« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

見付かったよ~!!

18日に動物病院から逃げ出してしまったロシアン娘が、本日ようやく発見、保護することができました~!!

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー良かった~!!生きてた~!!_/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ!

見つけた時一番最初にそう思いました。

今日で失踪後10日目になるし、もしかしたら我が家に向かって歩き出してしまっているのではないか?と思っていたので、本当に安心しました。

ロシアン娘が隠れていたのは、動物病院から道路を隔てた向かい側の廃屋でした。

この場所は何度も怪しいと思い、毎日通って、名前を呼んで、唐揚げやマタタビなどの奥の手?とも言える餌の臭いをちらつかせて、探していた場所なのですが、今日の今日まで何の反応もなく、もうこの近くにはいないかもしれないと思っていました。

ここ連日、毎晩探していたのですが、夜ばかりではよく見えないので、昨日からは昼間の捜索に切り替えていました。

昨日は昼間捜索中、動物病院の先生に偶然道ばたで出くわして、もしかしたら太陽の方角から自宅の方角を探り当てて、移動してるかもしれないと聞きました。

一週間以上動物病院の側を探しても見付からなかったので、もしかしたら先生の言うように自分の縄張りがある我が家へ向かって、歩いているのかもしれないと思いました。

でも動物病院から我が家までは5㎏以上の距離があるし、すぐ側には交通量の多い国道や、県道、大きな河もあり、鉄道も通っています。

それらの障害物を乗り越えて家に帰り着くのは、奇蹟に近いと思いました。

もしかしたら、道路で事故に遭っているかもしれない。

そんな危険な事をさせているのだと思うと、ロシアン娘に申し訳が無くて、いたたまれませんでした。

それでも母上がいなくなった場所の側を探すしかないと言うので、今日も探しに出かけました。

でもやっぱり何の収穫もなく、がっかりしつつ帰宅すると、しばらくして動物病院から電話が来ました。

動物病院の向かいの家の人から、ロシアン娘らしき猫がウロウロしていると、連絡が入ったからでした。

向かいの家の人と言えば、先日夜中に捜索していた時、私を不審者として警察に通報しようとした、あの恐いお兄さんの家でした。

…うはぁ…あの家か……(||li`ω゚∞)

正直少し気乗りはしなかったのですが、今回は父上も一緒に探しに行くと言うので、一緒について行くことにしました。

早速電話をくれた動物病院に着いたのですが、そちらは休憩時間で閉まっており、仕方が無くおそるおそるあの恐いお兄さんの家に行きました。

お兄さんは留守でしたが、別の人がいて、その人の許可をもらって、庭に入らせてもらいました。

ロシアン娘の名前を呼ぶと、今までは反応がなかったあの廃屋の中から、にゃ~という鳴き声が聞こえました。

廃屋の中を覗くと、やはり中から声が聞こえてきて、思い切って廃屋の中に入りました。

そこで10日ぶりにロシアン娘と再会しました。

ちょっとメタボだったボディが幾分スリムになってしまって、警戒しているのか、にゃ~にゃ~鳴いたまま、なかなか側まで寄ってきてくれませんでした。

捜索中の猫を見つけたら、大きな声をだして驚かせてはいけない。

ゆっくりと優しく餌を与えて、安心させないといけない、。

猫は探し出すのはもちろん、捕まえるのが大変なので、ここで手を抜いてはいけない。

等々、迷い猫捜索&捕獲の体験談を呼んだことを頭で繰り返しながら、じっとロシアン娘が側まで来てくれるのを待ち続けました。

餌の誘惑には勝てなかったのか、しばらくしてようやくロシアン娘はやって来ました。

私が持ってきた餌に食いつきましたが、まだ警戒しているのか、ちょっとでも物音がすると、びくりとします。

私はひたすらロシアン娘が餌を食べ続けるのを待ち続けました。

ようやく半分以上食べ終え、ほんの少し警戒を緩めたのか、私のかなり側までやって来ました。

ゆっくり背中を撫でても逃げ出さなかったので、優しく抱っこしました。

暴れる様子がなかったので、ようやくチャンス到来!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

傍らに用意した洗濯物ネットに無理矢理押し込め、逃げ出さないように抱きかかえて、車に連れ込みました。(これだけ読むと、誘拐犯みたい…)

ロシアン娘は、うにゃ?!と奇声を上げて、ジタバタし始めましたが、もうここで逃がすわけにはいかんと思ったので、車の中に用意しておいた段ボールの中に洗濯物ネットごと押し込んで、蓋をしました。

本人(本猫?)は、にゃ~にゃ~言って、抗議してましたが、もう文句なんか聞いてる場合ではありませんでした。

そのまま自宅に連れ帰り、庭には放さず、2階の1室に置くことになりました。

現在は相変わらずにゃ~にゃ~言っていますが(うちの猫はあまり鳴かない子なので、これだけ長い時間にゃ~にゃ~鳴くのは、かなり興奮しているのだと思います)、しっぽもぴょんと持ち上がってきたし、スリスリすり寄って来たりするので、一応自宅に帰ってきたと認識しているみたいです。

やっと安眠できる~キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

ご心配をおかけしました皆様、本当にありがとうございました。

おかげさまで娘猫をノラにしないで済みました。

懐いてくれた猫を不幸にしてしまったのでは?と、心苦しい日々を過ごしていましたが、おかげさまでホット胸をなで下ろしております。

ご協力頂き、本当にありがとうございました。<(_ _)>

| | コメント (0)

やっぱり自分はバカだった…

昨日はやっぱり自分はバカだったと再確認する出来事があって、未だにモヤモヤした気分を引きずってます。

昨日職場でここ最近の上司の無責任さにいい加減我慢できなくなって、話し合いをしました。

仕事中、話を持ちかけるのもまずいだろうと思い、わざわざ勤務終了後に話すことにしたのですが、仕事中いろいろ考えていたらますますイライラしてきてしまって、冷静にお願いという形で可愛く?まとめようと思っていたはずが、結局打てども響かないボンクラ上司の態度に我慢できなくなって、最終的にはお説教をすることになってしまいました。

初めは大人しく「はいはい」と言っていたボンクラ上司も、私がガンガン言い立てたので、我慢できなくなったみたいです。

最後は持っていた書類を机にバン!と大きな音を立てて打ち付け、やけくそ気味に「やります!!」と怒鳴りました。

私は全く怯みませんでしたが、周囲のお姉様方が怯えてしまって、同僚に「もういいから、やめよう」と止められました。

私がボンクラ上司に訴えたことは、職場のシフト勤務状況のことについてです。

私は時間給労働者なので、残業になると残業代が発生してしまいます。昨今の影響で、私の職場も残業代にかんして五月蠅くて、勝手に残業をすると怒られてしまうのです。

その為日頃から残業しないようにしてるのですが、私が勤務交代するはずのバイトさん達の手配が付いていないことが多くて、出勤時刻になっても誰も出勤してこず、電話で連絡しようにもボンクラ上司は留守電で繋がらず、仕方が無くバイトさんが出勤してくるまで職場に残るという出来事が何度もありました。

一緒に働いてる先輩方は皆家庭持ちなので、夜遅くまで残ることが出来ません。

結局毎回独り身の私が残るのですが、今までは仕方がないと諦めていました。

バイトさん達は未成年者ばかりなので、学校の都合で、皆出勤できる時刻がバラバラで、誰が勤務交代で出勤してくるかによって、私は職場に残らなければならなくなったり、定時であがれたり、まちまちでした。

その為いつも誰が出勤してくるか、チェックしていました。

所が最近いつも私の知らないところで、バイトさんのシフト交換が行われていて、月間の勤務予定表とは異なる勤務状況が続きました。

バイトさん同士が勤務日を交代するのは構わないのですが、それによって私の勤務時間が延長になったり影響されるので、事前に分かっていることならば教えて欲しいのです。

所が上司は知っていても教えてくれないし、当日の勤務表も直していないので、当然来ると思っていた人が来なかったり、来ないはずの人が来たりという混乱が起こりました。

バイト賛同氏が勝手に勤務日を交換して、起こしてしまったミスならともかく、バイトさん達はみなきちんと上司の了承を得ているというのです。

その為、私はボンクラ上司に、勤務交換が発生したなら、発生したようにシフトを作り替えて欲しい。

延長しなくてはいけないなら、事前に分かってるなら教えて欲しい。

そうお願いしたのです。

実は先週も同じ事があって、結局バイトさんが誰も私の定時では出勤してこないので、2時間残業して帰りました。

この時2時間遅れで出勤してきたバイトさんに話しを聞くと、事前に2時間遅れることは、ボンクラ上司の了解を得ていたというのです。

ボンクラ上司は知っていたくせに、連絡せず、自分は休日でお休みだから、電話も切ってしまってるし、事情を知らない私はバイトさんの抜けた穴を埋めるため、上司の上司に掛け合ったり、最悪の場合は他の部署のバイトさんを回してもらえないかと、頼んだところでした。

特のこの日は特売日の前日で、準備することがあり仕事量が多くて、もう一人出勤してきたバイトさん一人に任せられる仕事じゃなかったのです。

いつも私が退社後の時間は、2人体制で仕事をしており、夜間で、バイトさんはみな女の子。しかも未成年。

お店を2人ならともかく、未成年の女の子一人に任せるなんて、あまりにも非常識だと思うのです。

現に私の職場の他の支所では、強盗事件や、殺人事件もあったし、防犯上でも、危ないとおもうのです。

だから、私は残業はしたくないけれど、お店をバイトさん一人にはさせたくなくて、いつもサービスで残る時もあるし、出勤してくる人がいない時には、進んで残るようにしてました。

こういう思いがあって、ボンクラ上司に訴えたのですが、彼は全く聞き耳を持たなくて、だんだんイライラしてきたので、つい社会人として責任を疑われますよ?といらぬ事を言ってしまいました。

きっとこれで切れたのだと思います。

同僚には、「あなたの立場が悪くなるから、もう言わないで」と言われ、「私の立場なんて、もうとっくに地に落ちてますよ」と返してしまいました。

「もっと自分を大事にして」と諭されてしまいました。

実際、私がこういう発言をすることを、快く思わない先輩方もいるようで、「そんなに怒らなくても良いじゃない」といっていた人もいるそうです。

でもそれは他人事だから言える言葉で、自分だって毎回毎回来るはずの人が来なくて、お店を無人に出来ないし、夜遅くなるけど残らないといけないという状況に追い込まれたら、それでもそんなのんきなこと言っていられるのかと、逆に聞きたいくらいです。

きっと周囲の人達はみんな賢いから、自分に被害さえなければ、裏でこそこそ上司の悪口を言って、憂さ晴らしをしてるだけで、自分はいつも安全なところで、きれい事だけ吠えていたいだけなのです。

こんな私を家族は馬鹿だと言っていました。

やっぱりバカなんだよね~と思います。

私は職場ではこれといった役もないし、昇級試験対象者から外されているし、時給が上がる見込みもないので、今更自分の立場もくそも無いよと言いたくなりました。

現に後輩よりも時給が低いので、頑張っても意味がないのです。

こんな私がそれでも何故今の職場に残っているかというと、うつ病を発症してしまったので、環境を変えることは治療する上で望ましくないからで、あとは病院に通うためにお金がいるし、今の精神状態で、就職活動に耐えられるとは思えないし、そんな諦めとか、惰性の上での毎日なのです。

本当は望ましいあり方ではないんだろうなと思います。

新しい技能を習得したいとか、昇級試験に受かりたいとか、仕事が楽しくて仕方がないなら、そんな気持ちでいられるなら、幸せだろうなと思います。

今の職場で学んだことと言ったら、諦めることとか、自分だけ頑張っても、仕方がないんだなとか、何だかすれた大人になっただけのような気もします。

でも会社勤めなんて、多かれ少なかれ、自分の意に沿わないことが多いし、諦めることも大切な能力だと思うのです。

話はそれましたが、そんなこともあってやっぱり自分はバカだなぁ…と、いまだにモヤモヤしれます。

1/4世紀以上生きてきて、やっぱりバカなんだから、きっとこの先もお利口さんには慣れないだろうと思います。

でも、バカでも良いかな…と思うのです。

自分が愚かだと自覚できるように慣れただけでも、進歩したと思いたいです。

| | コメント (0)

不審者……

1/18に動物病院から逃走してしまったロシアンブルーもどきの変な猫、ロシアン娘ですが、未だに行方が分かりません。

今日は役場、警察署、動物保護センターと、合計5箇所の公的機関に届け出をしました。

役場、警察署、動物保護センターの3箇所で済むはずが、自宅と動物病院それぞれの住所管理区域の公的機関に届けなくてはいけなくなってしまったので、5箇所になってしまいました…(T_T)うぅぅ…

猫はいなくなってもそれほど遠くまで移動しないと、獣医さんから聞いていたので、動物病院周辺の捜索と、ビラ配りをするだけにしようと思っていたのですが…昨夜かな~り凹むことがあって、急遽公的機関にも届け出ることにしました。

そのある事というのは……

動物病院の近所の人から、不審者と勘違いされてしまって、あわや警察沙汰になる寸前になってしまったからでした。(T_T)

「あんたどこの人?うち覗いてるでしょ?」

と、恐いお兄さんに怒られてしまいました。

お兄さんにしてみれば、私は夜中に懐中電灯もって、ウロウロしてる変な奴に見えたみたいです。(でも私からすると、すっごく柄の悪い恐いお兄さんだったので、あえてこのお兄さんの家のポストには、ビラを配っていませんでした)

「…猫を探しているんです…ご迷惑をおかけしてしまって、済みません…」

平謝りに謝って、猫が逃げてしまった事と、探していること、決して不審者では無いと言うことを一生懸命に説明しました。

「不愉快な思いをさせてしまって、本当にごめんなさい」と頭を下げると、やっと納得してくれました。

「懐中電灯持った変な奴がウロウロしてるって近所の人から言われて、今日来てたら警察に通報しようと思っていた」と、お兄さんは言っていました。

危うく不振人物として通報されてしまうところでした…

il||li _| ̄|○ il||liうぅぅ、かなり凹む…

大声あげたり、あまり家をじろじろ見ないようにしようと思っていたのですが、猫が逃げ込んでいそうな所を探していたため、誤解されてしまったみたいです。

あぁ…しばらく捜索するのやめようかなぁ…と思うほど、ガックリ来ました。

この時ばかりは、日頃から接客業をしていて、クレーム処理の経験もあったので、いきなり恐いお兄さんに車越しに声をかけられても、怯まずに済んだことに感謝しました。(やはり、慣れって大切ですね…)

そんなこともあって、万が一通報されてしまっても、猫を探していることを信じてもらうためにも、警察などに届け出を出した方がよいと思い、出すことにしました。

…本当は大げさにしたくなかったんだけどね…(T_T)

叔父の犬G太君も未だ行方不明で、役場や警察、動物保護センターにも届けたけど、5ヵ月たった今でも、1件の連絡もない状態です。

だから、役場に届けても、あまり意味がないかもしれないと思っていたのですが…犯罪者扱いされるよりはマシかもしれないと思いました。

わずか半年の間に、可愛がっていたわんこ2匹と、猫1匹がいなくなってしまったので、何だか気が滅入ってしまいます。

それでもめげそうになりながらも何とかやっていられるのは、手元に残ってくれているわんこ3匹のお陰です。

ロシアン娘が無事に見付かったら、もう避妊手術はしない代わりに、完全な室内飼いにしようと決めました。もしお土産付き(子猫付き)で戻ってしまったなら、子猫も一緒に保護して、里親を見つけるつもりです。見付からなかったら、まとめて面倒見ようと思っています。

せっかくノラ猫から、ご飯をもらえる立場に昇格したのに、人間の都合で車に乗せて遠いところに連れて行ってしまった為に、またノラに戻ってしまうのでは、ロシアン娘に申し訳なくて、彼女がもし戻ってこなかったら、私はもう今後猫は飼わないようにしようと決めました。

それが彼女に対しての償いだと思っています。

国道沿いの大通りに近い病院だったので、事故に遭ってしまったらどうしよう?、ご飯が食べられなくて、餓死してしまったら?と思うと、本当に申し訳なくて、仕方がありません。

無事に帰ってきて欲しい。

ロシアン娘、カムバ~ック!

| | コメント (0)

ガックリ…il||li _| ̄|○ il||li

今日は非常にがっかりすることがあり、へこたれてしまいました。

il||li _| ̄|○ il||li

実はロシアンブルーもどきの変な猫、ロシアン娘を動物病院に連れて行ったのですが…

車から出た途端、逃げられてしまいました……(T_T)

うぅぅ……本日ずっと捜索していたのですが、未だ見付からず……

ロシアン娘~!!カムバァ~ク!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

もうミスダンディにするなんて言わないから、もうお医者さんにはつれてかないから、お願いだから戻ってきて~!!!

||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||…本当、マジで、帰ってきて下さい。お願いします。

…よかれと思っての動物病院だったのですが……本人(本猫?)にとってはとても恐い思いをしただけだったのかもしれません。

うちから遠い場所で、行方不明になってしまうなんて、ショックでしばらく立ち直れないかも……(T_T)

ショックといえば、丁度去年の今頃、大好きだった大叔母を亡くしました。

その大叔母の一周忌が先日おこなわれて、私も手伝いに行きました。

大叔父は大叔母を亡くした時、とても落ち込んでしまって、大丈夫だろうか?と、親族みんなが心配していましたが、何とか元気で過ごすことが出来て、良かったです。

大叔父の楽しみの一つに、猫の世話というのがあって、物置に住みついてしまった猫を可愛がっているのです。

猫が大叔父を立ち直らせたと言えるくらいです。

動物の癒しの力って、大きいよな…

そう思うと、ロシアン娘に本当に可哀想なことをしてしまったと、悔やむばかりです。(T_T)

でもめげずに探して連れて帰ろうと思います。

そして最近来た通知なのですが…

ポケモンのワールドチャンピオンシップ2010(ポケモンの対戦会)の予選に、参加することが決定してしまいました。ι(´Д`υ)アセアセ

いや~、参加賞の銀のイーブイが欲しかっただけなのに…

対人戦の経験ほぼ無いに等しいし(友人と、ポケモンセンターのお姉さんだけだよ…マジで)、ダブルバトルなんて滅多にやらないし、第一ポケモン育成出来てない!(T_T)

こんなんで、良いんでしょうか?

ちょびっと勉強と思って、ネットでダブルバトルの構成の仕方調べてたら、何だかすご~く気合いが入ったメンツそろえた見たこと無い技を駆使した組合せとかあって、何ですか?それ?状態でした。

カイオーガなんて、お目にかかったことないし、トリックルームなんて、技マシンでしか見たことないし。(使ったこと無いよ…)

完全にカモになってしまうと思われますが、取りあえず銀のイーブイ貰いに行ってこようと思います。

そんなこんなで、ここ最近はちょっと参ってます…il||li _| ̄|○ il||li

取りあえずロシアン娘の身柄を保護することが、緊急課題です!

…頼むから、無事に見付かってよ~(T_T)

| | コメント (2)

ホウオウ、捕ったどぉ~!!

腰に手を当てて、胸を反らし、誇らしげに、

「ホウオウ、捕ったどぉ~!!」(byまさるさん)

とは言いませんでしたが、気分的にはそんな感じでした。ヾ(´ε`*)ゝ

ポケモンソウルシルバーで、伝説のポケモン「ホウオウ」を捕まえました~

レベル70のホウオウに対して、こちらはレベル40代でしたが、ヌオーのみなとが頑張ってくれました。(なんか体が丈夫みたいで、せいなるほのおとか、おしおきとか食らっても、ピンピンしてました。うちの子が頑丈なのか?ホウオウが弱かったのか?よく分かりません)

4度目の対戦で、まさかのムーンボールでゲットでした。

レベル70がレベル40代のポケモンに倒されてしまうのもどうかなぁ~?って感じでしたが、モンスターボールも取りあえず手当たり次第というか、適当にいろんな種類のボールを投げてみたところ、月の石で進化するポケモンが捕まえやすいというのがウリのムーンボールでのヒットでした。

…ムーンボール…月の使者って感じ?=セーラームーンですか?

名前も散々迷ったあげく、神様っぽく「あまてらす」にしてみました。

最後まで迷ったのが「ひよちゃん」です。

ホウオウって、なんかニワトリって感じ?やっぱニワトリは「ひよちゃん」だよね!

そう思ったのですが、伝説の冠付いてるし、友人からもらったイーブイの名前が「つくよみ」やら「すさのお」なのに、伝説のポケモンが「ひよちゃん」では、ちょっぴり可愛そうかなぁ?っと思っての名付けでした。

うちのルギアはるきあだしね。対になるポケモンに名前負けしちゃいそうだしね!

そんなこんなで、あまてらすなホウオウでした。

ムーンボールだから、「うさぎ」でも良かったかも?

「月に代わっておしおきよっ」

| | コメント (0)

彼氏発見!!

最近すっかり我が家の猫になりつつある、ロシアンブルーもどきのロシアン娘ですが、何とっ!!

彼氏を発見してしまいました~!!○|_| ̄ =3 ズコー

な…なんて事でしょう!!すでに彼氏が居たとはっ!

気分はすでに年頃の娘を持つお父さん状態。

許さん…うちの娘に手を出そうなど、100万年早いはっ!!凸(`Д´メ)

初めてのご対面が、お付き合い発覚となってしまった、茶トラのなかなかのイケメン猫でした。

あぁ、あの不細工なデブ猫じゃなくて、良かったかも…

ロシアン娘の周辺では、3匹の雄猫がウロウロしてました。

1匹はぱんだ柄の猫。もう1匹が不細工なデブ猫。そして姿を見たことはありませんでしたが、今回彼氏であることが発覚した茶トラの猫でした。

最近夜になるとやたら謎の猛獣?の鳴き声がしてたんだよね…(T_T)

茶トラの猫はどうやらうちの娘猫を巡る男の戦い?で、勝利したようです。(バックミュージックは、♪ケンカをやめて~by竹内まりあって感じ?)

左の耳の後ろが、噛みつかれたのか?傷だらけでした。

…いや~男の戦いをして勝利してくれたのは良いのだけど、うちの娘を嫁に出すわけにはいかないんだよね…

茶トラのイケメンには、「清い交際を求よ!変な病気移さんといて」と、一応言っておきました。(分かってるかどうかは、不明)

モテモテだったらしい?ロシアン娘ですが、今月中にはミスダンディーになることが決定しています。

せっかく男の戦いに勝ったのに、ロシアン娘はお鍋になってしまうんだよね~

と、弟がイケメン猫を可哀想にと言っていました。

家の中で飼えればそんな心配いらないのですが、何分我が家はお犬様屋敷なので、お嬢様犬達が家の中に入ることを許しません。

可哀想だけど、やっぱり避妊手術が必須なんだよね…

猫本人にとって、幸せなのかどうか分からないのですが。

猫仲間と接触して、仲間といる幸せ?を味わう代わりに、病気や怪我、望まない妊娠などのリスクを負うか、家の中の狭い世界で、お姫様みたいに暮らすか。

どっちが良いのかなぁ…と思ったりします。

長生きできる代わりに、刺激のない平凡な生活を送るか、短命だけどスリル溢れる生活を送るか。

なんか人間にも通じそう…

獣医さんに避妊手術の予約の電話をしたところ、飼い猫なのか?野良猫なのか?としつこく聞かれて、ちょっと戸惑いました。

犬だったら、飼い犬か野良犬かなんてきかないと思うのだけど…

(聞かれたこと無いし…)

半分ノラみたいな感じだというと、そう言うのが一番困るという感じの苛立ちを電話口から感じて、無責任な餌やりだけの人になるつもりはないけど、やっぱり今のままだとそうなってしまうのかな…と、少し反省しました。(T_T)

ノラと飼い猫では扱いが違うようで、ノラはいきなり避妊手術してしまうけど、飼い猫の場合はちゃんとワクチン打ったり、段階を得て手術するみたいでした。(もちろんお値段も違って来るみたい…)

少し迷ったあげく、母上にどうするか?と尋ねたところ、幸運の招き猫?かもしれないから、飼い猫でお願いしようと言うことになりました。

…何だか猫を巡る問題の根深さに直面したような気分で、ちょっと疲れました。

そんなわけで、イケメン?猫彼氏には申し訳ないけど、うちの娘猫はミスダンディーになります。

イケメン君もタマタマを取ってしまえば、うちの娘猫との交際を考えてあげても良いんだけどねぇ…(さすがに無理だけど)

| | コメント (0)

G太君を捜して。その後のその後。

昨年の9/3に居なくなってしまった、叔父の犬G太君を未だに探し続けています。

先日母からG太君らしき動物の遺体が、叔父の家のすぐ近くで見付かったと連絡が来て、慌てて現場に駆けつけました。

その日は奇しくも私の誕生日で、こんな日にG太君が遺体で見付かるなんて事があって良いものかと、思いました。

あぁ。人生最悪の誕生日になってしまうかもしれない。(T_T)

そう思いながら、叔父の家へと急ぎました。

叔父の家では、母がスコップで庭に穴を掘っていました。

もしその動物の遺体がG太君なら、この椿の木の下に埋めてあげようと、父が言っていたそうです。

何だかその光景を見ていたら、現実味を帯びていて、何とも言えない気分になりました。

大きなスコップを片手に、叔父の隣の家の人が見つけたという、犬らしい大きな動物の遺体があった場所へ歩いていきました。

叔父の家の隣は大きな道路の工事中で、周囲は空き地になっており、ガサ藪になっていました。

母が隣の人に教えてもらったというガサ藪につくと、藪の中をかき分けて、G太君を捜しました。

見たくないという気持ちもあったけれど、居なくなってもう半年、遺体があるなら、きちんと引き取って、供養してやらないといけないと思っていました。

しばらくガサ藪を探していると、母が私を呼ぶ声が聞こえました。

いそいでその場所に行くと、大きな鳥か?それとも猫か?というような動物の遺体がありました。

でもどうみても犬にしては小さすぎるし、第一G太君は白い犬だったのに、動物の毛は焦げ茶色だったのです。

まさかこの遺体ではないだろうとまたガサ藪を探したのですが、他にはそれらしき物は見付かりませんでした。

仕方が無く、母が隣の家の人に再度確認をしに言ったところ、どうやらこの鳥か猫の遺体と思われるものを、G太君だと思ったようでした。

il||li _| ̄|○ il||li…いい加減にしてくれよ…

母は、G太君で無くて良かったと言いますが、私は怒りで悔しいのと、腹立たしいので、ぶち切れました。

「いい加減にしてくれよ!何度隣の人の誤情報に振り回されたと思って居るんだ!あの人は近所でも嘘つきだって評判の人だぞ!あんな人の言う話しなんか、もう二度と信じるんじゃない!!」

そう母を怒鳴りつけました。

実はこの叔父の隣の家の人というのは、近所でも嘘つきと言われてる人で、G太君失踪当時から、何度も家の隣に白い犬がいたとか、近所の農道をフラフラしながら歩いていたとか、挙げ句の果ては犬の死体があったなんて教えに来て、その度にその話しを真に受けて夜中に懐中電灯を持って探したり、ビラを貼ったり、何ヶ月も探し歩いたりしてきたのです。

でも今回の動物の遺体を見て、はっきりとあの話しは全て嘘だったかもしれないと思いました。

なぜならG太君は真っ白い毛の犬で、身体も中型犬にしては大きく、あの焦げ茶色の小さな動物の遺体と間違うことは、あり得ないからです。

隣の家の人だから、G太君が白い犬だと知っていると信じていたのに、いままで隣家の人が見たと言ってきたもの全てが、信じられなくなりました。

母はそれでも親切に教えてくれてると今でも思っているようですが、私も父も、弟も、もう誰も信じません。

弟はついに母にはG太君は諦めろと諭していましたが、母は全く諦める気はないようです。

私は諦めろとは言わないけれど、もうあの隣家の人の話だけは信じるなときつく言っておきました。

最初からおかしいと思っていたのです。

G太君が居なくなってから、G太君を見たのは、近所を探しても隣の家の人だけ。

周辺の商業施設にビラも貼ったし、役場警察、動物保護センターにも届け出て、タウン誌にも載せてもらいました。

それでも何の情報も無いのです。

本当はもうG太君はいなくて、隣の家の人に危害を加えられて、土に埋められてしまったのではないか?

そんな疑念がわき起こってきて、たまりません。

G太君はよく脱走をする子で、いつも隣の家の猫を追いかけて、隣の家の庭に入り込んでいました。

もしかしたら、飼い猫を追い回す姿にカッとなってしまったのではないか?

見付からないように処分したが、私たちがいつまでたっても諦めず、G太君を捜しているから、わざと諦めさせようとして、偽の情報を流してきているのではないか?

そんな疑念がわき起こります。

わざわざG太君の話を持ちかけてくるのは、私の母や父が叔父の家に行った時だけで、家にいるはずの叔父には何一つ教えないのです。

あまりにも不自然な隣家の人の行動に、怒りがわいてきました。

たとえ親切だったにしても、真剣に探してる人をいたずらに振り回して、バカにしてるとしか思えません。

せっかくの誕生日に、母と言い争いの大げんかをして、気分は最悪でしたが、母の言うように冷静に考えればG太君が死んでしまったわけではないのだから、良かったのかもしれません。

いつかG太君が見付かる日が来るのでしょうか?

祖父の忘れ形見だっただけに、母は諦められない様子だし、私も投げ出すつもりはないけれど、ずっと当てもなく探すのにも疲れました。

元気にしていてくれればそれで良いのですが。

| | コメント (0)

モフモフしたい。

日付が変わってしまいましたが、昨日は友人とポケモンセンターの初売りに出かけてきました。

ポケモンセンター東京と横浜の2店舗をハシゴするという…新年早々強行軍でした。(お疲れ様でしたよ~

誕生日が近いと言うこともあって、ちびっ子に紛れてお誕生日プレゼントを頂きに上がったのですが……なんて言うか…完全に保護者扱いで、お店の人にはかなりどん引きされました○|_| ̄ =3 ズコー

でも何とかお誕生日プレゼントの波乗りピカチュー&ヒトカゲをゲットしてきました。

その他にも殿堂入り記念カードとか、友人からラティオスをお借りして、クリアファイルもらったりとか、期間限定グッズを多数頂くことが出来て、ホクホクしました。

ポケモンセンター東京では、お店のお姉さんと誕生日バトルをしてもらったのですが…(これもちびっ子に紛れてですのよ…いつの間にか順番待ちのちびっ子や、その保護者の方々でギャラリーが増えてしまって、いい歳こいた大きなお友達の私としては、ある意味ものすごい羞恥プレイならぬ羞恥バトルでした)

バトルは初めてです。とはっきりお姉さんに言っておいたのに、お姉さんは新年早々たくさんのお友達とバトルしすぎてお疲れだったのか、全くもってこれっぽちも容赦ない戦いをしてくれました。

うわ~いや~な予感~

なんて言うか、バトルのルールもイマイチ分かってなかった私に対して、お姉さんは実況中継しながら、手加減なしのがちバトルをしてくれました。

お姉さんが対戦用ポケモンの選択に時間をかけていたので、てっきり初心者向けの可愛いポケモンを選んでくれてるんだと思っていたら、いきなりギャラドス、アブソル、リザードンでした。

…えぇ、こっちは対戦用ポケモンはまだ育成してないんですけどぉ…マジですか?

取りあえず手持ちの中でもレベルの高いポケモンを選択していたのですが、なにぶんレベル50に到達していたのはクロバットだけだったので、先鋒のハクリューは一番の大技を使ってみたところ、これがお姉さんを刺激したのか、その後は容赦ない技の応酬でした。

…初めてですって言ったのに、容赦なかったねぇ…

ギャラリーの友人にもそう言わしめた強いお姉さんでした。

次回(はあるのか?)は対人バトル専用に特化したポケモンを育成して、お姉さんに勝つ!!(と、言うくらいの意気込みで、育てようと思います)

そしてその友人からは、とても可愛いプレゼントを頂きました。

F1040319 イーブイの等身大ぬいぐるみと、ちっこいイーブイです。(あとクリスマスチコリータ)

イーブイの等身大ぬいぐるみは、超人気商品らしくて、発売即日完売になったようなのです。

そんな激可愛いイーブイを、友人がわざわざ見つけてきてくれました。

_/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ!ありがと~♪

F1040321 F1040322

あぁ~モフモフしたい~

このしっぽ、キタキツネみたいで、たまらん~♪

この可愛いイーブイなのですが、ヤフオク覗いたら、ゲフッヾ(.;.;゚Д゚)ノとなりそうなお値段が付いていて、ちょっとビビリました。

あぁ、こんな貴重なモフモフ出来る子を頂いてしまい、本当にありがとう~の一言に尽きます。

家宝にするしかないかも…

| | コメント (0)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年も無事明けました。
今年の年越しはカウントダウンもなく、毎年恒例のダウンタウンの笑ってはいけない24時、をまったり見ている間に年越ししていました
まったくムードの欠片もない年越しでした。
でも毎日はこんなありきたりな日常の繰り返しなんですよね〜
特別じゃなくても、ありきたりな日常を過ごせる事は有り難いと思うのは、うつになって普通の落ち着いた日々を過ごせる事が出来ない時間があったからだと思います。
日常生活って有り難い。
本日はポケセンの初売りに行こうと、現在車上の人です。
お正月ですが、満員電車です。
サービス業は盆暮れ正月関係ないから、駅員さんも大変だよなぁ〜(ちなみに私もサービス業ですよ)
ポケセンで素敵なアイテムを、是非ともゲットして来ます!

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »