« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

どっちも、どっち。

昨日は日本中が総選挙で話題沸騰だったと思いますが、結果は自民党が惨敗して、民主党へ政権交代することになりましたね。

職場でたまたま居合わせた人と挨拶がてら話したことも、「もう選挙には行って来た?」とか、「どんな人が立候補してるかなんて、わからない。うちの近所に演説に来る人もいないしね~」なんて感じでした。

でもひとつ言えることは、どこの誰が立候補者なのかなんて知らないし、熱心に支持してる政党なんか無いけれど、今のままは嫌だから、投票に行くという気持ちが見え隠れしていたことです。

大物と言われた人達や、党首クラスの人までもがバタバタと落ちてったのは、きっとそう言うことなんでしょうね~( ´,_ゝ`)

政権交代のような大変革が、うちの職場でも起こって欲しいものです。

その職場ですが、一昨日の日泣いてた先輩も昨日は元気を取り戻していたようで、ホッと一安心しました。

でも依然同僚への不満は募るようで、最近あったいろんな出来事を、雨の中延々と聞かされて、内心参ったなぁ…という感じでした。

先輩もいい加減自己中ですが…先輩曰く同僚も独りよがり…なようです。

自己チューも独りよがりも言い方は違うけれど、同じ事で、結局みんな自分勝手なんだよなぁ~と、私は思っています。┐(´д`)┌ヤレヤレ

先輩は誰が見ても明らかな女王様タイプで、気分屋で、我が儘ですが、意外とまともな事を言っていたりもします。(でも意見はするけど行動する気はなく、ましてや責任なんか負いたくないわ~タイプ)

同僚は一見穏やかで、いい人なのですが、育ちが良かったせいか世間知らずなところがあって、人の気持ちに疎いところがあります。責任感が強いのは良いのですが、その気持ちが強すぎて、何でもかんでも背負い込んで、自分がやらなければいけないと、一人で背負ってる感じがします。背負いすぎて他の人の仕事にまで手を出します。変に完璧主義なので、他の人の仕事が上手くいかないと、その人にはもう仕事を回さず、自分で処理してしまいます。何でも自分でやらないと気が済まないようです。(周囲を無視して、一人突っ走ってる感じ)

こんな感じの二人なので、上手くいきません。(T_T)

一番顕著なのは新人さん教育の時の方針で、先輩はライオンのように、失敗しても良いから全部一人でやりなさいと厳しい鞭を振り、一方同僚はカンガルーのように大事に大事に安全な場所に置いておきながら(飴ですね)、失敗をするともうその人にはやらせません。失敗した商品なんて、お店の運営上不利益にしかならないから、はじめからやらせない方がよいと、切り捨てます。残りは全部自分で処理するから良いと思っています。

一見すると優しく大事にしてくれる同僚ですが、裏を返せば駄目な奴は切り捨てているわけで、厳しいことばかり言う先輩の方が、結果だけ見たら人を育ててるような気がします。

こんな感じなので、仕事を巡る方針も異なり、下手だと分かってる人でも、やらせないと覚えないし、上達しないのだから、失敗しても良いから仕事をやらせようとする先輩と、職場の利益を考えると、下手な人にやらせて廃棄処分額が増えるのは好ましくない。だったら出来る私がやるわ、と自らサービス残業をボランティアと称して日々行っている同僚。

仕事を任せてもらえず、やりたかったのに覚えられなかったと言う理由で辞めていった人もいるのですが…

どっちが良いのか?何だか分からなくなってきます。

どっちも、どっち。

同僚は確かに人の倍努力してるけれど、結局はその人の元では人は育たず、みんなに総スカン食ってる先輩の下の方が、人が育っているようです。

この考え方の違う二人が、いがみ合うことなく、互いに共存してくれればよいのですが…

うちの職場も政権交代しないかなぁ…(ボンクラ上司よ、グッパイ~

続きを読む "どっちも、どっち。"

| | コメント (0)

女王様争い、決定戦!(妖怪大戦争?かも…)

タイトルがかなりいっちゃっていますが、職場の話しです。(期待した方ごめんなさいです)<(_ _)>

ここ数日、職場の先輩と同僚の冷たい争い(冷戦)に挟まれて、精神力を削りまくっている毎日です。

昨日は、先輩に帰りがけ泣かれてしまって、参りました…(T_T)

「私は何も悪い事していないのに、どうして無視されるの?もう嫌われてしまったのかな?」

そう呟いてうつむいたまま泣き始めたので、~(°°;)))オロオロ(((;°°)~しました。

何も悪い事していないって、あなた本気で言ってるの?ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

これには私も驚きましたよ。一体どのお口が、何も悪いことしていないなんて言ってるの?

同僚とお局様が会話してる最中に、うるさいと文句を付けて、同僚が後輩と変更したシフトを見て、上司に内緒で勝手な事してると文句を言っておきながら、昨日は私と仕事を入れ替わり、同僚には「何よ自分だってしてるじゃない」と白い目で見られていたのにも気が付かず、勝手に同僚が悪いと勘違いして、八つ当たりしていたくせに…

それでも何も悪いことしてないって、私から言わせてもらうと、ひんしゅく買いまくりなんですよ、先輩は!

なんてこった~、これは素で天然かもしれない……

この鈍さが恨めしいですよ…

と、思ったものの、実は私にも非があって、先輩が同僚に不満を持っていることを知っていたので、同僚が先輩に意見しようとしていた時に、今は言うのは辞めた方が良いです。と、止めてしまったからなのです。

二人が言い争いになるのが分かっていたので、それを防ぐために同僚を止めたのですが、同僚が何故?と理由を聞くので、仕方が無く先輩が同僚を良く思っていないからだと言ってしまったのです。(T_T)

…今思えば、余計なことを言ってしまったと、後悔しまくりなのですが…

お陰で二人が正面切ってぶつかり合うことはなくなったものの、同僚が先輩を避けるようになったので、事情を知らない先輩は、何故無視するのか?と、泣き出してしまったというわけです…

あぁ、全てはこのお口が、私のおしゃべりなお口が招いたこと~

il||li _| ̄|○ il||li

口は災いの元とは言いますが、ホントだなぁ…としみじみしてます。

こんなことなら女王様争い決定戦を、正面切ってやらせておけば良かったかも…(別名妖怪大戦争…)

昨日はそんなわけで、先輩と同僚には本当に申し訳ないことをしたと、凹みまくりでした…(T_T)

きっと私は双方から互いの悪口を聞かされても、黙って聞いていれば良かったんでしょうね…

でもさすがに私もプロのカウンセラーさんじゃないので、何でもかんでも受け止める事なんて出来ないし、向こうで勝手に妖怪大戦争よろしく職場の女王様争い決定戦を、二人でやってて下さいと言いたかったりもします。(ちなみに私はどちら派にも付く気はありませんが…)

もう、黙っとこ。(;´д`)トホホ…

誰かこの二人の争いを止めて下さい…

il||li _| ̄|○ il||li

| | コメント (0)

ダルダル~(T_T)

昨日は職場で気を遣いすぎて、何だか疲れ切ってしまいました。

そのせいか、10時間以上寝てしまったのですが、未だに疲れが取れず、頭はぼ~っとするし、眠いし、体温も高めなせいかだるいです。

夏風邪…治ったと思ったけど、まだまだ治らないみたい…(T_T)

本日もエスタックイブ飲んで、ガンバです。

この疲労感の原因となったのは、職場での先輩と同僚の冷戦の狭間に立ってしまったことなのですが…

精神的に引きずられてはいけないなと思いつつも、まだ本調子でないせいか、険悪な関係に当てられて、自分の方が凹んでしまいました。

気がかりなのは先輩に内緒で、先輩の仕事の手直しをしてしまったことです。

同僚に頼まれて、先輩が退社後にこっそり厨房に戻り、手を加えてしまいました。

本当は先輩の作業が不十分であることを、本人に言えればよいのですが、プライドが高い上、自分の信念を曲げない人なので、誰も手が出せないのです。

上司ですらびびって何も言えず、困ったものです。

同僚とボンクラ上司は、この暑い中、先輩が寒がりでエアコン嫌いだからと言う理由で、文句を言われるのが恐くて、エアコンも付けずに仕事をしたことがあったそうです。

上司はびびって、同僚はあの人に頭を下げるなんて嫌だから、という理由だったようですが…

何というか、呆れるばかりです。(エアコンのスイッチが、先輩のいる場所にあるので、嫌みを言われることはありますが、私は入れたモン勝ちと言うことで、スイッチを入れてしまいます。たいていその後嫌みを言われますが、知ったことではありません)

これから出社した後に、先輩の口撃が待ってるかも…なのですが、惚けるしかないな…と、覚悟してます。

私のうつもこの環境が多少なりとも影響したはず…なんて、ちょっと思っていたりします。

頼むから仲良くしてくれよ~と思いながら、今日も風見鶏よろしく先輩派でも同僚派でもなく、我が道を行きたいと思います。

| | コメント (0)

客観的な数字が大きいんです。

今日もお昼を過ぎていますが、相変わらず頭はぼ~ぅとしています。

頭がすっきりしゃっきり元気はつらつぅ~なんて日々があったかどうかも、遠い記憶の彼方になりつつある今日この頃です。

最近巷をにぎわせている覚醒剤じゃないですが、この脳みそのぼんやり具合を覚醒させて、すっきりしゃっきり元気はつらつぅ~になれるのなら、そんなものがあるなら欲しいぐらいです。(麻薬は駄目駄目ですよ

こんな具合で相変わらずのうつ病ライフを送っていますが、うつ病の苦しさの一つに、病状が身体の表面上に現れないので、客観的な理解が出来にくく、周囲に病の苦しさを理解されない…というものがあります。

苦しいのは自分の感覚や、体感であって、それがどれ程のものなのか、言葉で説明仕切れるものではないし、見るからに分かる大きな怪我をしているとか、高熱を出して寝込んでいるなどの、明らかに目で分かる異常を呈していないので、どれだけ自分が苦しくても、誰も理解してくれない…と言うことが多いです。

きっと周囲の人も理解しようとは思うのでしょうが、きっと病の深さを体験していない限り、想像することは出来ないでしょう。

その上、根性が足りないからだとか、甘えてるから病気になるんだ、人に頼ってばかりいるから、そうなるのだなどの言葉を周囲から発せられると、駄目な自分、頑張れない自分を強く責めてみたりするのですが、何しろ心と体が上手く動いてくれないので、心では努力しようと頑張ろうとするのに、身体は鉛のように重くて言うことをきいてくれない。このちぐはぐさにもまたしてもいっそうの焦燥感を煽られて、一体自分はどうなってしまったのか?と言う恐怖を感じ、誰かに助けを求めようとしても、この異常な感覚を言葉では上手く説明できなくて、気のせいだとか、誰にでもそう言う時はあるとか、終いには甘えてるからだよ?と言われてしまい、酷く落ち込んだことがありました。

この病気がもっと周囲の人にも理解される病気だったなら、良かったのになぁ…と何度も思いましたが、最近のニュースでどうやら客観的に判断する方法が開発されたらしいと知りました。

<精神疾患>血液で判定 タンパク質データ判定

大阪市大大学院医学研究科の関山敦生・客員准教授(43)=心身医学、分子病態学=が兵庫医科大と共同で、うつ病や統合失調症などの精神疾患を判定できる血液中の分子を発見、血液検査に基づく判定法を確立した。問診や行動観察が主流だった精神科診療で、客観的な数値指標を診断に取り入れることができる。疾患の判定だけではなくストレスの強度や回復程度もわかるという。関山准教授は27日午後、京都市の立命館大学で開かれる日本心理学会で発表する。

 関山准教授によると、ストレスや感染などを受けて、生成し分泌されるたんぱく質「サイトカイン」の血中濃度データの差異を積み上げて分析。データをパターン化することで、心身の変調やうつ病、統合失調症などを判定できることが分かった。うつ病や統合失調症について3000人近くのデータから疾患の判定式を作成。別の400人の診断に用いた結果、うつ病の正診率は95%、統合失調症は96%に達した。

血液検査で分かるというのは非常に画期的で、本当に病を理解されず苦しんでいる人にとっては、朗報だと思います。

今年の春頃、光トポグラフィーだったかな?脳の血流の変化から客観的に病を判定する方法があるとニュースで見ましたが、検査機器が数千万するとか?で、私もその検査を受けてみたいけど、近所で検査を受けるのは無理だよなぁ…と思っていました。

血液検査なら、もっと身近で手軽に受けられそうで、良いなぁ…と思います。

その反面、メンタルな病に対する偏見が強く残ったまま、検査だけが先行したら、会社の健康診断でうつ病と判定されて、病気だけでも苦しいのに、周囲の無理解にさらされたら…と思うと、少々いたたまれないものがあります。

今現在私の通院しているクリニックも、数ヶ月に一回届く健康保険の明細書を見ると、病院名は空白のまま、所在地だけが表示されていたりするので、きっと配慮してるのかな?と言う気がします。

空けない夜はない。いつかきっと夜は明ける。

そう先輩に励まされて、何とか辛い時期を乗り越えたと言ううつ病患者の方が書いたエッセイを読んだことがありますが、私もその本を読んだ時はとても苦しくて、本当に夜は明けるのか?と自問したことがありました。

今の自分はもう夜明け前の明け方、日が差し始めてきたような気がします。

血液検査で客観的にうつ病が判定できるという記事に、自分の苦しかった時期を思い出して、思わず書いてしまった次第であります。

ただのタンパク質の数字にすぎないのかもしれませんが、その数字が一つの指標となって、無理解に苦しむ人の助けになればいいのになぁ…と強く思います。

| | コメント (0)

悩みが多いんです。

今日は心療内科に来ています。待合室は満員御礼状態で、冬場の内科の待合室のようです。

スリッパが足りなくて、困っている人がいました。ゴメンね、最後の一足私が履いてしまいました

土曜日はいつも混んでいるけど、夏場でこれだけ混んでいるのは初めてです。いつも土曜日は避けていたので、しりませんでした。
みんな何かしらメンタルの不調を抱えて、ここに来ているんですね…
人の数だけ悩みがあると言うことなのでしょう。私も悩みはいろいろありますが、目下のところ今すぐ解決出来るものはありません。
出来る事と言えば、地道に医者通いを続けたり、当たり前の事だけど、毎日毎日をこなしていく事くらいです。

職場の人間関係は相変わらずですが、最近新人さんとよく話すようになったせいか、いろいろ親切にしてもらっています。
でもその反面、先輩が距離を取るようになって来たので、何だかなぁ…と思います。
同僚と先輩の間にも、大きな溝があって、その深さと言ったらマリアナ海峡も真っ青、どこまで深いのさ?と聞きたいくらいです。
一緒に協力して働かないと終わらない仕事なのだから、個人プレイばかりじゃ駄目なんだよ?先輩。

この日記書いてるうちに、次の日になってしまいました。(いや、単に書きかけだっただけ…)

本日は夏風邪がぶり返したのか、頭痛と倦怠感でダルダルです。でも出勤しないといけないので、エスタックイヴのんで、頑張ります。(T_T)

昨日心療内科に行った帰り、調剤薬局で薬を受け取った時のこと。

私と同じクリニックに通っているらしき女性が、ツレの男性(おそらく彼氏か、旦那さん)と、薬が出されるまでの間、待合所で楽しげに会話していました。(この薬局を利用するのは近くの眼科と、私が通う心療内科だけなので、普段は待合室は静かです。お年寄りと、メンタルな病の人しかいないので、大きな声でしゃべる人がいないからです)

あんな元気で明るそうな女性でも、メンタル系なのか…

と、その姿をつい意識してしまいました。

そのどう見ても私の10倍は元気そうな女性の処方された薬を見て、何とも言えない気持ちになりました。

私と同じジェイゾロフトとサイレース、あと数種類の薬が処方されていました。

こんな元気な女性が、私よりも多く薬を処方されているのか…

人の悩みの深さ、病の重さは、見た目では分からないと、しみじみ感じてしまいました。

先日カウンセリングを受けた後、担当医との話の中で、「カウンセリングを受けた後、余計に症状が酷くなったりしませんか?」と尋ねられました。

変なことを聞くなぁ?とも思ったし、もしかしたらそう言う苦情が入ったのかな?とも思ったけれど、実際にカウンセリングを受けたせいで、深く内証しすぎて、カウンセラーさんの言葉がグルグル回って、凹んだことはありました。

何というか、自分の考えを否定されたり、病のせいではなく、自分の努力不足と突っ込まれると、理解してもらえないという絶望感に近い物を感じることがありました。

最近は自分が病であるという事を忘れそうになるぐらい自然なので、担当医的には大分改善してきていると捉えているようでした。

あと二ヶ月で、心療内科に通院しだしてから丸一年が経ってしまいます。

あっという間だったけれど、でも確実に治療を受けて楽になったので、きっと良かったんだろうな…

病から解放されつつある事を嬉しく思いつつも、その副作用というか副産物というか、体重が10キロ以上増えちゃったのだけは、諦めるしかないかな…と思っています。

ダイエットと言う言葉が耳にいたいかも…(゚ー゚;

| | コメント (0)

真夜中の狂気。

我が家のご長寿犬、ハスキーミックスちゃんは、先月の頭頃から寝たきり老犬になってしまいました。

年齢も18歳と高齢だし、足腰が弱って来ていたので、仕方がないことではあるのですが、最近正直言って少々介護疲れ気味でした。

ハスキーの血が濃いこともあって、何しろビックサイズボディ。

完全に腰砕け状態なので、寝ている状態から立たせるのに一苦労。

最初は千鳥足でも、しばらく立つと脳の神経が繋がってくるのか?支えが無くても何とか歩くことが出来るようになります。

それでもやっとこさっとこ歩いてますと言う状態なので、油断するとまたこけるし、歩きながらお土産を零すし、油断できません。

それでも一時はこのまま衰弱して、お星様になってしまうのかと、本気で覚悟したのですが、何とか持ち直して、現在も元気な寝たきりライフを送っています。

寝たきりで、下の世話と食事の介助が必要なくらいで、あとは特に問題が無いと思っていたのですが…

一昨日の夜、事件は起きました。(゚ー゚;

深夜0時頃、突然大きな声で鳴き始めて、ガタガタとものすごい音が聞こえました。

何だろうと窓からハスキーミックスちゃんのお宿を覗くと、寝たきり老犬の筈が、激しく四肢を動かして、寝ころんだまま周囲のものをなぎ倒して、大声で泣き叫んでいました。

私が声をかけても気が付く様子もなく、まるで何かに取り憑かれたように、泣きわめくのです。

困ったな…こんな時間に大声出されると、ご近所さんから苦情が来そうだよ…

そんなこと考えてるうちに、ジタバタジタバタ激しく足を動かしていただけだったのが、いきなりむくっと起きあがり、そのまま寝床から転がり落ちるように走り出しました。

うそやぁ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

だって、寝たきりだったのにぃ。

お母さーん、寝たきり老犬が走りだしましたよ~~~!!

思わず叫んでしまいそうになりました。

とにかくまずは身柄を保護しなくてはっ!と言うことで、大あわてでわんこの元へ向かいました。

ハスキーミックスちゃんは異常な興奮状態で、何度名前を呼んでもこちらに視線を向けることもなく、あさっての方を向いたまま、大声で泣き叫びました。

歩くのがやっとだったはずなのに、びっくりするくらい力強く、素早い動きで庭を歩き回り、身体を押さえるのがやっとの状態でした。

まるで何かに取り憑かれたか、狂ってるようでした。

結局その日は埒があかず、そのまま庭に放置することにしました。

寝ころんだ状態で、一晩中四肢を動かしていたせいか、地面は足掻いた跡が円状に残り、翌日は泥だらけ擦り傷だらけ、おねしょもしていたらしく、酷い有様でした。

私と弟は一晩中夜泣きをされたお陰で、朝方4時過ぎまで眠ることが出来ず、この日は寝不足のまま仕事をするハメになりました。

また今夜も夜泣きをして、大暴れするんじゃないか?

そう恐れていたのですが、何とか現在までは落ち着いています。

犬にも痴呆症があるそうなので、きっと痴呆症なんだろうなぁ…

痴呆症を発症した犬と付き合っていく覚悟はあるものの、出来るものなら静かな夜と、安眠生活を維持したい…

お願いだから、夜泣きはしないでね。

のんきにあくびしてる姿を見ていると、何だかなぁ…と思わずにいられません。

| | コメント (0)

銀歯がぁ~(再び)

またしても銀歯が取れてしまいました。(T_T)

今年に入って2回目です。

先日ようやく歯根治療中の歯に仮ブタが入って、しばらく様子を見ると言うことで、仮卒業?したばかりだというのに。

歯医者さんを卒業して一週間とたたないうちに、また行かなくてはならないなんて、なんてこったぁ~!!(留年ってこと?)

思えば今年に入ってからずっと歯医者さん通いで、二月に銀歯が取れて(しかも二個同時…)、四月に歯が欠けて穴が空き、歯茎の腫れから歯の根っこが腐っていると判明し、そのまま治療することになって、ようやく今月に入っていったん治療は終了と言うことになったのに~~

il||li _| ̄|○ il||liまたか……

私の口の中は一体どうなっているんだ……誰か教えて欲しい。

今回取れた銀歯は、数年前に治療したもので、取れたこと自体は仕方がないことなのですが、なぜこのタイミングで?と思ってしまいます。

なんだかなぁ……うぅぅぅ、普通にご飯(お米)食べてただけなのにぃ~

取れちゃう運命だったのね。きっと。

それとも現在服用中の劇薬(抗うつ薬)の影響とか?それはないか。

歯医者さん、再び!

そんなわけで、明日は再び歯医者さんに行ってきます。

あぁ…_ノフ○ グッタリ

| | コメント (0)

無理しなくても、良いんじゃない?

私は子供の頃から、人と関わることが苦手で、友達が欲しいくせに、人に近づくことが出来なくて、ずいぶん孤独な時間を過ごしてきたと思う。

大人になった今も相変わらず人付き合いは苦手だし、積極的に他人と関わり合いになりたいとは思わないのだけれど、必要最低限職場での人間関係とか、その程度はかろうじて維持している。

そんな狭い世界の中でも、それなりに満足はしていて、何より精神的に波風の少ない日々が送れるのが、何よりも大切だと思っている。

こんな発展性の無い私が言うのもおかしいけれど、無理しなくてもいいのになぁ…と思うことがたくさんある。

たとえば職場での人間関係でもそうだけれど、共通項があるからって、育ってきた年代も違えば、考え方も違う他人と、上手くやろうとしたって無理があると思う。

最低限のつきあいは可能だとしても、無理してそれ以上を求める必要性は無いような気がする。

職場の先輩も、性格が女王様と言うこともあって、それだけでも嫌煙されてしまうのに、本人が周囲の人と仲良くなりたいという思いが強いからこそ、余計にことさらとけ込もうとして、それが拒絶されたものだから、その怒りが僻みだったり、ねたみに繋がってしまっているような気がする。

仕事上でのつきあいとか、何か共通点や共通のグループに所属している時は接点があるけれど、そう言ったビジネスライクな関係上のつきあいと、気兼ねなくつきあえる関係とは、別個のものだと思う。

プライベートでまで、つきあいたくない…

先輩は裏ではそう言われていたりするのだが、逆を言うと、プライベートで付き合いたい人って、実はそう多くないのでは?と思ってしまう。

無理しなくても、良いんじゃない?

職場じゃないのだから、みんなと仲良くする必要はないし、嫌な人とも付き合う必要もない。プライベートな時間ぐらい、息抜きして、楽しく過ごせるような関係が一番じゃないかと思うよ。

プライベートな時間に、無理して仲良くしようとして、避けられてる先輩を見た時、何だか放っておけなくて、同情して一緒にいたこともあった。

先輩にも同情したけれど、結局は自分自身も先輩に依存しないと、ひとりぼっちになっただけだったけれど。

いつも傷ついてる姿を見る度に、何も自ら傷つかなくても良いのになぁ?何で傷つくと分かってる場所に、自ら飛び込んでいくんだろう?そう言う思いがあった。

人と仲良くなるのって、無理しなくても自然となるようなものだと思う。

無理というのは結局は長くは続かないし、相手に併せてばかりでは自分が疲れるし、その逆もまた然り。

気の合う人と、自然に上手く付き合えれば、それが一番であって、無理して付き合うのは、職場の人間関係や、社会的な立場を要求される時だけで十分だと思う。

先輩のきつい言葉で傷ついてる新人さんも辛いけど、先輩もああ見えて傷ついているのだろうなぁ…

無理しないのが一番なのにね。

| | コメント (0)

大きいことは良いことだ?

昨日は真夏の祭典?東京ビックサイトにて、コミケに参加してきました。

友人のお供だったので、恐怖?の一般入場ではなく、裏口入場?のサークル参加でしたので、長時間真夏の炎天下で並ぶことなく、すんなり会場入りできました。

去年のコミケは恐ろしく暑い会場内と、異常なまでの人出で、もう窒息寸前でしたので、少々覚悟はしてきたのですが、今年は会場が西側で、一般の入り口から離れていたせいか、去年よりは暑さがマシだったような気がします。(それでも空調が多少効いてるからであって、決して快適な空間ではなかったです。私の友人も途中暑さで具合が悪そうでしたし、私の隣に座っていた人も、何だかだんだんグッタリしてきてしまって、内心ハラハラしました。)

コミケに参加する人の目的は様々でしょうが、何というか一番感じたことは、イベントの規模が巨大になりすぎて、本来の目的を達成できない参加者が増えてるのではないかな?と言うことでした。

会場内を移動するにも、行く先々で入場制限がかかって、満員電車のすし詰め状態の中を移動するようで、グッタリしました。

自分の行きたい場所にも自由に動けないし、東側の会場は空調が全く効いていない上、人出も半端じゃなかったので、歩くだけで熱中症になりそうでした。周囲を見渡すと、顔を真っ赤に火照らせた人が何人もいて、それでなくても早朝から来てるのに、これでは倒れる人がいても当然だと思いました。

会場の配置も、男性向け、女性向けが一部混同して配置されている上、会場の出入り口が一方通行にされてしまったため、大きく迂回しないと外に出られないなど、成人向けの商品が並べられたブースを嫌でも通らないと外部に出られないので、未成年者や、女性にはきついものがあったと思います。

何だか規模が大きくなりすぎたせいで、いろいろ不便な感じでした。

なんて言うか、買い物を自由に楽しむ余裕が無くて、本当に必要な場所しか行けない感じでした。

私はわりとぶらぶら楽しみたかったので、目的の場所にしか行けない恐怖のすし詰め状態でお買い物というのは、勘弁かなぁ…

入場者数が多い事を考えると、もう少し開催期間を長くして、一日ごとの会場規模をコンパクトにするとか、真夏という過酷な時期に開催するよりも、気候の安定した時期に開催するとか、工夫しないと、不便なままのような気がします。

個人的には、オンリーイベントのような小規模な会場の方が、ゆっくりいろんな作品を見て歩けるので、良いなと思います。

大は小を兼ねるとは言うけれど、大きいことが良いことだらけではないよなぁ…と思った一日でした。

| | コメント (0)

こんな感じで。

最近メンタル面が大分落ち着いてきたからか、以前は気にもとめなかった小さな物に、気を止めるようになりました。

F1040233 カエルさんです。

このカエル凄く身体が小さくて、普通のアマガエルより二回りくらい小さいです。

体長は2センチくらいでしょうか。

F1040232 F1040231 いつも同じ水道の側にいて、人間が近づいてもどこ吹く風で、離れる気配がありません。

もうこの場所に住んでる?

そんな感じでした。

最近の職場での日々は、以前のような仕事に出社するたびに己を奮い起こさなくては動けないような感じとか、鉛のような重い気分のまま、行きたくないのに行かなければならないという葛藤も無くなったせいか、相変わらず頭はまるっきり冴えてくれませんが、普通に出社することだけは出来るようになりました。

でも職場の人間関係は良くなるどころか、悪化するばかりで、私は直接関係はありませんが、先輩が新人さんにきつく当たる姿を見る度に、いたたまれなくて仕方がありません。

ついつい新人さんに同情してしまって、口を吐くのは先輩への批判ばかり。

あぁ見えて、先輩にも良いところはあるのだけど…とは思う物の、新人さんをいびる姿が度を超しているせいか、何だかだんだんいい人なのか、悪い人なのか?さっぱり分からなくなってきました。

先日はその先輩が、何を思ってか?仕事に身が入らなかったようで、作業の手は遅いは、口は出るは、大量に仕事をやり残して私に押しつけるし、一体何を考えてるの?と突っ込んでやりたくなりました。

そのあまりの酷さに、翌日ボンクラ上司と、同僚に話したのですが、作業態度を改めるようにボンクラ上司に注意してもらおうにも、先輩の悪い癖で一緒に仕事をする人間によって、真面目に働いたり、手を抜いたり、人を見て判断するのです。

もちろんボンクラとは言え、上司と一緒の時は真面目に働くので、注意のしようがないのです。

下手に注意しよう物なら、一体誰に聞いたのか?告げ口した奴がいると逆上することになると、同僚は眉をひそめていました。

同僚が言うには、私は舐められていて、見下されてるから、そんな失礼な事されるのだと言います。

そうなのかもしれないな…と思うと、何となくもう先輩とは関わり合いになりたくないような気もするし、さりげなくお土産をこっそりくれる姿などを見ると、そんなに悪気があるようにも見えません。

最近思うのは、いっそのこと働くメンバーや、組み合わせを変えることが出来ないなら、担当する仕事内容を変えてみたらどうなのかな?と思います。

先輩しかできないから、いくら仕事が遅くて、時々さぼって、みんなに迷惑をかけてしまう仕事でも、担当できる人が増えれば、何も先輩を中心に仕事を回さなくても、良くなるのにな…と思います。

今まであまりやる気はなかったけど、私でもやろうと思えば出来ることなので、担当を変えてもらうというのも、一つの解決策になるかもしれないと言う気がします。

これ以上先輩を嫌いになりたくないし、先輩からかけられてる迷惑を、誰かに話すたびに、先輩の信頼を裏切ってるような、自分が嫌な奴になったような気がして、凹むのです。

人間はそんな単純な生き物ではないし、一面だけでその人の姿を全部分かった気になるのは大間違いで、良いところも悪いところもあって当たり前で、ただ自分の許容範囲を超えるか超えないかで、受け入れられるか、否かが決まるような気がします。

白黒つけずに、臨機応変に対応すればよいのだと分かってはいるのですが、なかなか上手くいかないです。

カエルのように、周囲の状況に合わせて、色を変えられれば楽なんだろうなぁ…

| | コメント (0)

こう見えて、デリケートなんです…

8ヶ月に渡り、ご無沙汰していた月よりの使者(月経ですね)が復活して早数ヶ月。

その後も何とかご降臨遊ばしております。(相変わらず不定期ではありますが)

先月やって来た時には、実はPMSなのではないか?と言うくらい、メンタルが絶不調に陥ってしまい、久々にうつのもやもやに囚われて、苦しい思いをしました。

あぁ、こんなに落ちる位なら、月の使者なんか来なくたって良いよ。

(゚⊿゚)イラネ

そう半ば本気で思ってしまいました。

そして、今月。

来なくて良いよと思う時ほど、あっさり来てしまって、

やばいまた精神的に落ちるかもしれない…ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

と身構えていたら、今回は全くと言っていいほど精神的には影響が無かったようで、平常心を保ったままでした。

良かった~落ちないよ~\(;゚∇゚)/

安心したのも束の間、そうは問屋が卸さないのでした。

急に、ここ数日蚊に刺された跡が真っ赤に腫れて、全身の至る所にかゆみを伴った赤い発疹が出来てしまい、あまりのかゆさに掻きむしってしまったため、両腕、両足は傷だらけ。中には血が噴き出した所もあり、現在も傷跡は完治しておりません。

なんじゃぁこりゃ~~!!(゚ロ゚屮)屮

月の使者が降臨した途端、この異変。

恐るべし、月の使者。

ところが異変はこれだけではすまないのでした。

歯根治療中の歯が再び痛み出し、バファリンを飲んだものの治まらず、痛みは頭痛へと移行して、それから数日間、頭痛は治まりませんでした。

あぁ…頭は痛いし、身体は痒いし、どうなってるんじゃぁ~!!

(≧ヘ≦)

その後ようやく頭痛も治まって(バファリンまた一箱空けてしまいましたよ~)かゆみも収まり、月の使者もそろそろ終了かという頃、次なる異変が起きました。

喉が痛い……鼻も詰まるし、左耳の奥が痛み、治まったはずの頭痛が再びやって来たのです。しかも、前回とは痛みの場所が異なりました。

…これは……風邪かもしれん。

案の定、風邪薬を飲んだところ、これらの異変は治まりました。

仕事中はマスクしてるのに…風邪を引くなんて……何で何だぁ~

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

そして現在。風邪らしき症状はほぼ治まりましたが、左耳の痛みは外耳炎だったようで、昨日は耳の中から血の混じった膿が出てきて、かなりブルーな気分になりました。( ̄◆ ̄;)

心療内科の先生曰く、月の使者がやって来ると、ホルモンバランスが大幅に変化するので、その影響で精神的に落ちるのでしょう。

と言うことでしたが、精神面ならずとも、身体面も少なからず影響を受けているのではないかと思います。

元々、月の使者がやってくると、決まってお腹は急降下し、風邪を引きやすくなると言う特徴がありました。

今回の発疹や風邪も、月の使者の影響が大きいのではと思います。

月の使者の訪れが、実に微妙な気分にさせられました。

| | コメント (0)

今年の夏は…

今年の夏は冷夏で良かった~なんて、しみじみ感じています。

農作物に与える影響とか、経済的打撃を思えば、喜んでばかりはいられないのでしょうが、去年の夏が私にとっては地獄のような暑さだったので、涼しい(とはいってもやっぱり暑いですが…)夏は有り難いです。

去年の今頃、うだるような暑さで、毎日毎日苦しくて仕方がありませんでした。

連日35度近くまで上がる気温と、37度代から下がらない体温のせいで、冷え性だったはずの身体が常に熱くて、まるで自分自身が熱源のようでした。

仕事に行ってる間以外は、常に寝て過ごす日々で、おそらく放っておいたら、食事とトイレ以外は寝て過ごしたかもしれません。

泥沼の中を這い上がろうと藻掻いているような状態だったとしか、言いようがありません。

今思えば、うつのせいで、身体が動かなくなっていたのだと思いますが、このころの自分にはそんな知識はなく、ある日突然自分自身が自分でコントロール出来ない身体になってしまったことへの驚きと、恐怖、この先どうなってしまうのか分からない不安と焦りで、一杯でした。

このころ私を苦しめた物は他にもあって、それは自分の仕事でした。

職業柄常に200度近い温度まで上がる釜を扱う仕事をしているのですが、自分自身の体温調節が出来ず、熱源のような身体だったので、それでなくても暑い仕事場が輪をかけて暑く感じられ、運悪く職場の建物が改装されて、間取りが変更になったために、室内の換気も悪くなり、今まで以上に暑い環境になっていました。

あまりの辛さに何度泣きたくなったか、当時の上司に本気で配置換えを頼もうかと何度も悩み、いっそのこと仕事自体を辞めようかとも思っていました。

冷房を付けて身体を冷やそうと思っていたのですが、職場の女王様こと先輩が大の冷房嫌いで、私が冷房を付けると必ず文句を言ってくるのです。

冷房を付けるたびにチクリチクリと嫌みを言われるのが嫌だったのですが、もう退っ引きならない状態で、このままでは暑さで自分は倒れるのではないかという恐怖が常にあったので、先輩の嫌みを押し切り冷房を付けていました。

姉御はそんな私を見て、病気なの?と言ったことがあります。

同僚や上司君は私がおかしいことに気が付いていたのか、冷房を必要以上に付けたがる私を、文句も言わずにいてくれました。

何も言わずにいてくれたことが、とても有り難かったです。

そんな事もあって、私にとってまた去年のような暑い夏がやってきたら…というのが、恐れていたことでした。

でも実際は冷夏だったので、本気で良かった~(;´▽`A``

冷夏で良かった~と思うことがもう一つあります。

我が家の寝たきり老犬のハスキーミックスちゃんにとって、暑さは大敵だからです。

一時はもう駄目かもしれないと覚悟したのですが、あれから何とか持ち直しまして、現在は支えてあげれば何とか歩けるようになりました。

それでも一日中ほぼ寝たきりで、おしっこは漏らすし、食事も介助が必要な状態ですが、元気が出てきたので、安心しています。

朝から晩まで、今まで以上に犬の世話に追われています。

この他にも、職場でのごたごたや、ご近所トラブル、家庭の事情?等々何だかいろんな事が一度にごたっと降りかかってきて、気温は低いけど、問題は山積みな夏という感じです。

自分がうつになってしまった理由を探しても仕方がないけれど、いろいろな積み重ねがあるから、仕方がなかったのだろうと思います。

何はともあれ、涼しい夏万歳!ついでに身の回りのトラブルが無くなってくれたら、もっと万歳なんですがね~

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »