« ああぁ…il||li _| ̄|○ il||li | トップページ | もう若くないから。 »

嵐の爪痕。

先日は台風が2年ぶりに上陸するとあって、数日前からニュースなどでも騒がれていましたが、その台風直撃の日が出勤日だったので、ちょっと憂鬱でした。(T_T)

あぁ~何でやねん。

ここ数年台風直撃はなかったし、台風が直撃した時も、どういう訳か?運良く休日だったりして、今までは何とか難を逃れていました。

暴風雨の中仕事に行くのは気が重い…しかも、駐車場から建物までのたった10メートル程度の移動で、傘は壊れ、靴は浸水し、服はびしょ濡れになるのが目に見えていました。

…仕方がない、これも運命よ。(T_T)諦めて、濡れ鼠になるしかない。

そう前日から覚悟を決めていました。

そして台風が来た当日。

「大変だ~起きろぉ!ハスキーミックスちゃんのお宿が崩壊した!このままじゃ、死んでしまうぞ!!」

早朝から叩き起こされ、慌てて犬小屋を見に行くと、強風で半壊状態でした。

前日に台風対策として、雨よけに設置した養生シートが全て柱から吹きちぎれ、役に立たないばかりか、ハスキーミックスちゃんの上に倒れ込んで下敷きにしていました。

何ですとぉー━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!

強風と小雨の中、わんこ救出作戦&犬小屋再建築工事に追われました。

丁度その作業中、何故かサイレンが鳴り響いていました。

留守宅の叔父の家の様子を見てくると、出かけた父上から電話が来て、私の職場近くの道路が警察によって封鎖されて、通行できない上、屋根瓦は飛び散り、駐車してあった車のフロントガラスは割れて、嵐の中大勢の人が駆けつけてきて、大わらわになっているという話を聞かされました。

何だか大変なことになっているようだ…と思う間もなく、強風のため再建したばかりの犬小屋がまたしても崩壊しました。

もう、これは…諦めよう…_ノフ○ グッタリ

崩壊した犬小屋からハスキーミックスちゃんを再度救出して、玄関に避難させました。

案の定、ますます嵐は酷くなり、犬小屋はどんどん壊れていきました。(T_T)

…前日に台風に備えて日曜大工したのに…まったくもって全然これっぽちも、お役に立たなかったよ……il||li _| ̄|○ il||li

わんこを救出してホッとしたものの、この日は睡眠時間が3時間程度しか取れておらず、眠いのに妙に緊張して眠れないせいで、グッタリしていました。

それでも出勤時間はやって来るもので、行きたくない(←うつのせいではない理由のある気持ち)と思いながらも、行かないわけにはいかんよなぁ…誰だってこんな日には行きたくないはずだもの。と、諦めて、出勤しました。

職場は妙に平静でしたが、職場近くの住宅地は台風の影響による竜巻に襲われたせいで、TVニュースにも流れたせいか、心配した身内の方々が大勢集まっていたようです。

台風でお客さんが来ないので、商品の製造も急遽取りやめになり、仕事がなくなったので、来店客も少ないことだし、早退しますと、新人さんは帰っていきました。

…ところが、その後台風被害のお見舞いに来た人々が大挙として訪れて、お店は騒然となりました。

通常は4人いるはずの厨房も、来店客が来ないと思っていたので、先輩と私の二人だけになってしまい、行列ができてしまったレジを捌くため、ヒーヒー言いながら仕事をこなしました。

あぁぁ…マジ、付いていないかもぉ…

それでなくても寝不足でふらふらしてるのに、このお客さんの数。

あぁ…こんな事なら、帰らないでぇ~!って、新人さんを無理矢理引き留めておけば良かったと、後悔しました。(T_T)

その後も踏んだり蹴ったりは続き…

貴方がいるから大丈夫よね!と先輩は帰っていき、私はバイトの女の子一人にお店を預けて帰るわけにも行かず、またしてもサービス残業になってしまいました。(T_T)もう泣きたいよ。

台風のせいで、踏んだり蹴ったりだぁ~!!

でも本当に大変だったのは、竜巻の直撃を受けてしまった方々です。

母上ご贔屓の和菓子屋さんも被害を受けてしまい、年季の入った建物は再建ができないと判断されたようで、昨日見たところ完全に建物は撤去されて、更地になっていました。

あぁ、あそこのマドレーヌ。美味しかったんだよなぁ…

和菓子屋さんなのに、マドレーヌとお思いでしょうが、このお店確かにあんこの入ったおまんじゅうも作っているのですが、カステラが人気で、カステラを箱買いすると、きまってカステラの切れ端や、和菓子をおまけにプレゼントしてくれるという、非常に親切なお店でした。

…お店がなくなってしまった…_| ̄|○

店主は高齢だったと思うので、再建してくれるのかどうか?分かりません。

できれば新しくリニューアルして、お店を復活して欲しいです。

そしてもう一つ悲しいニュースがありました。

丁度ハスキーミックスちゃんのお宿が崩壊したと大騒ぎしていた頃、となりのお家のわんこが大きな声で鳴いて、その後お亡くなりになったそうです。

翌日隣のご主人が、残ったわんこの缶詰(犬缶)を、良かったら使って欲しいと母上に手渡しに来たそうです。

最近まで近所を散歩して歩く姿が見られたのですが、ここずっと調子が悪かったようで、ご飯を食べてくれなかったそうです。

隣家の●ちゃんは、うちのハスキーミックスちゃんよりも若かったですが、やっぱりご長寿犬で、ご町内1.2を争うご長寿のライバルとも言える存在でした。

うちのハスキーミックスちゃんは、7月頃から寝たきりになってしまいましたが、●ちゃんはお散歩ができるくらい元気そうだったので、まさかうちの子よりも先に天使になってしまうとは、思いもしませんでした。

「老い先が短くても、可愛がってあげるしかないよ」

と、母上が妙にしんみりと話していました。

G太君が未だに戻らないこともあって、我が家では犬に対する思い入れが、強くなっている気がします。

台風が去って、悲喜交々。

いろいろあるけど、それでも毎日やっていくしかないものね。

そう思います。

 

|

« ああぁ…il||li _| ̄|○ il||li | トップページ | もう若くないから。 »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ああぁ…il||li _| ̄|○ il||li | トップページ | もう若くないから。 »