« 嫌いじゃないんだけどな… | トップページ | 写真。 »

ブラッディ・マンデー(漫画じゃないよ)

今日はプロラクチンの値を調べるため、病院で検査を受けてきました。

三ヶ月ほど前も受けた検査です。(TRHテスト→TRHテストとは?

測定にはまず採血を行い、そこにTRH(甲状腺刺激ホルモン分泌ホルモン)を注射して、15分後と30分後に2度採血します。

ようするに一度の検査で4回も注射を打たれるわけですよ痛いんじゃ~

今日はそんなわけで、私の両腕は注射針の痕が4箇所もございます。

今現在も止血用の脱脂綿が付いてるわけですが、今回はこの採血でエライ目に遭いました。

三回目の採血の時に対応してくれた看護師さん。

その前の二人の看護師さん(その都度違う方が対応してくれました)と比べると、妙に素っ気なくて愛想がありませんでした。丁度お昼時で、もしかしたらその看護師さんも休憩の時間が迫っていて、急いでいるのかな?と思っていました。

てきぱきと採血の準備を進めるのですが、その前に対応してくれた二人は、患者に対して気遣うそぶりをしていましたが、この看護師さんは仕事だからやってるだけのような気がしました。

そして運命の時はやってきたのです。

いきなり何の前置きもなくぶちゅっと針を刺されて、その痛みと突然の入刀ならぬ入針?(^_^;)に、ええぇ~?って驚いていると、そんな私など眼中になしといった感じで、とっとと採血を終了しました。(その前に採血してくれた看護師さん達は、チクッとしますよ~とか、我慢して下さいねとか、お言葉があったのに~)

腕から注射針を抜いて、針の痕に止血用脱脂綿を貼ってくれたのはよいのですが…何となく、雑な感じ?

しばらくは強く押さえているように言われて、押さえようと腕を見たら、白かった止血用脱脂綿がみるみるうちに真っ赤になっていくではありませんか~!

も…もしや、凄いへたれに当たってしまった?

今まで何度も採血やら、予防接種やら受けてきましたが、生まれて初めてです。止血用脱脂綿から血が溢れるのを見たのは!

強く押さえとけって、これ。押さえたら、血が飛び出ちゃうよ!?

案の定少し押さえただけで、血がぴゅ~と溢れてきました。

ど~なってるんじゃ~、これは!

このへたれさんの前に採血して貰った痕は、綺麗なもので、血の一滴も脱脂綿に滲みていません。

……あり得ん……血が止まるまで、腕も捲ったままでいるしかないやんけ。

その数分後、最後の採血に呼ばれた時、採血室に先ほどのへたれさん看護師の姿を見つけて、思わず及び腰になりました。

嫌だ…またあのへたれに血を抜かれるのだけは、勘弁…

とはいえ、実際に嫌とは言えないので、せめてもの抗議の証として、血だらけの腕をわざと見えるようにしながら、採血室に入りました。

運良く担当になったのは、へたれさんとは別の、最初に採血してくれた看護師さんでした。

ホッとした私の腕を見た看護師さんは、あわてて血だらけの脱脂綿を取り替えてくれました。

こんなに酷くなる前に言ってくれれば、すぐ取り替えますから。

そう申し訳なさそうに言う看護師さんに、これはあなたの同僚がやっちゃったんですよと、心の中で思わず呟いていました。

そんなこんなで、私の血だらけのTRHテストは終了しました。後は結果を待つだけです。(普通はこんな血だらけにはなりません。)

そして検査の後に待つのはお会計。

前回検査を受けた時は、7000円くらいかかったのですが。

何と今回は、5000円くらいでした。

…安くなってる…どうしてでしょうか?

理由は分からないけれど、ちょっとラッキーだったなと思いました。(でも血だらけ…

|

« 嫌いじゃないんだけどな… | トップページ | 写真。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫌いじゃないんだけどな… | トップページ | 写真。 »