« 風邪を引くと、落ちるんだよね~(T_T) | トップページ | 思いやりがなさすぎる。 »

みんな平等なんて、所詮幻。

今年もまた社内技能試験の季節がやってきました。

技能試験に合格すると、合格証と技能手当がもらえるのですが、この試験。

社長が他社に先駆けて声高に始めたものの、現場の実情とはかけ離れていて、私の職場では一種のタブーとなっていました。

まず第一にこの技能試験。

技能手当という、お給料に+αされる賃金が付く事で、社員のやる気を引き出す目的があるようなのですが、そもそも技能試験自体が、社員全員に受験資格があるわけでもなく、一部の社員にだけ受験資格を与えたことで、社内の人間関係にヒビを入れている状態です。

お給料に+αされる賃金が付く事で、社員のやる気を引き出す目的で始めたのならば、社員全員に受験資格を与えるべきだったのに、社長は現場の実情を知らなかったため、一部の仕事に携わるものにしか受験資格がないことに、試験実施から2年以上経っても気が付かないのです。

また試験項目が数種類あるため、一人で何個も技能試験に合格して、手当を貰う人もいれば、ひとつも試験が受けられなくて、キャリアは長いのに、後輩よりもお給料が少ない私のような人までいます。

もともと社長が独断で始めたこの試験。

試験開始された2年前は、大もめに揉めることになりました。

特に強く反発したのが先輩で、自分の方が上だと思っていた相手に、自分より多くの技能手当が付いたことが不満で、ひとつも手当が付かない私の名前を前面に押し出して、当時の管理職にあった人達に猛抗議したために、上役から疎まれ、社内の人間関係はさらに悪化して、とても大変な状態でした。

それからこの技能試験に関して、みんな口をつぐむことになり、試験を受講することになった人も、先輩に名前を知られるのを恐れて、社内報も記事の内容を改ざんしてまで、先輩の目からみんな隠し通してきました。

それは私に対しても行われていて、私が知らなかっただけで、実は裏では当時の上司君をはじめ、皆知っていたそうです。

…何だかなぁ…と凹んだことを覚えています。

そんなわけで曰く付きのこの試験なのですが、どうやら技能試験の合格者の数が少なすぎて、社長が不満に思っているらしいのです。

合格者が少ない理由というのが、私の部署の離職率が極端に高い為で、せっかく技能試験に合格しても、辞めてしまう人が後を絶たないからで、これまた何だかなぁ…と思います。(試験受けられない人もたくさんいるのにね)

その為今期の試験は受験者を増やして、合格者をたくさんだそうと息巻いているらしく、一時は試験を辞退した後輩までもが、無理矢理受験することになり、本人も練習する時間もないのに試験なんて…と嘆いている状態です。

後輩が嘆く理由は他にもあって、この技能試験を受験することが先輩にばれると、どんな嫌がらせをされるか分からないから、公にしたくないと言う思いもあるようです。

これだけ社内の人間関係に悪影響を及ぼしてることを知らないで、のんきにうちの会社は社内で技能検定試験を行って、技能向上に努めており、また賃金もアップするので、従業員を大切にしているのですよ~と、本気で思っているであろう社長は、本当におめでたいよなぁ~平和だね、あんた。と言ってやりたいくらいです。

先輩が面白くないのは、みんな平等ではないからだと言うのですが、そもそもみんな平等なんてただの幻で、人間なんてみんな不平等だと言うことに、気が付いていないからだと思います。

基本に皆平等があるから、自分の上を行く人間がいることが気にくわなくて、引きずりおろしたくなるのだろうし、本当に平等になったら、自分の下を行く人間がいなくて、それはそれで面白くないんだろうなぁ…と思います。

こんなクレーマーみたいな先輩の顔色を、いつまでもうかがっている上司達がお馬鹿さんなだけで、何で言い聞かせられないんだろ?と、少し不思議なような、情けないような、そんな気がします。

私も思うことがあって、後輩よりも手当が付かない分、お給料も低いし、だから頑張らないようにしようと思うようになりました。

社内で役割分担をされていないのは、たぶん私だけで、他の人達は何かしら通常業務の他に、細々とした雑用や、物品管理、書類管理などの仕事を割り振られています。

はじめ何の仕事ももらえないことが、情けないような、悲しいような、私ってこの職場で認められていないのかしら?とか、いてもいなくてもいい人材なのかと、凹んだこともありました。

仕事がもらえないことが、自分の存在を認めてもらえない事のような気がして、やるせなかったのです。

でもいろんな人の話しを聞く内に、余計な仕事を振られない方がラッキーだとか、責任者じゃないのだから、頑張らなくて良いんだとか、今までの自分の価値観とは違う価値観もあるのだと言うことが分かってきて、まぁいいか…と思えるようになりました。

他の人達は手当が付く分お給料を多く貰っているのだから、お給料に見合う働きをして貰えばいいし、私も自分のお給料分だけ通常業務をこなせばいい、認められる、認められないは別問題だと、切り離して考えることが出来るようになった気がします。

技能試験と聞くと、普段蓋をして見て見ぬふりをしていたいろんな不満が溢れそうで、少し恐いのですが、元々不平等なのだと思えば、流せるかもしれません。

いい加減、気付よ。社長。

現場のやる気を起こさせるどころか、むしろ萎えさせてるこの現状を、早く気が付かないと、ますます離職率上がってしまうよ?この不況下ですら。

トップは所詮トップで、末端の事など見えていないのだと、改めて感じた出来事でした。

|

« 風邪を引くと、落ちるんだよね~(T_T) | トップページ | 思いやりがなさすぎる。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風邪を引くと、落ちるんだよね~(T_T) | トップページ | 思いやりがなさすぎる。 »