« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

ペットロス。

先日仕事の途中で愛犬の様子がおかしいので、心配だと言って早退した先輩と、久しぶりに顔を合わせました。

その後、どうなったのか気になって訪ねると、亡くなってしまったのだと先輩は答えました。

みるみるうちに先輩は涙顔になってしまって、仕舞いには泣き出してしまいました。

聞いてはいけないことを聞いてしまった…~(°°;)))オロオロ(((;°°)~
早く楽にしてあげたいと言う気持ちと、もう少し頑張って欲しいと願う気持ちで揺れたこと、最期を看取れたことが救いだったことなど、泣きながら話してくれました。

たかが犬、そう他の人は言うかもしれないけれど、と前置きした上で、犬のために仕事を休みたいと言っても、一日は通ったとしても、そう何日も休めないでしょう?だから私が休みのうちに看取ることが出来て、良かったと先輩は言っていました。
ああしてあげれば良かった、こうしてあげれば良かったと、思うことがたくさんあるそうです。
だから今元気にしてる子達に、後で後悔しないようにしてあげてね、と先輩は言っていました。
人間でも、犬でも、大事なものをなくすのは辛いことで、やっぱり後悔してしまう部分はあるのだと思います。

続きを読む "ペットロス。"

| | コメント (2)

障害発生中?

10/25から何度もブログの更新を試しているのですが、サーバーが混んでるのか?更新出来ません。
今は携帯から試しています。
更新できるかな?

| | コメント (0)

カエル。

アマガエルがじっとしていたので、写真を撮ってみました。

F1010749 F1010750

何とも憎めないお姿です。

カエルもこのくらいの大きさなら、可愛いもんだよなぁ~と思います。

このカエル、半日ほどこの場所でじっとしていました。

今日は久しぶりにチラシのはいる特売日の出勤となりました。

体調を崩してから出勤日数を減らして貰っているので、上司君が気を利かせて、繁忙期のシフトから私を外していたようなのですが…(気を遣わせてしまっているようで、ちょっと複雑です)

久々の繁忙期に出勤してしまいました。

久しぶりの繁忙期の仕事はやっぱりハードでした。(T_T)

体調を崩してから、今まで当たり前のように出来た仕事がきつくなって、辛いものになっていたのですが、抗うつ薬の効果が出てきたのか?何とか乗り切ることが出来ました。

心も体も健康が一番です。(と、調子が悪くなって初めて実感する私)

まだがんばれないけれど、何とかぼちぼち回復に向かうことを願うばかりです。

| | コメント (0)

2度目の通院日。

先週の土曜日、心療内科に行ってきました。

前回は平日に行ったのですが、その日は土曜日と言うこともあってか、激!混みでした。(T_T)

病院の扉を開けると、待合いスペースに座りきれない人達が、ずらりと立っているではありませんか。

うわぁ……凄いとこ来ちゃったよ。

もちろん私も座れるはずがなく、しばらく扉の前で立ちつくすことになりました。

前回と大幅に違うのは、今回は男性の患者さんもいたことです。

サラリーマン風の方々は皆一様にお疲れのようでした。

中にはぐったりしてる人もいて、大丈夫なんだろうかとちょっと心配になったくらいです。

しかし…風邪の季節の普通の内科並の混み具合。

みんな元気に病んでいる…という本があるそうなのですが、本当にそのタイトル通りだな…と、しみじみ思ってしまいました。

その日の診察は、やっつけ仕事?とはいかないけれど、先生方は次から次へと診察していきました。

一人あたり、5分強くらいでしょうか?

大きい病院の診察に近いものがありました。

前回初診の時は長かったので、こんなもんかな?と思ってみました。

今回からジェイゾロフトが25mgから50mgに増えました。

抗うつ薬の治療は、先生の話だと、最初少ない量で副作用が出ないか?など体調に合うかどうか試してみて、合うようなら、薬の量を増量していくのだそうです。最終的には、ジェイゾロフトは成人に対して100mgまで増やすそうなので、いずれ私もそうなるのかもしれません。

しかし…風邪薬みたいに具合の悪い時に飲んで、すぐに効く…何て都合良くできていないらしくて、抗うつ薬の効果が出るのは、飲み始めてから2週間くらいかかるそうなのです。
今現在私はまだ一週間程度しか経っていないので、効果が出ているのかどうか?よく分かりません。

あまり極端に凹まないと言うことは、多少は効果があるのかもしれません。

よけいなお世話だよな…と思いつつ、お医者さんは心を病んだ人と毎日接していて、自分自身が疲れたり、うつになってしまったりしないのかしらね?なんて、思ってしまいました。(^_^;)ま、そりゃないか。

また一週間後通院しないといけなくなってしまったのですが…(予約制なのですよ)

さすがに自宅から遠いので、出来れば月1回とか、せめて2週間に1回にならないかなぁ…と思うこのごろです。

| | コメント (0)

ツレがうつになりまして。

以前から気になっていた本を、買ってみました。

ツレがうつになりまして。 Book ツレがうつになりまして。

著者:細川 貂々
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自分自身がうつになってしまったから、と言うのもあるのですが、読んでみると思わず分かる分かる同じだ~と思ってしまう部分がありました。

うつの本というと、難しい精神分析の本のイメージがあったのですが、この本は漫画になっていて、ユーモラスなキャラクターと、わかりやすい表現で、誰でも読みやすい本になっていると思います。

うつという病気がどんなものか、漠然としか分からなかったのですが、この本を読むとどんなものか分かる気がします。

これは続編も読まねばっと思いました。

| | コメント (2)

ディープインパクト!

今日は久しぶりに未知との遭遇?さながらの、濃いお客さんと出会ってしまいました。

つい最近、職場のトップが入れ替わったのですが、今日来た濃ゆいお客さんは、お買い物に来たのではなく、開口一番こう言いました。

「私、トップに会いに来ました!」

思わず「えぇっ?何言ってるのこのお客さん?」と、心の中でつっこみを入れてしまいました。

「いつの間にかトップが入れ替わっていて、前いたトップは今どこにいるのですか?」

と聞いてくるので、転勤になったこと。現在は隣県の事業所にいることを教えました。

そうしたら、「栄転ですか?栄転ですか?」と何度も聞いてくるので、「栄転だと思います」と答えたら…

「私、花束もって会いに行きます!」

えぇ~花束もって、会いに行っちゃうの?Σ(゚д゚lll)アブナッ !

正直、ビビリました。(@Д@;

前トップは、社内でもやりすぎ感のある人で、こんな追っかけもどきの親衛隊がいるとは思いもしませんでした。

しかし、若いお姉さんに追っかけられるなら本望だと思うのですが…

残念ながら相手はおばあちゃん。

う~ん、微妙。

花束もって会いにいちゃったかな……(^-^;

| | コメント (0)

うつ、だったのかぁー!

昨日、初!心療内科に行ってきました。

正確にはメンタルクリニックと言うことで、精神科も心療内科も両方扱っているので、具体的にどの科に行ったとは言えないのですが(^_^;)

行った感想は…どうも想像していたところと違って、思っていた以上に他の患者さんが多かったし(しかも何故か女性ばかり…昼間に行ったせいでしょうか?)個人クリニックだったせいか、歯医者さんくらいの規模でした。

予約をしたものの、他の患者さんが多かったせいか、予定時間より30分くらい遅れて、名前を呼ばれました。

最初は、症状の聞き取りを専門の方がしてくれました。

(この時の担当のお兄さんは、先生よりもいろいろ話を聞いてくれました。聞き取り専門だからでしょうかね…)

その後先生とお話をすることになったのですが、事前の聞き取り調査で何点か思い当たる箇所があったようです。

あっさりと、軽いうつですね~と言われてしまいました。(T_T)

うつ…だったのかぁ…私は!

不安神経症くらいかなと思っていたのですが、うつだったようです。

もしかしたらとは、思っていたのですが…(ネットサーフィンをしていると、自分でうつかどうかチェック出来るサイトなどがあるのですが、いつも要注意判定だったので、もしやとは思っていました)

ドグマチールと、ジェイゾロフトという薬を処方されました。

ドグマチールは元々胃潰瘍の薬として飲んでいたものなのですが、抗うつ薬としての効果もあるので、引き続き飲むことになりました。

(しかし、しっかり副作用の高プロラクチン血症になっているので、どうしたものかな…とは思うのですが)

ジェイゾロフトはSSRIというものの一つで、新薬のようです。弱い方の薬だと先生は言っていましたが、ネットで検索すると、結構本格的な薬じゃないかと思いました。

自分がうつだと診断されて思うことは、とりあえず原因が分かって良かったかなと言うことです。

私にはうつになってしまった友人や知人がいますが、リストカットをしてしまったり、感情の抑えが効かなかったりと言う話は聞いていたのですが、身体的な辛さがどんなものかは、分かりませんでした。

今まで当たり前のように出来たことが出来なくなって、微熱のような状態が何ヶ月も続き、睡眠リズムは狂って一日14時間睡眠なんて日も続くし、頑張ることが出来なくなってしまいました。

更年期障害にでもなってしまったのかと思っていたのですが、それがうつのせいだとは思いませんでした。

うつって、心の病気って思っていたけれど、身体的にもでるものなんだなぁ…

先生には3ヶ月から半年で直りますと言われたので、正直ほっとしました。

日本人の15人に1人は生涯のうちに一度はうつになる可能性があるらしいのですが、その1人になってしまったようです。(^_^;)

病院に来ていた他の患者さんも、一見普通の人ばかりでしたが。

症状の聞き取り作業をしているうちに、泣き出してしまった女子高生の患者さんが印象的でした。

担当になった先生は、どことなく忙しない人で、良い先生なのかどうかまだ判断できないのですが、私の診断をした後すぐトイレに行っていたので、もしかしたら我慢してたのかな…と、邪推してみました。(^_^;)

あぁ、しばらくはまた病院通いかぁ…

お財布が痛いなぁ…

| | コメント (0)

パンダラブクッキー!

先日先輩に頂いた、某TV局観光のお土産のクッキーなのですが、あまりの可愛さに未だに食べてしまうことが出来ません。(^_^;)

その名もズバリ、パンダラブクッキー!

F1010719 何でしょうこの可愛らしさは。

ラブってきっとこのハートがあしらってあるからなのでしょうね。

賞味期限が迫っているというのに、未だに手を出せずにいます。

可愛いって、罪だな…と思う瞬間でした。(^_^;)

| | コメント (0)

心療内科に…

心療内科に行くことにしました。

ここ数日、ずっと自分の今後をどうしたらよいのか、考えていました。

今の仕事をもう辞めてしまいたい気持ちが大きくなってしまって、自分でも抑えが効かない感じでした。

仕事に行く前は、とても気持ちが憂鬱で、頭の中は明日の仕事に行きたくないなぁ…なんて事ばかり。

前の日から、翌日の心配をしても仕方がないのに、なんてお馬鹿なんだと思っても、見えない不安が大きくなるのです。

仕事自体は、もう7年もやっているのだから、なんて事なくこなせるのですが…

何故自分がこうも不安になるのか?どうしたらこの憂鬱を解消できるのか?もういっそのこと仕事辞めようかな?なんてことばかり、頭の中でぐるぐるしていました。

憂鬱を解消する為に、ドグマチールを飲んでいたのですが、ドグマチールの副作用の影響か、高プロラクチン血症になってしまっているので、あまり薬にばかり頼れません。

でも不安になると、どうしようもないくらい落ち込んでしまうのです。(T_T)

これはもう仕事を辞めるしかないな。よし辞めようと思ったものの、家族にそう告げたら、姉弟げんかが勃発しました。

そんなこんなで、ようやく少し頭が冷えてきたところで、一度自分のこの精神状態はどうなのか、きちんと診断して貰おうと思いました。

友人には女性外来を勧められたのですが、女性外来って、なかなかないのですよ…都内に行けばあるようなのですが、私が住んでいる周辺では、大学病院が一件あるだけで、予約も取れるかどうか?って感じがします。

そこで心療内科に行ってみようと思いました。

でも心療内科の予約も、なかなか取れないとは知りませんでした。

最初に電話してみた病院は、初診の予約は一ヶ月後と言われました。

一ヶ月…待てないよなぁ…(T_T)

でも一ヶ月くらい当たり前のようです。三、四ヶ月待ちなんて所もあるそうですよ。

心療内科、侮れませんよ。

どうするか悩んだあげく、隣県の心療内科に行ってみることにしました。

電話してみると、一週間以内に予約が取れることが判明。

早速お願いすることにしました。

予約が取れる=閑古鳥鳴いてるのかしらん?なんて、邪なことも考えてしまいましたが…(^_^;)

そんなわけで、近日初、心療内科に行くことになりました。

どうなるか分かりませんが、とにかく行ってみようと思います。

昨日、久しぶりに近々退社する後輩に会いました。

後輩はどうやら周囲の先輩方の不評を買ってしまっているようで、たわいのない世間話をする相手もいなかったようです。

私が声をかけると、珍しくいろいろな話をしてくれました。

寂しかったのかな…話す相手もいなくて。

仕事を辞めると決めた彼女の気持ちを思うと、実は私も辞めようかな?なんて思ってるのですよとは言えませんでしたが。

彼女が周囲の不評を買ってしまったのには、買うだけの理由があって、私にもそれが分かりました。

きっと仕事をするのも辛いだろうに、それでも歯を食いしばって出社してきているのだろうから、少なくともその部分だけは頑張っているんだって、認めてあげたいと思いました。

頑張ってる彼女がいるのだから、私もめげてばかりはいられないよなぁ…

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »