« 今日、無事に。 | トップページ | ポケウォーカーがぁっ!! »

お葬式。

昨日は我が家の介護犬、ハスキーミックスちゃんのお葬式でした。

18日に亡くなってから、3晩お家にいることが出来ました。

命のない身体というのは、本当に抜け殻のようで、まるで剥製のようになってしまったと思いました。

いつも苦しそうに歯を食いしばっていたけれど、もう食いしばっていなかったので、きっと楽になったのだろうな…と思います。

穏やかな、可愛い顔をしていて、前の晩に老廃物を全て出し切っていってくれたお陰で、身体はとても綺麗でした。

男盛り(笑)には25㎏はあっただろう身体が、棺のまま計っても10㎏しかありませんでした。

我が家の経済状況を危惧して、亡くなる前にダイエットしてくれたんだね…なんて、冗談を母上とかわしました。

以前先代ビーグルちゃんが亡くなった時も、大あわてでペット霊園を探して、火葬をお願いしたのですが、今回はかかりつけの獣医さんの紹介してくれたペット霊園でお願いしました。

ビーグルちゃんの頃と比べると、ペット霊園も増えたせいか、以前お願いしたペット霊園よりも、サービスが良かったです。

獣医さんからの紹介と言うことで、棺にお守り刀と数珠をサービスして貰い、ハスキーミックスちゃんに持たせてあげました。

壁一面に並ぶ納骨されたペットたちの写真を見ていたら、みんな大事にしていたんだな…と思いました。

我が家も犬バカ一家だと言われてますが…

決して我が家だけじゃないんだと、少し慰められた気がしました。

会社で先輩に「所詮犬なのよね…」と言われた時、何とも言えない失望を味わいましたが、同じようにペットを家族として大事にしている人達がいると言うことが、わかっただけでも良かったかな…

ここ数日本当に寒くて、寒くて良かったと心から思っていました。

ハスキーミックスちゃんが亡くなった時、父上に遺体が痛むと臭いがするから、外に出しておきなさいと言われたのですが、火葬するまでの数日間だから、家から出さないでこのままにして欲しいと頼み込みました。

亡くなってから寒い思いをさせたくなかったのです。

父上の言うことは至極もっともなことで、火葬するまでに万が一ハスキーミックスちゃんの身体が、腐敗してしまったら?と思うと、気が気でありませんでした。

綺麗な姿のままで逝かせてあげたい、朽ちていく姿は見たくありませんでした。

だから少しでも早く荼毘に付したいと言う思いがありました。

私の仕事の都合もあって、少し遅くなってしまったのですが、無事にお葬式をあげることが出来て、ホッとしました。

今我が家の仏壇には、先代ビーグルちゃんと、ハスキーミックスちゃんの骨壺が並んでおかれています。

骨壺が2つになってしまったと言う現実が、何とも切ない気がします。

いずれ人間のお墓を買った時、一緒に入れようと言うことで、ずっと手元にあるのです。

今までハスキーミックスちゃんを介護する為に使っていた時間を、何に使って良いのか分からなくて、少し途方に暮れてます。

胃の調子も悪いし、お腹も緩いし、歯痛もするしで、あぁ…大丈夫だと思っていても、やっぱりダメージは受けてるんだなぁ…と思います。

早朝、ハスキーミックスちゃんが亡くなった時刻になると、何故か目が覚めるので、自覚している以上に、あの子を亡くした傷みは残っているのかもしれません。

ハスキーミックスちゃんを家から出棺した時、何故かロシアン娘(犬の介護を覗きに来る変な猫娘)が見送りに来ました。

またお骨を持って帰ってきた時も、珍しく出迎えに来ました。

犬の舎弟達ばかりか、ロシアン娘にまで見送ってもらえて、ハスキーミックスちゃんは本当に人望?ならぬ犬望?が厚かったようです。

ハスキーミックスちゃんがいなくなったこの喪失感が無くなることはないけれど、それでも毎日は続くんだよなぁ…と、思うのであります。

|

« 今日、無事に。 | トップページ | ポケウォーカーがぁっ!! »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日、無事に。 | トップページ | ポケウォーカーがぁっ!! »