« やっぱり自分はバカだった… | トップページ | 生き物係。 »

見付かったよ~!!

18日に動物病院から逃げ出してしまったロシアン娘が、本日ようやく発見、保護することができました~!!

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー良かった~!!生きてた~!!_/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ!

見つけた時一番最初にそう思いました。

今日で失踪後10日目になるし、もしかしたら我が家に向かって歩き出してしまっているのではないか?と思っていたので、本当に安心しました。

ロシアン娘が隠れていたのは、動物病院から道路を隔てた向かい側の廃屋でした。

この場所は何度も怪しいと思い、毎日通って、名前を呼んで、唐揚げやマタタビなどの奥の手?とも言える餌の臭いをちらつかせて、探していた場所なのですが、今日の今日まで何の反応もなく、もうこの近くにはいないかもしれないと思っていました。

ここ連日、毎晩探していたのですが、夜ばかりではよく見えないので、昨日からは昼間の捜索に切り替えていました。

昨日は昼間捜索中、動物病院の先生に偶然道ばたで出くわして、もしかしたら太陽の方角から自宅の方角を探り当てて、移動してるかもしれないと聞きました。

一週間以上動物病院の側を探しても見付からなかったので、もしかしたら先生の言うように自分の縄張りがある我が家へ向かって、歩いているのかもしれないと思いました。

でも動物病院から我が家までは5㎏以上の距離があるし、すぐ側には交通量の多い国道や、県道、大きな河もあり、鉄道も通っています。

それらの障害物を乗り越えて家に帰り着くのは、奇蹟に近いと思いました。

もしかしたら、道路で事故に遭っているかもしれない。

そんな危険な事をさせているのだと思うと、ロシアン娘に申し訳が無くて、いたたまれませんでした。

それでも母上がいなくなった場所の側を探すしかないと言うので、今日も探しに出かけました。

でもやっぱり何の収穫もなく、がっかりしつつ帰宅すると、しばらくして動物病院から電話が来ました。

動物病院の向かいの家の人から、ロシアン娘らしき猫がウロウロしていると、連絡が入ったからでした。

向かいの家の人と言えば、先日夜中に捜索していた時、私を不審者として警察に通報しようとした、あの恐いお兄さんの家でした。

…うはぁ…あの家か……(||li`ω゚∞)

正直少し気乗りはしなかったのですが、今回は父上も一緒に探しに行くと言うので、一緒について行くことにしました。

早速電話をくれた動物病院に着いたのですが、そちらは休憩時間で閉まっており、仕方が無くおそるおそるあの恐いお兄さんの家に行きました。

お兄さんは留守でしたが、別の人がいて、その人の許可をもらって、庭に入らせてもらいました。

ロシアン娘の名前を呼ぶと、今までは反応がなかったあの廃屋の中から、にゃ~という鳴き声が聞こえました。

廃屋の中を覗くと、やはり中から声が聞こえてきて、思い切って廃屋の中に入りました。

そこで10日ぶりにロシアン娘と再会しました。

ちょっとメタボだったボディが幾分スリムになってしまって、警戒しているのか、にゃ~にゃ~鳴いたまま、なかなか側まで寄ってきてくれませんでした。

捜索中の猫を見つけたら、大きな声をだして驚かせてはいけない。

ゆっくりと優しく餌を与えて、安心させないといけない、。

猫は探し出すのはもちろん、捕まえるのが大変なので、ここで手を抜いてはいけない。

等々、迷い猫捜索&捕獲の体験談を呼んだことを頭で繰り返しながら、じっとロシアン娘が側まで来てくれるのを待ち続けました。

餌の誘惑には勝てなかったのか、しばらくしてようやくロシアン娘はやって来ました。

私が持ってきた餌に食いつきましたが、まだ警戒しているのか、ちょっとでも物音がすると、びくりとします。

私はひたすらロシアン娘が餌を食べ続けるのを待ち続けました。

ようやく半分以上食べ終え、ほんの少し警戒を緩めたのか、私のかなり側までやって来ました。

ゆっくり背中を撫でても逃げ出さなかったので、優しく抱っこしました。

暴れる様子がなかったので、ようやくチャンス到来!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

傍らに用意した洗濯物ネットに無理矢理押し込め、逃げ出さないように抱きかかえて、車に連れ込みました。(これだけ読むと、誘拐犯みたい…)

ロシアン娘は、うにゃ?!と奇声を上げて、ジタバタし始めましたが、もうここで逃がすわけにはいかんと思ったので、車の中に用意しておいた段ボールの中に洗濯物ネットごと押し込んで、蓋をしました。

本人(本猫?)は、にゃ~にゃ~言って、抗議してましたが、もう文句なんか聞いてる場合ではありませんでした。

そのまま自宅に連れ帰り、庭には放さず、2階の1室に置くことになりました。

現在は相変わらずにゃ~にゃ~言っていますが(うちの猫はあまり鳴かない子なので、これだけ長い時間にゃ~にゃ~鳴くのは、かなり興奮しているのだと思います)、しっぽもぴょんと持ち上がってきたし、スリスリすり寄って来たりするので、一応自宅に帰ってきたと認識しているみたいです。

やっと安眠できる~キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

ご心配をおかけしました皆様、本当にありがとうございました。

おかげさまで娘猫をノラにしないで済みました。

懐いてくれた猫を不幸にしてしまったのでは?と、心苦しい日々を過ごしていましたが、おかげさまでホット胸をなで下ろしております。

ご協力頂き、本当にありがとうございました。<(_ _)>

|

« やっぱり自分はバカだった… | トップページ | 生き物係。 »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり自分はバカだった… | トップページ | 生き物係。 »