« ポケウォーカーがっあああああああああ!!!!再び… | トップページ | お葬式。 »

今日、無事に。

今日、無事に我が家の介護犬ハスキーミックスちゃんが、天使になりました。

享年約20歳、人間で言うなら100歳のおじいちゃんと同じくらいでした。

私が高校生の頃からずっと一緒でした。

18年、側にいてくれました。

我が家のためにずっと番犬として尽くしてくれました。

寝たきりになってからも、来客があれば番犬としての仕事を忘れず、生涯現役でした。

大往生なのかもしれません。

でもやっぱりこの喪失感はたまらないものがあります。

前日には、食べ物が食べられなくなったハスキーミックスちゃんの為に、流動食やら、注射器(流動食を口の中に流し込むための物)を探し、介護用品も補充したばかりでした。

長くはないと分かっていても、年を越せるだろうか?越せるかもしれないと、淡い期待を抱いていました。

ここ数日、食事もまともに取れないので、チオビタとか、グロモントとか、エスカップなどの栄養ドリンクを与えていたのですが、急にそれまで石ころのように堅かった便が緩くなり、酷い下痢をしました。

栄養ドリンクしかあげてないのに、こんな下痢をするなんて、もう内臓が受け付けないのだろうか?と、心配になりました。

四肢も冷えてきていて、低体温症のようでした。

昨夜はいつになく身体が冷たく、ハスキーミックスちゃんの反応も鈍いので、もしかしたら翌朝には冷たくなっているかもしれないと、母上と弟に話しました。

もしそうなってしまっても、覚悟だけはしておいて欲しいと、伝えました。

今朝は何故か寝付けなくて、何度も目が覚めて、寝た気がしませんでした。

寝不足のまま、母上にハスキーミックスちゃんの様子を尋ねると、早朝に鳴いていたと父上が話していたと言っていました。

それ以後、誰もハスキーミックスちゃんの様子を見に行っていないというので、私が様子を見に行きました。

ハスキーミックスちゃんは無事に天国に旅立っていました。

ああ、ついにこの時が来てしまったか…と言う思いと、朝方何度も目が覚めた時、この子の様子を見に来てあげれば良かったのではないか?と言う思いと、仕方がないことなのだという思いで、胸が苦しくなりました。

私はこの子にとって良い飼い主だったのだろうか?

そう自問する気持ちもあります。

でもきっとこれ以上のことは私には出来なかったし、もしかしたらハスキーミックスちゃんも望んでいなかったかもしれません。

悲しい気持ちとは違う、でもやっぱりぽっかり穴があいてしまったような、虚しさがあります。

こんな気分の時でも、仕事には行かないと行けないのね…

自分でも大丈夫だろうか?と思いながらも、ちゃんと仕事は仕事として、こなすことが出来ました。

きっと幸せだったと、ハスキーミックスちゃんが思ってくれたなら、私は満足です。

最後にいつも散歩に連れて行っていた父上に、鳴いて挨拶していったのだから、あの子は満足してくれていたのだと思います。

心療内科の担当医師に、ペットロスになるのではないかと心配されてしまいましたが、私にはまだ3匹の犬と、猫がいるので、大丈夫です。

お葬式もあげなくてはいけないし、まだやることがあるのです。

ハスキーミックスちゃん、18年もの長い間、側にいてくれて本当にありがとう。あなたがいてくれて、とても頼りになったし、助けてくれたね。

感謝していますよ。あなたのお姉さんは。

…やっぱり少し、泣けますね。

|

« ポケウォーカーがっあああああああああ!!!!再び… | トップページ | お葬式。 »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポケウォーカーがっあああああああああ!!!!再び… | トップページ | お葬式。 »