« 脳内。 | トップページ | 重いんだよね。 »

さらば、乾電池人間。

今日は心療内科の診察日でした。

ジェイゾロフトを卒業して、リフレックスとリーマス+胃薬各種になっていた薬が、ついに?リーマスも卒業となりました。

さらば乾電池!(リーマスのこと。炭酸リチウムって、乾電池の中身と一緒なのですよ)

ようやく私も乾電池が抜けて、ただの人間になれるのね~ヽ(´▽`)/

少し嬉しいような、でも少し不安なような、ちょっと微妙な気分です。

今回リーマスが卒業となったのには理由があって、リフレックスの副作用である眠気を緩和させるため、お薬を整理しましょうとの担当医師の判断からです。

もともとリーマスは、ジェイゾロフトを補う為に処方されていたようです。

そのジェイゾロフトが一足お先に卒業してしまったので、リーマスも卒業になったみたいです。

これからはリフレックスのみになるのですが、たぶん大丈夫だと思います。

最近だいぶ気力も戻ってきた感じがするし、以前より体力も戻ってきた気がするからです。

ジェイゾロフトの離脱症状のような妙な感覚(ピリピリ痺れるような、へんな感じ。体の内側から、ピリピリきます)は、今ではほとんど気にならなくなりました。(でも急に立ち上がると少しクラッと来るし、ピリピリ言うけど)

リフレックスの眠気は相変わらずですが、質の悪い物ではなくて、単純に寝起きの眠さが残るのと、朝起きられないだけです。以前のような自分で自分の睡眠時間をコントロールできない、寝ると言うより意識が突然落ちるような猛烈な眠気は無くなりました。

自分の体なのに、自分でコントロール出来ない感じが無くなってきただけ、凄く楽になりました。

でも気になることがあります。

毎日基礎体温を付けているのですが(セーラー戦士達の次回登場のご予定や、過去の登場記録を婦人科の先生に見せるためです)うつ病を発症した当時37度代だった体温(約一年続きました)が、リフレックス飲み出した途端、35度代まで下がってきたのです。

…超低温期?突入か?

元々手が冷たくて、氷のような冷たさと、ちびっ子の頃から言われてきた私が、うつになった途端手が熱くなってしまって、その熱さに困り果てて、婦人科系の病気を疑って、婦人科通院をし出したのですが、まさかここに来てあの冷たい手に戻るとは思いませんでした。

…それでなくても低血圧なのに、その上低体温かと思うと、こんなんで良いのだろうか?と思います。(T_T)

人間は睡眠時体温が下がるらしいので、やっぱり眠気と体温って、関係あると思います。

心療内科の先生も、リフレックスの効果と副作用の大きさが同じくらい大きいので、迷う部分もあったのか?一応リフレックスを継続する方向ではあるけれど、迷いもあるような感じでした。

ジェイゾロフトの時、感情の浮き沈みがあったけれど、リフレックスに変えてから、気持ちが落ちることがないので、きっと効果は出てるのだと思います。

ついでに、お腹のお肉がまた付いてきた気がするのですが…

最近の腰痛は、そこら辺とも関係があったりして。

取りあえずは運動かな…(;´д`)トホホ…

|

« 脳内。 | トップページ | 重いんだよね。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳内。 | トップページ | 重いんだよね。 »