« みかん狩り。 | トップページ | クリスマスケーキ! »

プロラクチンがぁ~

プロラクチンの値が、大幅に増加してしまいました。(T_T)

先週受けたTRHテストの検査報告を聞きに、病院に行って参りました。

TRHテストは、「潜在性高プロラクチン血症」を診断するテストです。TRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン/500ug)を投与(静注)して、脳下垂体からのプロラクチン(PRL)を測定します。→高プロラクチン血症

測定には、まず採血を行い、その後、TRH(甲状腺刺激ホルモン分泌ホルモン)を注射し、15分後、30分後、と採血し、変化するプロラクチンの濃度を調べます。このTRHの注射が痛いのですよ~

肩の筋肉に注射するのですが、看護師さん曰く、皆さん痛いって言います~。まさにその通りです。

最初の針が刺さる痛みより、薬剤を押し込まれる痛みが重く響いて痛いのです。それと同時に、喉の奥からせり上がるものを感じて、正直気分が悪くなりそうでした。前回このテストを受けた時は、ここまで酷くは感じなかったのですが…その日の体調も関係してるのかもしれません。(今回2回目でした)

私は元々プロラクチンの値が高い体質のようなのですが、ドグマチールを服用しているため、輪をかけて値が上がってしまったようです。

診察室に入るなり、いつになく難しい顔を先生がしていたので、これは何かあるなと思ったら、案の定、検査結果は前回TRHテストを受けた時よりも悪くなっていました。

プロラクチンの血中濃度の正常値はおよそ15ng/ml以下ですが、高プロラクチン血症ではこれが異常高値を示すようになります。

ちなみに私のプロラクチンの値はと言うと…

前回TRHテストを受けた時が70ng/mlくらい(15以上が高プロラクチン血症なので、かる~くオーバーしてますね…)

今回はなんとっ200ng/mlオーバーでした。(T_T)かなりやばいじゃん…

ドグマチールのせいですね、と先生。

ドグマチールを止められないか?と聞かれたのですが、正直止める自信がありませんでした。

現在うつ病の治療もしていると告げると、先生も困ったようです。

どうしたいですか?と訪ねられましたが、答えようが無くて困ってしまいました。

結局、ドグマチールは減らす方向で、薬もプロラクチンの値を下げるテルロンから、同じくカバサールに変更になりました。

カバサールはパーキンソン病の薬でもあるようです。(なんだか脳みそ系の薬ばかり貰ってます…トホホ)週に一回の服用でOKだそうで、便利なような、飲むの忘れそうな、そんなお薬です。

ドグマチールの副作用のことはずっと気がかりだったのですが…

こうして検査結果として出てしまうと、飲むのを控えるしかないな…と思います。

とはいえ、精神的に辛い時には助けてくれるお薬だったりするので、手放すことも出来ないし、ジェイゾロフトの効果がもっと発揮されて、ドグマチールを飲まなくても済むようになれば良いなと思います。

TRHテストは3月にまた受けることになってしまったのですが…

このテスト、注射も痛いけど(しかも一回の試験で、4回も注射針刺されるのですよ~)お財布も痛い。

テスト一回につきお値段7000円程かかります。(保険適用)

注射も痛いけど、この金額は貧乏さんにはきついですよ。

あ~受けたくないなぁ…TRHテスト。

トホホ…な日でした。(;´д`)トホホ…

|

« みかん狩り。 | トップページ | クリスマスケーキ! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みかん狩り。 | トップページ | クリスマスケーキ! »