« 薬自慢? | トップページ | 偏っているのかなぁ? »

久しぶり。

久しぶりに、半年ほど音信不通だった知人から、メールが届きました。

去年の秋口に息子さんを亡くされて以来、音信不通だったので、ずっと気になっていました。→悲しい知らせ。

久しぶりにメールを読むことが出来て、とてもホッとしました。

息子さんとの楽しかった思い出に浸って、ずっと眠り続けていたけれど、そろそろ前に進み出したい…

そんな文面でした。

子だくさんで、子煩悩で、パワフルなお母さんだった知人は、ちょっと色黒だけど、目がぱっちりと大きな、人見知りの激しい息子さんを、とてもかわいがっていました。

交通事故、それも息子さん側の飛び出しによるものという現実は、きっと受け入れることが出来なかったと思います。

息子さんを亡くしたショックで、うつになってしまうのではないか?と、ずっと心配していました。

知人は以前私にこんな話しをしたことがありました。

うつになるなんてね、甘えてるからなのよ。子供がいて、熱が出ました、泣き出しましたなんてやっていたら、うつ病になんてなっている暇はないわよ。

当時うつ病がどんな物か分からなかった私は、彼女の言うことがもっともなことだと思っていました。

でも実際に自分がうつになってみて、そう言う次元の問題じゃないんだなと思ってから、また彼女の言葉を思い出しました。

今の彼女も、また同じ事が言えるのでしょうか?

たぶん違った答えが返ってきそうな気がします。

早く元気になってくれればよいなと思いながら、ほんの少し苦い思いがしました。

|

« 薬自慢? | トップページ | 偏っているのかなぁ? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薬自慢? | トップページ | 偏っているのかなぁ? »