« あぁ……とばっちり。 | トップページ | 一ヶ月。 »

一晩経って考えた。

昨日は心療内科通院日でした。

ここ最近、やたら頭皮が気になって何度も掻きむしり、かさぶたができるとまた掻きむしる…という非常に生産性のない作業と、やたら耳あかが気になって仕方がないという、バッチイ手で触ったら、中耳炎になるよと、幼稚園生でも教わるような無駄なことを、日々繰り返しています。

……ストレスかなぁ?(T_T)

先日同僚に怒られて以来、余計酷くなった気がします。

過敏性大腸炎は相変わらず治らないし…

il||li _| ̄|○ il||li無駄にデリケートな己が切ない…

そしてここ最近やっぱり酷くなった職場のおばちゃん達のおしゃべりに対する嫌悪感。

職場だけだと思っていたんですが……

昨日はいつもは非常に静かな心療内科の待合室に、やたらハイテンション声も大きく、やかましいおばちゃんがいて、すぐ隣で延々とおしゃべりされたので、だんだんイライラしてきて、嫌になりました。

(T_T)

何なの?この人?こんなに元気なら、医者に来る必要ないじゃん?

でもよくよく考えたら、分かりました。

このおばさん双極性障害(躁鬱病)の躁の人なんだ。

五月蠅すぎて、いや~って思いましたが、私が叫ぶより早く、反対側に座っていた若い女性が、急にふらふら立ち上がって、その場で苦しそうに耳を押さえて、蹲ってしまいました。

えぇ~Σ(゚□゚(゚□゚*)どうしちゃったの?

母親らしき人が駆け寄り、心配する周囲の人に大丈夫ですからと言って、女性を五月蠅いおばさんから離れた場所に連れて行きました。

…もしかして、パニック発作を起こしたのか…

人の声で気がおかしくなってしまうのは自分だけのように感じていましたが、実際に倒れる人を見て、あぁ、私だけではないんだと、妙に納得しました。

医師におばちゃんのおしゃべりが五月蠅くて、イライラすると話したところ、もう少し様子を見ましょうと言うことになり、薬の変更はありませんでした。(便秘になるので、トランコロンの量が減っただけでした)

倒れた女性が気になっていましたが、帰りがけみたら、座り込んだまま外気に当たってぼ~っとしていたので、相当辛かったのだと思います。

その女性の外見が、昔喧嘩別れをした幼なじみによく似ていたので、目が追ってしまって、仕方がありませんでした。

ストレスの元となっているであろう職場の人間関係ですが、昨日は休日だったけれど、実は医者の帰りこっそりと職場を覗きに行きました。

いつもならまだいるはずの同僚の姿がなく、珍しくボンクラ上司がレジに立っていました。

あ…あの様子だと、まだ私に怒ったことを根に持っていて、ボンクラ上司に仕事押しつけて、私は帰ります!って、帰ったんだろうなぁ…

ぼ~っと突っ立っているボンクラ上司の姿を見ていると、そんな気がしました。

一晩寝て考えたことは(睡眠学習じゃないよ)きっと同僚は、自分のこれまでしてきた努力を認めてもらえず、そんな気持ちを踏みにじられたと感じて、怒ってしまったんだろうなと言うことです。

同僚はこれまで、退社時刻になっても帰宅せず、上司から頼まれない仕事も進んで引き受けて、職場の為だと言って、バイトさんの教育に至るまで、一人で仕切ってきました。

本人はボランティアだと言い切っていましたが…

先輩はそんな同僚の姿を、責任者でもないのに出しゃばっていると感じて、面白くなかったようです。

私はそこまでしなくても良いのになぁ…別に自分が会社を背負っているわけではないし、あとでこんなに頑張っているのに認めてもらえないって、泣くことにならなければいいなぁ…と思っていました。

でも本人にさりげなく忠告しても、何だかやたら一生懸命で、頑張らなくても良いんですよと言っても、頑張ることをやめませんでした。

まぁ、本人がやりたいのだから、やらせてあげた方が良いのかもしれないと、放置してきた部分はあります。

以前同僚と対立して、それが元で辞めていった人も、同僚一人に頑張られると、他の人も同じように頑張らなくてはいけなくなる。私たちは責任者ではないのだから困る。そう常日頃愚痴をこぼしていました。

職場のためを思って努力し、頑張ることは良いことですが、あまりにも周囲の人との温度差があったことも確かです。

やってくれるからいいや。と、私も諦めていたし、でも同僚がそんなに感情的になるほど、現在の仕事に対して思い入れがないので、時々同僚の思い入れの強さや、完璧主義に付き合うことが疲れるな…と思っていました。

今回同僚が怒ってしまったのは、私はこんなに頑張っているのに、ケチを付けられて、誰も努力を認めてくれないばかりか、分かってくれない。私がいるからこの仕事が回るのに、他の人にできるはずがない。そう言う思いがあってのことだと思います。

私はただそんなに一人で頑張らなくても、たまには仕事をかわりますよっていう提案をしたかっただけなのですが…

こんなに自分を犠牲にして、頑張ってきたのに。

そう言う思いがあるからこそ、怒りも又強いのでしょう。

でも誰も同僚にそこまで頑張って欲しいと頼んではいないし、背負わなくても良いと思っています。

これを言ったらお終いなんだけど…

先輩も言っていたけれど、結局は頑張ったという自己満足。

そう周囲に受け取られてしまいかねないのです。

…頑張って努力することが、美徳だとばかりは限らないんだよな…

以前は私も同僚のようにサービス残業を連日繰り返して(丁度このブログ始めた頃ですね。今もその名残がブログタイトルだったりします)上司に認めてもらえず、頼んでもいないのに残業しやがって、この給料泥棒め~という感じの事態に陥り、サービス残業がアホらしくなって、残業しない人になりました。

その時、何でこんなに頑張っているのに、認めてもらえず、むしろ疎まれて悪者扱いされるんだろう?と、ずいぶん凹んだし(思えばこのころからうつの兆しがあったかも…)何だか自分の存在自体が否定された気がして、一時はぽっかりと胸に穴が空いたような、抜け殻人間になってしまいました。

それが何とかなったのは、ひとえに「萌え」のお陰だったりします。

ボーイズラブが私を立ち直らせた?(大げさや…)同人誌が輝く希望となって、何とか地べたを這いずりながらも、ここまでやってこれた原動力であったことは間違いありません。(ありがとうカカイル)

…何か脇道にそれましたが…(^_^;)

とにかく同僚の怒りはぶつけられた方としてはたまりませんが、理解できない怒りではないので、同僚自体を私は見限るつもりはありません。(でも相手は私のことを見限ってるかもしれないけれど…)

しばらくは触らずに、自然と怒りが消えるのを待つしかないと思います。

頑張らなくても良かったのにな…

傷ついているだろうけれど、もう一度頭を冷やして、周囲を見回して欲しい。

同僚が気が付いてくれるのを、生ぬるく待とうかと思っています。

|

« あぁ……とばっちり。 | トップページ | 一ヶ月。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あぁ……とばっちり。 | トップページ | 一ヶ月。 »