっ子にトングとトレーを使うことの意味なんて、分かるわけがありません。

目を離すと、商品に手を伸ばすので、売る側としても目を離せません。

でも、本来保護者の方が目を離すべきではないと思うのです。

お友達とのおしゃべりに夢中になってしまって、ちびっ子が何をしていようと無関心なお母さんがとても多いのです。

あげく商品にちびっ子が手を出してしまうと、大きな声で怒鳴りつけたり、トレーで子供の頭を叩く人までいました。

泣き出した子供を見ていると、こちらもいたたまれません。

そして、子供を注意する時に必ずと言っていいほど耳にする言葉は、

「お店の人に怒られるから、やめなさい」です。(-_-)

…自慢じゃありませんが、今まで一度もお客さんに対して怒ったことはありません。怒られたことは何度もありますが…(^_^;)

勘違いしてるのかな?とも思います。

どうしてそう言う注意しかできないのでしょうか?

なぜダメなのか?どうして教えないのだろう?怒っているのは、保護者である貴方であって、店員の私ではないのに。

商品に触れると言うことは、商品価値をなくすことであり、お店に損害を与えることです。

また、他のお客さんの買い物の機会を奪うことでもあり、いろんな人に迷惑をかけることだから、その子供は怒られたわけです。

どうしてそれを教えないで、お店の人に怒られるよと言うのか?

教育方法が間違ってるのではないか?と、何でも人のせいにするなと、言いたくなります。(もちろん、言いませんよ~)

この傾向は、年配の方にも多いです。

お孫さんに注意する時に、こういう注意をする方の多いことか。

店員をしていると、こう言う時がっかりします。

この子供が大きくなったら、やっぱり何か都合の悪いことがあると、他の人のせいにするのかな?

そんな不安まで感じます。

トレーで頭を叩くのは行きすぎだと思いましたが、こんな誤った認識を何も理解出来ないちびっ子に教えるくらいなら、お店にちびっ子は連れてこなければよいのに…とも思います。

そうはいっても、一緒に買い物をする楽しさや、社会性を身につけるためには、お店に来ることも大事なことだとは分かります。

でも多少は配慮してもらいたいなと、いつも思います。(我が儘ですかね?)

以前もう辞めてしまった先輩が、ちびっ子の触った商品を、お客さんの前で廃棄したことがありました。

そのお客さんは、烈火のごとくお怒りになって、抗議して帰りました。

自分の子供が商品を触ってしまって、お店に損害を与えているのにもかかわらず、その商品を捨てたのは、当てつけかと、抗議したそうです。

廃棄処分になった商品については、一言も謝罪しなかったそうです。

自分勝手な人が多すぎるのかな…なんて、ちょっと悲しくなります。

何だかブルーな気分になってきてしまいましたが、私のなんちゃって教育論はこれくらいにして、面白いブログパーツを見つけたので、またまた付けてみました。

右側にあると思いますが、「プチプチ」ブログパーツです。

もう、そのまんま。あの「プチプチ」です。

マウスカーソルを乗せて、ぽちっとクリックすると、つぶせます。

暇つぶしによいかな~と、個人的趣味で付けてみましたよ~

試しにプチプチしてみて下さい。

今日はまとまらないまま、これにて終了です。(いや、もう本当にまとまらないわ~)

|

« さよならの仕方。 | トップページ | イブイブ! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよならの仕方。 | トップページ | イブイブ! »