« ちょこっと、ブルー。 | トップページ | 破産宣告。 »

バランス。

もうすぐ退社予定日が来ると言うこともあって、先輩から何もあげられる物はないけれど…と言いつつも、キーホルダーを頂きました。

先輩はいつもトラブルばかり引き起こして、その度に振り回されて、参ることばかりでしたが、あぁ、この人なりに私のことを気にかけていてくれたんだなと、そう感じました。

何だかんだ言っても、もしかしたら職場で一番目をかけていてくれた人だったのかもしれません。

そう思ったら、何だか少し寂しくなりました。

その先輩が、今月のお給料は、少しは増えたのか?と、尋ねてきました。

私の退社理由の一つに、年収が減ったことがあって、上司君が先月だけでしたが、勤務時間を増やしてくれていたのです。

後輩が生活できないと上司君に泣きついた為、後輩の出勤日数を増やしたため、結果として、私を含む多数の出勤日数が減らされてしまったという事情もありました。

「本当はね、認めるべきじゃなかったのよ。誰かの勤務日数を増やせば、結果として他の人の出勤日数が減らされる。上司君は考えが足らなさすぎたのよ」

少し憤りながら先輩はそう言いました。

あまり意識したことはありませんでしたが……実際その通りでした。

初代の上司は、全体のバランスを常に意識している人で、特定の個人の我が儘は通さない人でした。

誰もが平等に、偏ることがないように、休日にしろ、出勤日数にしろ、特定の偏りが出ないよう、配慮できる人でした。

今では出世してしまったその人を思うと、現在の上司君の不甲斐なさをひしひしと感じてしまいます。

そして、上司君がよかれと思って、後輩を優遇してしまったが為に、後輩は先輩に疎まれています。

…何でこうなるかな……

実際年収が下がって、転職という選択を選ばなくてはならなくなったのですが…(もちろん理由はそれだけではありませんが…)

爆弾の導火線が何本も残っていることを思うと、私が辞めた後もまた一波乱、二波乱ありそうです。

上司君がお馬鹿さんすぎるから、揉め事が絶えないのでしょうか?

もしかしたら、上司が別の誰かだったのなら、私の未来も変わっていたのかなと、思わずにはいられませんでした。

|

« ちょこっと、ブルー。 | トップページ | 破産宣告。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょこっと、ブルー。 | トップページ | 破産宣告。 »