« 明日は我が身か? | トップページ | 仕事が決まりました。 »

一生懸命頑張るだけじゃ、ダメなのね。

今日は少々凹むことがありました。

まずは面接。

ハローワークに斡旋してもらった企業に、面接に行ってきたのですが、求人票に表示されていた内容と、現実のずれが激しくて、凹みました。

どうも先方さんは男性を募集したかったようなのですが、業務内容はどう見ても一般的な事務の仕事で、女性ばかりが応募してくると嘆いていました。(いや、私に言われてもね…と思いましたが)

いきなり20Kgの商品が持ち上がりますか?と聞かれた日には、凹みますよ。

だって事務のつもりで応募したのに、そりゃないよ~と、激しく凹みました。(T_T)

返事は後日なのですが、果たしてどうなるやらです。(受からないような気がします…残念ながら、私はキン肉マンじゃないので)

そして凹むこともう一つ。

同僚との考え方の違いに、共感できないと改めて思い知らされて、凹みました。

私の後任の新人さんの教育方針について、もうすぐ身をひくわけだし、言わない方がよいかもと思ったのですが、先輩に相談した所、上司君に言った方が良いとアドバイスされて、進言したのですが…

上司君が短期間にあまりにもたくさんの仕事を一度に教えようとするので、せめてどれか一つだけに的を絞って、確実に出来るようにしてあげた方がよいのではと進言したのです。

同僚にもそのことを話したのですが、あまりにも簡単にもう大丈夫でしょう?なんて言うものだから、愕然としてしまいました。

私は正直な所、同僚も私の考えに賛成してくれると思っていたので、あっさりと人件費がないのだから、教育に時間がかけられなくてもしょうがないと言い切られてしまうとは思いませんでした。

その上、ボソリと有給休暇の消費もあるからと言われてしまって、ショック倍増でした。

それはつまり、私の有給を消化するために、新人さんの教育にかける人件費がないから、詰め込み式に教育するしかないのだと言うことです。

意見の相違というか、考え方の違いというか、雇われている労働者としての立場より、まるで経営者側の立場で物を語る同僚の考え方に、改めて付いていけないと思いました。

何だか一生懸命、私が辞めた後の事も考えて、残った人達の負担が少しでも少なくなるようにと、気を配ってきたつもりだったのですが、全然全くと言っていいほど、伝わらない物なんだなと、悲しくなりました。

新人さんの事も考えて、少しでも楽に仕事が出来るようにと気を配ったつもりだったのですが、ただのよけいなお節介だったのかな?と、少々空しくなりました。

やっぱり辞めていく者は、飛ぶ鳥、跡を濁さずの精神で行くのが良いのかもしれません。

よかれと思ってしたことが理解されないし、一生懸命に頑張ったからといって、結果が出るわけではないのだと、改めて思い知らされました。

最後の最後まで、職場に失望させられてしまうのかと思うと、悲しくなります。

それじゃ、一体私はどうすれば良かったのか?と思い直してみても、良い案も浮かばず、口を噤んでいれば良かったのか?とも思うのですが、きっと割り切ることが出来ないからいけないのかもしれません。

ああ、こんな日もあるさ…

明日はきっと良いことがあると良いなぁ…と、己を励ましてみたりして。

|

« 明日は我が身か? | トップページ | 仕事が決まりました。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は我が身か? | トップページ | 仕事が決まりました。 »