« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

幸せになってね!

今日は小学校時代からの友人の結婚式です。

お互い微妙な年代で、悩むことも迷うこともたくさんあったと思うけれど、これから先の未来を共に出来るパートナーが見付かって、本当に良かったと思います。

人は一人だと言うけれど、やっぱりお互い支え合う存在がいれば、きっといろんな事を乗り越えていけると思います。

そういう相手を見つけられるって、凄いことだと思うよ。

どうかこれからも、これまで以上に幸せになってね!

それでもって、たまには独身貴族の私とも、付き合って貰えるとうれしいです。

私はもうしばらくわんこやにゃんこのお世話に奔走すると思います。

自分の病気と向き合うことで、答えが見付かるような気がしているので、いつか答えが見付かったら、人生の相棒を捜せるような気がするよ。

思い出に残る良い結婚式であることを祈ってます。

 ご結婚、おめでとう!!

| | コメント (0)

ひとりぼっちの金魚。

今日は仕事中、久々に気持ちが落ちてしまって、少々辛かったです。

普段私がしている仕事を後輩がやることになったのですが、その後輩の嬉しそうな様子と、絶えず聞こえてくるはしゃぎ声に何だか苛立ちを覚えて、つまらないことが引っかかる己の心の狭さに何だか惨めな気持ちになりました。

ついつい近くにいた姉御に、「後輩はあんなに嬉しそうだけど、私には喜びがない。仕事にやりがいを感じないし、自分がいなくても世界は回るし、必要とされている人がうらやましい。何かに熱中できる人がうらやましいです」とこぼしてしまいました。

姉御は、「誰だってそうだよ。でも自分でモチベーションをあげて、何とかやっているんだよ。仕事をするのは生活していく上で必要なことだから」と言いました。

姉御の言葉に、仕事にやりがいを求めては駄目だったのだと改めて思いつつも、それでもやりたかった仕事をすることが出来て喜ぶ後輩をみていると、何とも言えない後味の悪さが残りました。

ここ最近体調はイマイチで、朝目が覚めた側から疲労感を感じるし、疲れが抜けないからか?連日10時間近く寝ています。

ペットロスが尾を引いてるのか?

もしかしたら自覚している以上に、疲弊しているのかもしれません。

たぶん職場での些細なことに気持ちがぐらつくのは、そのせいなのかもしれません。

心療内科の通院ペースも、ペットロスと言われてから3週間が2週間になってしまって、無理が出来ないのかな?とも思います。

カウンセリングも認知療法を教わっているのですが、ここの所少し脱線気味で、子供の頃辛かった出来事を思い出すようになりました。

カウンセラーさんには、もしかしたら社会不安障害だったのではないか?と聞かれたのですが、もしかしたらそうなのかもしれません。

カウンセリングを受けていて、思い出したことは、子供の頃常にこうでなければいけない自分と、そうなれない自分がいて、いつも駄目な自分を卑下していたと言うことです。

それは今も消えないのですが…

小学校四年生の頃、担任の先生が言っていた言葉で、忘れられないものがあります。

それは1匹だけ群れからはぐれてる金魚は、駄目な金魚だと言うものです。

金魚のような群れを作る小魚は、群れから外れているものはカタワで、不完全なものだという意味です。

当時父に連れて行って貰った金魚の釣り堀で、群れからはぐれて力なく隅っこを泳いでいた弱々しい金魚を思い浮かべていました。

でも本当はそれだけではなくて、先生はこうも言いました。

腐ったみかんは、他のみかんも駄目にすると。

子供だった私にも何となく先生が何を言いたかったのか、分かりました。

当時から集団にとけ込むことが出来ず、特定の友達としか話すことも出来なかった私は、先生が言うところの群れからはぐれた金魚だったのです。

人間は集団で社会生活を送る生き物だから、その人の輪に入れない人間はカタワで、人間としてどこか欠陥がある。

先生がそうはっきりと言葉にしたかどうかまでは分からないのですが、このころから私は自分がどこか人間として大切な何かが欠けていて、だから集団にとけ込めないのだと思うようになりました。

小学校五年生になると、クラスのリーダー的な存在の同級生に、「何故みんなと仲良くできないの?」と責められて、いっそう私は自分が悪いのだと思うようになりました。

中学に上がり、担任の教師のいじめの的になった時も、「何故みんなと仲良くできない?」という言葉を繰り返されるたびに、みんなと仲良くしなければならない、でも臆病な自分には出来ない。その葛藤の繰り返しで、集団にとけ込めない自分は欠陥があるのだと、そう思っていました。

高校生になっても私が周囲ととけ込む事はなく、誰とでも気軽に会話をして、友達の多い同級生がうらやましくて仕方がありませんでした。

自分に無理をして集団に入ろうともしましたが、やっぱり辛くて、いつも自分の殻に逃げ込んでしまうのです。

こんな私が何とか駄目な自分と折り合いを付けられるようになったのは、その当時知った外向型と内向型という性格の違いと、内向型でも良いのだと言うことを知ったからでした。

世間一般にもてはやされる外向型の人間には生まれなかったけれど、内向型だって大切な個性の一つで、それはそれでよいのだと、気が付くまで10年以上かかりました。

自分の性格は仕方がないと分かっても、それでも今も「何故みんなと仲良く出来ないの?」という言葉と、集団にとけ込めない人間は、欠陥があるのだという言葉が消えなくて、今でも時々無性にどうにもならない虚しさを感じてしまうのです。

子供の頃の記憶との対峙は、避けられないものなのかもしれません。

次回通院日には、担当医師に社会不安障害についても、尋ねてみようかと、そう思っています。

| | コメント (0)

ロシアン娘(猫)の話し。

獣医さんで避妊手術を受けさせるための検査をしに行くはずが、車を降りた途端脱走し、10日間潜伏?の後、無事保護された我が家のロシアン娘ですが、現在はだいぶ落ち着いてきました。

元ノラとは思えないほど、お座敷猫になっています。

普通ノラだったことを思うと、外に出たいと思うのですが、余程10日間の潜伏生活が辛かったのか?現在は室内でぬくぬくしています。

結局手術も頓挫して、完全室内飼いと言うことになったのですが、猫を飼ったことがなかった為、いろいろと戸惑うことばかりでした。

我が家は根っからの犬きち一家?で、現在も3匹のお犬様がおり、来月辺りにニューフェースが参入する予定です。

犬のことは理解できるのですが、猫はまるっきり分からないと言うのが正直なところです。

ついつい犬と比べてしまって、犬はこんな事しても怒らないのに、猫は駄目だなぁ…と思ったり、物事一つ教えるにしても犬はすぐ覚えるけど、猫はそもそも覚える気がないよね、とか、犬は私のご機嫌を伺ってくるのに、猫は私が猫のご機嫌を伺うしかないのね?!等々。

やっぱり私は基本的に犬派で、犬が好きなんだなぁ~と再確認しつつも、猫自体はともかく、うちのこのロシアン娘は猫だけど、やっぱり別格で、他の猫は飼う気がしないけど、この猫娘だけはやっぱり手放せないな~とか思います。

犬好きには変わりないけど、ロシアン娘と出会ったことで、今まで猫に抱いていた気持ちがだいぶ変化しました。

猫は基本的に私には寄ってこないし、つんけんしていて、猫が好きな人の気持ちって分からないと思っていました。

でも何となく猫という動物は、基本的につんでれ嬢で、誰でも愛想を振りまくわけではなく、気に入った人間にだけ懐く生き物で、懐かれないと可愛くなくても、懐かれるとこの上なく可愛い奴なのだと分かりました。

きっと猫の好きな人は、猫に懐かれてるんだろうな~と思います。

私の人生の中で、懐いてくれた猫は思い出しても5匹だけで、一度目は小学生の時。近所の公園に住んでた野良猫。二度目は祖母の家の裏の飼い猫。三回目はうちに入り込んできた野良猫。四回目は友人の家の子猫。そして5度目が我が家の娘猫です。

犬ならばたいていのわんこと仲良くなれる自信があるのですが、猫だけはからっきし駄目でした。

ロシアン娘がいる今でも、たぶん他の猫は我が家のお犬様の臭いがするので、寄ってこないと思います。

そう思うと、何を間違って犬屋敷の住人である私の所に居着いてしまったのか?

ロシアン娘は相当変な奴だと思います。

そのロシアン娘の姿を目撃するようになったのは、今から半年ほど前、叔父の犬G太君が行方不明になってしまった昨年の9月頃のことでした。

当初、寝たきり老犬だったハスキーミックスちゃんの側を、目を丸くしてじっと近くで姿を覗きこむ変な子猫がいるらしいと、両親が話していました。

その時は噂には聞けども、姿は見えずで、結局私がまともに姿を見ることが出来るようになったのは、それから数ヶ月先のことでした。

猫と言えば犬を避けるものだと思っていたのですが、自分から犬に近寄り、さらに犬の餌を盗み食いするという荒技をやってのけたので、私もこの変な猫が気になって仕方がありませんでした。

猫をみると追いかけずにいられなかった筈の柴ミックスちゃんが、珍しくロシアン娘に対しては敵意を見せず、むしろ自分の餌を分け与えているのかと思うような感じでした。

そのうち慣れてくると、当たり前のように犬の餌場の近くに陣取り、餌がもらえるまでにゃ~にゃ~鳴いて催促するようになりました。

ロシアン娘が何故犬を怖がらないのか?

おそらく犬は恐いものだと、母親から教わらなかったのではないか?と思います。

推測でしかないのですが、生まれて早い段階で、親兄弟から離れて暮らしていたのではないかと思うのです。

本来なら兄弟同士でじゃれ合うことで覚える甘噛みが出来なくて、私は3度本気で噛みつかれて、流血事件になりました。

初めは私だけに噛みついていたのが、母上にも噛みつくようになり、ロシアン娘は、母上に思いっきり怒られました。

お陰で本気で噛みつく事はなくなったのですが…

今度は母上に怯えてしまって、母上が近づくと物陰に隠れてしまって、出てこなくなってしまいました。_ノフ○ グッタリ

母にしてみれば最初が肝心と、犬をしつけた時と同じ感覚で怒鳴り、蹴飛ばしたようなのですが…

猫にはそのしかり方では理解できなかったようです。

噛むのは悪いことだと理解したようなのですが、同時に母は恐い人だと思ってしまったみたいで、何だか困ってしまいました。(;´д`)トホホ…

私があれやこれや、霧吹きで水をかけてみたり、友人に教わった鼻ピンをやろうとして、逃げられたり、とにかくロシアン娘に嫌われずに、しつけようと思っていた矢先のことだったので、何だかなぁ…と言う気持ちです。

母上に怒られてから1週間程たつのですが、相変わらず母の姿を見つけると隠れてしまうので、また元のように母に懐くまで時間がかかるかもしれません。

出来れば家族全員に懐いてくれればよいのだけど…(現在懐いてるのは、私だけかも…(T_T)

| | コメント (0)

銀のイーブイ、貰ったどぉ~!

銀のイーブイを頂いてきました~!

昨日、WCS(ポケモンチャンピオンシップス2010)に参加してきまして、参加賞の銀のイーブイを貰ってきました。

F1040343 銀というか、ちょっと白っぽいけど、可愛い男の子です。

銀髪と言うことで、名前を変えられるなら、かかしにしたいところ。

車で1時間かけて、貰ってきたかいがあります。

そしてWCSの試合はと言うと、やっぱりというか当然というか、1回戦で負けてしまいました。(^_^;)

だって相手のメンバーが、ものすっごく重量級で、伝説のポケモン2体もいるし、準伝説クラスが1体、ラスボス級が1体ですよ~

えぇ~そりゃ伝説のポケモンも条件付きで試合に出場出来るようにはなったけど、ちびっ子ならともかく、大人ならあえてスルーしたいじゃないですか。(アマチュアの試合にプロが出るようなもんだし)

なんてポリシーでいたので、あえて伝説のポケモンは育成してなかったんですが…やっぱり痛かったです。

ギラティナとパルキアのコンビはめちゃめちゃ痛かったです。

(私なんて、ルカリオとカイリューだよ。頑張って一応育てたけど、対戦レベルの強さには届かなかったよ~)

母上に連日ポケモンをピコピコしていたので、「それだけするからには勝ってこい」と言われていたのですが…(決して激励の言葉ではなく、半分嫌みでしたね~いい歳こいてと思っているようです)

やっぱし勝てなかったんだよ~ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

その後友人ともバトルしたのですが、やっぱり負けてしまいました。

くそう、ギャラドスめ!私のルカリオに火炎放射するなんて、お魚のくせにけしからん!!(正確には魚じゃないけどね…)

次回こそ勝つ!(と言いつつ、友人にいつも倒されてしまう私のルカリオ。本当は強い子なんだよ!)

あと悔しいので、私も火炎放射機能付きのギャラドス育てようかな~とか思いました。

今回正直言ってまるっきり育成に時間がかけられなくて、いっそのことプラチナからメンバーを移籍した方が良かったかもしれないのですが、次回WCSに出る時には(参加賞にもよるけど)今から強い子を育てておこうと思います。

それと、ポケモンレンジャー光の軌跡ですが、やっぱり予約してしまいました。(^_^;)

だってシェイミがもらえるんですよ~デオキシスも、ヒードランも。

ちょっと美味しすぎるメンバーですよ。

そんなわけで、急きょアマゾンで予約してしまいました。

ポケモンレンジャー 光の軌跡 Video Games ポケモンレンジャー 光の軌跡

販売元:任天堂
発売日:2010/03/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

デオキシス捕獲の際にはよろしくね!

| | コメント (0)

もしかして、HAGE?

HAGEかもしれない…

そう思い始めたのは、ここ数日のこと。

HAGEとは、はげ。そうです、頭のハゲです。

もしかして、ハゲかもしれない~!円形脱毛症?!il||li _| ̄|○ il||li

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

鏡で後頭部を確認したところ、やっぱりなにやら毛が薄くなっているような…

( ̄Д ̄;;…やっぱり、ハゲかもしれない。

手触りが違うんですよ。そこだけ長い毛がなくて、短い髭を触っている感じで。

つむじのすぐ側なので、ハゲっぽく見えないのですが。(T_T)

ハゲるかもしれない…とは、うすうす感じてはいたのですが…

去年の暮れ頃、丁度ハスキーミックスちゃんの介護が一番大変だった頃から、頭皮が気になりだして、無意識に頭を掻きむしっていました。

寝ている時にも掻いていたみたいで、朝起きると爪の中が血だらけだったり、大きなかさぶたがボロボロ取れたり、頭皮が傷だらけでヒリヒリしたり、我ながら止めればいいのにな…と思いながらも、頭皮を掻きむしると気持ちが落ち着くので、止められませんでした。

それでも頭皮の傷が治ってくると、一時的に治まるのですが、またすぐ掻きむしり出すという悪循環の繰り返しでした。(いまだにやってますが…)

ハスキーミックスちゃんが天国に旅立ち、凹む間もなく今度はロシアン娘(猫)が行方不明になってしまって、自分の不注意を激しく後悔しました。

ロシアン娘の捜索中、職場ではボンクラ上司とぶつかるし、何だか凹む事ばかりで、それでも自分のメンタル面が落ちないでいてくれたことだけが救いでした。

そのロシアン娘も無事見付かり、ボンクラ上司とも何とか普通に対話出来るようになり、やっと少しホッとしたのですが…

ここ最近たまっていた疲れがどっと出ているなぁ…とは思っていたのですが、同時に抜け毛も何だか増えたなぁ…と思っていました。

抜け毛の正体がまさかHAGEだったとは!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

まだ断定は出来ませんが、思い当たること有りすぎなので、たぶんHAGE何だろうなぁ…と思います。

この時ばかりは、自分の剛毛と毛深さに感謝かもしれません。

毛が多いので、十分隠せるし(バーコードにはなりませんよ~)そのうち毛が伸びるかもしれないし。

うつ発症から間もなく2年がたつのですが、病状はだいぶ改善してきたと思っていました。

でもやっぱりまだまだなのかもしれません。

心に出ない代わりに、ばっちり体に出ています。(HAGEの他に、過敏性腸炎のせいで、お腹ぴ~ちゃんな毎日です)

うつ病なめんなよ!HAGE上等!(と、己にメンチ入れてみたりして)

…リアップか…

| | コメント (2)

フリーザー、獲ったどぉ~!!

WCS(ワールドチャンピオンシップス2010。ポケモンのバトル大会の事です)が近いと言うこともあって、連日地味にコツコツとポケモンの育成に励んでおります。

育成がてらちゃんとシナリオもクリアせねばと思い、今回はふたごじまの探索をしていました。

そしたら地下の奥深くに、まさかのフリーザーがいるではありませんか~

フリーザーって、ドラゴンボールのフリーザじゃないですよ。(あっちはちょっとお姉系)

ポケモンで言うフリーザーって言ったら、伝説の鳥ポケモン(こおり系)ですよ。

こおり系だからフリーザー(冷凍庫?)かどうかは別として、今回ポケモン捕獲部隊ではなかったのですが、急きょフリーザー捕獲を試みることになりました。

しかし、やっぱり捕獲用員のポケモンが手持ちにいないので、非常に捕獲は難航しました。

チャレンジすること6回以上。3日間の攻防戦の末、ようやく捕獲しました。

フリーザーのレベルは50で、私の手持ちポケモンよりもレベルが低い為、ちょっと手を抜くと倒してしまうのです。

生け捕りじゃなきゃ意味がないんじゃ~とばかりに、ボコられるだけボコられつつ、ひたすらボールを投げ続けたのですが…

何回投げても、はじかれるのですよ~(T_T)

スイクンの捕獲にも手間取りましたが、それ以上でした。

延々とボールを投げ続け、最後にはわるあがきされて、自滅され、仕方なくリセットするの繰り返し。

いい加減無理かもしれないと言う気持ちになってきて、これは一度地上に出てメンバーを入れ替えるかと思ったのですが、よおやく昨夜捕まえることが出来ました。(>_<)

フリーザー、獲ったどぉ~!!

今回はスピードボールでのゲットでした。

フリーザーの次は何を捕獲しようかな?と思いつつも、取りあえずWCS用のポケモン育てないとなぁ…と思っています。

…伝説系、育ててないんだよね~(と、やっぱり伝説系も手持ちに入れといた方が良かったのか?と、ちょっぴり思ったりして)

| | コメント (0)

マチルダさぁ~ん!!

ロシアン娘失踪事件?から2週間ほどたって、ようやく少し復活してきました。

猫娘を捜し歩いた10日間は、猫娘本人もきつかったと思うのですが、私自身も相当ダメージを受けていたみたいで、ここ2週間ほど、全身の倦怠感と過眠状態が続いてしまって、お腹もゆるみっぱなしだし、かなり参りまくっていました。_ノフ○ グッタリ

相変わらず倦怠感は続いていますが、ほんの少しづつ出来ることも増えてきました。

うつの一番酷かった頃を思うと、今はだいぶ自分の意志で体を動かせるようになってきたし、やっぱり病気のせいだったのだな…と、実感できます。

前置きが長くなってしまいましたが、そんな毎日を過ごしてます。

ポケモンの方は、もうすぐWCSだと言うのに、あまり育成が進んでいないのが痛いのですが…(;;;´Д`)ゝ

先日コンビニでこんな物を見つけました。

F1040339 ガンダム(ファースト)チロルチョコですよ~

ジオン軍と連邦軍でチョコの味も違うという手の込みよう!

ファーストガンダムで浮かれる辺り、年代がばれそうで恐いですが、気が付くとチョイスしたキャラクターが連邦軍よりだったせいで、味が偏ってしまったのはちょっと痛かったです。(;´▽`A``

それは置いておいて、何故ガンダムチロルチョコかというと、それは私の思い出に残る薄幸の美女がそこにいたからなのですよ~

F1040340 「マチルダさ~ん!!」Byアムロ

戦場散る赤い薔薇って感じ?ガンダム至上歴代ベスト10には入るだろうかと思われる、薄幸の美女マチルダさんです。(ファーストだとララァとかもですね。ちなみにシャアの隣にいます)

F1040341 こちらが私のヒードラン(女の子)のまちるださんです。

何が言いたいかと言えば、この子のモデルはマチルダさんなんだよぉ!!と言うことを、チロルチョコ見つけて叫びたくなってしまった…と、ただそれだけなんです。

山もなければ落ちもない話しでしたが、そんな感じで何とか毎日過ごしてます。

| | コメント (0)

生き物係。

おかげさまで、無事帰還を果たしたロシアンブルーもどきの変な猫、ロシアン娘ですが、だいぶ落ち着いてきました。

離れの2階の6畳間に1匹でいるのですが、かなり快適らしく?くつろいだ様子です。

もらってきたバザーの売れ残りの掛け布団とか、座布団、ソファーカバーをどぉ~んと引き詰めて、これでどうだ!好きなだけモフモフしたまえ!と言ったところ、それなりに気に入ったようで、寝床にしてるようです。

今ではお腹を出してごろごろしてるので、たぶん安心したのかな?と思います。

ずっと外猫暮らしでしたが、ノラだったはずが、我が家で餌をもらえるようになり、ノラ暮らしを忘れてしまっていたのか?

失踪中の10日間は本人にとっても辛かったようで、ご飯もまともに食べられず、トイレも出来なかったようです。

うちに帰ってきて、即席で作った猫トイレに、これでもか!と言うくらい××こをしました。(お食事中の方の為に、あえて伏せ字にしてみました)

…なんつうか、半端無い量なんですけど…(-_-)

うちのお嬢様犬2匹分くらいの量を、もりもりとやらかしました。

…猫ってこんなに出るんだ……へぇ~⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

毎日朝晩2回、猫トイレの掃除をするのですが、毎回毎回こんもりと猫砂山をこしらえてくれます。

1匹とは思えない量です。( ̄Д ̄;;

猫って……犬より食べる量少ないのに、出る物は多いのね…

猫砂を急きょ増量してみました。

猫トイレを掃除しつつ思ったことは、自分の飼い猫のう×こだから我慢できるけど、野良猫に毎回毎回庭先にこれをやられたら、嫌になってしまうだろうなぁ…と言うことでした。

野良猫がご近所問題になってしまうのも、うなずけるかも…(-_-)

その毎日快便(^_^;)なロシアン娘ですが、今はこんな感じです。

F10403251 …なんて言うか、お馬鹿さんな感じ?

ノラだったはずが、こんな感じで簡単に捕まってしまいます。

ロシアンブルーもどきの筈が、何だかますますただの縞猫?になってきてるような…

身柄を確保した時は幾分スリムになったと思ったのですが、2日ほどで元通りのメタボ猫に戻りました。

F1040334 こんな事して遊んだりもします。

遊ぶのはよいのですが……噛むんですよ!この猫娘。

夢中になると我を忘れてしまうらしく、今日も脚を囓られました。

私が歩くとスリッパに猫パンチを繰り出すし…

さすがに噛みつかれて痛かったので怒ったところ、机の下に潜り込んで籠城を決め込みました。

…何故噛むの?このお馬鹿さんは。(T_T)

噛むくせに、喉はごろごろ鳴らしてるので、本人は遊んでいるつもりかもしれません。

「父さんにだって殴られたこと無いのにっ!」byアムロ・レイって感じ?

犬とは人生の大半を共にしているので、犬の気持ち?というか、行動は分かるのですが、猫はまともに付き合うのは今回初めてなので、かなり戸惑ってます。(ついつい犬に接するのと同じ感覚で接してしまうので、それが良くないのかも…)

父上には、「お前は猫に舐められてる」と言われるし…(父上にはあまりロシアン娘は懐いていないので、ちょっとジェラシー気味のようです。本人曰く、猫は我が儘で、気まぐれだから、好きじゃないとのこと。…確かに、その通りなんだけどね…)

その父上が珍しく知人から子犬を貰ってくれないかと打診されたらしく、どうする?と聞いてきました。

メスのミックスで、親犬は大型犬らしいのです。

母上は大型犬と言うところが気になるようで、体力的に散歩が辛いのではないか?と心配していたのですが…

我が家で引き取らないと、処分されてしまうかもしれないと言うのです。

現に5匹産まれた子犬のうち2匹は、家主の老人が、袋に詰めて捨ててしまったそうです。

その事を知った老人の家族が、里親を捜すから、処分しないで欲しいと頼み込んで、何とか残った3匹のうち、2匹まではもらい手を見つけたのだそうです。

あと1匹と言うことで、父上の知人が、話を持ちかけてきました。

メスのMIXではもらい手が他に見付からないかもしれないから、うちで貰ってあげれば?と言ったところ、そのまま子犬を引き取る方向で話しがまとまってしまいました。

父上もハスキーミックスちゃんが亡くなってから、寂しかったみたいです。

いつも一緒に散歩していたのに、散歩相手が柴ミックスちゃんだけになってしまって、物足りなさを感じていたのかもしれません。

そんなこともあって、子犬を貰わないか?と話しが来てから、その翌日には貰うことになってしまいました。

…犬に対するハードルは、かなり低すぎるかもしれないよ…

あっさり飼うことになってしまったので、拍子抜けします。

ロシアン娘は家猫になるまで半年かかっていたのに…

何ともいえない感じです。

そして私はやっぱり子犬の飼育係にも認定されてしまって、何だか我が家の生き物係のようです。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »