« 沸いた頭で考えたこと。 | トップページ | 脳内。 »

いろんな変化。

今日は我が家のお嬢様犬(長女)の、乳ガンの手術の日でしたが、血液検査の結果、麻酔を使用できない状態だと言うことで、手術は取りやめになってしまいました。

お乳に異変が生じたのは先週の木曜日で、翌日に病院に連れて行ったところ、乳ガンの可能性が高いと言うことで、手術をすることにしたのですが、今年で15歳と高齢のため、少々不安でした。

案の定、検査の結果、肺にも転移していると言うことが分かり、手術出来ませんでした。

手術しないで済んで、良かったのか?今まで一度も外泊させたことのない娘犬だったので、安堵した部分もあります。

先生には手術してもしなくても、寿命は変わらないと言われているので、この結果が良かったのかどうかは分からないけれど、手術したせいで寿命が縮まる恐れが無くなっただけ、良かったのかもしれません。

去年の暮れにハスキーミックスちゃんを見送ったばかりだったので、正直今これ以上大事なわんこたちがいなくなるのは、耐えられません。

でもみんな歳が近いので、高齢犬ばかりだし、唯一先月の初めに我が家に嫁に来た小娘犬(三女)だけが、年齢の不安がない状態です。

せっかく美犬三姉妹(キャッツアイならぬドッグアイ?)+ワンになったのに、泪姉さん(長女犬)に今脱退されるのは非常に困ります。

当面は肝機能の薬と抗生物質を飲んで、経過処置と言うことになりましたが…

これから先の泪姉さん(長女犬)の医療費を考えると、自分の医療費の心配どころの騒ぎじゃないよな…と思います。

泪姉さん(長女犬)の為にも、働かないといけないと思います。

そのお仕事のことですが、後輩がどうやら実家に戻らなくてはならなくなったようで、急遽私とシフトチェンジしました。

実家の親御さんが倒れてしまったそうで、病院に入院してしまったので、看病が必要なようです。

私も自分の病気のことで、ずいぶん彼女にも迷惑をかけてきただろうし、困っている時はお互い様だから、休日が減ってしまいますが、彼女の代わりに出勤することにしました。

体調も、今のところ以前よりもだいぶ無理が利くようになってきたし、ジェイゾロフトの離脱症状らしき妙なめまいや、ピリピリ感も薄らいできたので、大丈夫だろうと思ってのことです。

相変わらずリフレックスの睡眠パワーは健在ですが、飲み始めのころのような極端な睡魔では無いので、何とかなる気がします。

後輩はもしかしたら仕事を辞めてしまうかもしれません。

まだ若いのに、いろんなことを抱えているようで、深くは聞けないけれど、きっと彼女なりに大きな物を背負っているのだと思います。

どんな人にも背負う物があって、その重さは本人にしか分からない物なのですが、他人にとっては軽く見える物が実は重かったり、重そうだけど、軽々と持ち上げる人もいるでしょう。

一人で抱えすぎてはいけないよ。とは伝えたのですが、聡明な彼女なら、私が言うまでもなく、上手く生きる道を知っているかもしれません。

彼女がもし職場を離れるなら、一つの決断として、それはそれで一つの結論なのだと思います。

ただ残念だと思うことは、きっと彼女ももっといろんな技術を学びたかっただろうし、学ぶ機会に恵まれず、五月蠅い先輩にも目を付けられて、きっと不満も沢山あっただろうなと言うことです。

今思えば、年齢の割に妙に人生に対して達観しているような、どこかクールで、本音がどこにあるのか分からない所のある人でした。

私には最後まで心を許してくれなかったな…

それが残念ではありますが。

彼女が抜けたら、必然的に彼女が担当していた仕事が、私の所に来るかもしれません。

正直接客は好きではないので、やりたくないのですが、今の状態から考えるとそうなるような気がします。

…その時はボンクラ上司に物申して、ボイコットしてやろうかな…

何にしろいつでも自分の安全確保と、逃げ道を用意しておくこと。

うつになった私が、身をもって味わい実感した、唯一にして最大の防御策です。

公私ともに変化が大きくて参りますが、何とか乗り切りたいと思います。

|

« 沸いた頭で考えたこと。 | トップページ | 脳内。 »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沸いた頭で考えたこと。 | トップページ | 脳内。 »