« 限界点。 | トップページ | 久しぶりに、落ちた日。 »

重なる時は、重なるんだよなぁ…

今朝、散歩中に、我が屋のドッグアイ三姉妹(犬)の長女泪姉さんが、倒れてしまって、急遽動物病院へ連れて行きました。

診断の結果は、肺炎ということで、抗生物質やビタミン剤を点滴してもらって、なんとか帰ってきました。

歯茎や舌も白っぽくなっており、息もヒューヒュー言っているので、余程のことを先生から言われるのかと思ったのですが、肺炎以外の事は何も話しがなかったので、取りあえずは安心しました。

乳ガンについての話しが出なかったので、おそらく現状維持なのかもしれないなぁ…と思いました。

母上は心臓の病気なのでは?と思っていたそうですが、以前肺にも影があると聞いていたので、私は肺が怪しいのでは?と思っていました。

予想通りというか…室内犬なのに、肺炎か…と、少しガックリしました。il||li _| ̄|○ il||li

室内犬でも抵抗力が弱ると、肺炎になるそうです。

重なる時は重なるというか、実は病気持ちなのは泪姉さんだけではなくて、柴ミックスちゃんも歯槽膿漏が酷くてご飯が食べられず、いつもグッタリしていて、頭を抱えています。

歯槽膿漏を治すために、歯石を取ってもらうためには、全身麻酔が必要で、柴ミックスちゃんの年齢を考えると、危険が大きいそうです。

その為、抗生物質を飲ませてはいるのですが、食が細い上、口を触られるのを嫌がるので、満足に薬も飲ませることが出来ず、こちらも手を挙げている状態です。il||li _| ̄|○ il||li

最近、ペット用の歯槽膿漏に効果があるという、ジェル状の民間薬?みたいな物を購入したのですが、嫌がるわんこ相手なので、苦戦してます。

こんな感じで、我が家のお犬様4匹のうち2匹が調子が悪く、わんこばかりに気を取られているからか?ロシアン娘(猫)も何だか気難しくて、困ってしまいます。

ロシアン娘は本当に気まぐれで、毎日気分が違うようで、対応に困ります。

ご機嫌なのかと思ったら、ガブリっとくるし、こちらは少し腫れ物に触る感じになってしまっています。

感情表現の豊かな犬ばかりみてきたので、猫は無表情すぎて、今でもよく分からないところがあります。

一日の大半を1匹で暮らしているので、寂しいのだろうか?と思うのですが、今すぐどうしてあげることも出来ないので、少し申し訳ないと思っています。

うちの猫娘はもしかしたら情緒不安定なんだろうか?とか、もしかしてお友達を作ってあげれば、落ち着くだろうか?とか、いろいろ思案するのですが、いざ新しい猫をもらってきて、やっぱり気が合わないから、返しますなんて出来ないし、わんこだらけの母屋に連れてきて、毎日犬に追いかけ回されるのも可哀想で、結局何も出来ず、現状維持のままです。

至らない飼い主で、ゴメンよ。みんな。

飼い主の私はと言えば、やっぱりここの所感情の起伏が激しくて、これが薬のせいなのか?本来の自分に戻っただけなのか?分からないけれど、何だかどっと疲れが出てしまって、ヘロヘロしています。(T_T)

うつになって、感情が真っ平らになってしまって、落ち込むことはあっても、怒りを感じることが全くなくなってしまった状態が、何年も続いたせいか、今は毎日怒ってます。(T_T)

怒るとさ…疲れるんだよね。il||li _| ̄|○ il||li

怒るということは、思いの外全身のエネルギーを使うようで、リフレックスに代わってから、いろんな事が出来るようになって、良かったと思っていたのですが、ここに来て反動が出たのか、凄く疲れて仕方がありません。

怒りの感情がわいても、抑えが効かないので、余計苦しい気もします。

理性と感情の戦い?でしょうか。

たぶん怒りの感情自体は、決して悪い物ではなく、否定的な見方しかできなかった所が、自分を肯定出来るようになったからこそ、理不尽な物に対して、怒るのだとおもいます。

でも何年も怒るのを忘れていたからか、怒らないといけないことが実は身近にこんなに沢山あったんだな~と気が付いてしまって、収拾がつかなくなっています。

デパケンRを飲んでいるので、怒りが暴走することは無いだろうと思うのですが、それでも些細なことでイラッとするので、困ってます。

家族とも最近よくぶつかるので、呆れられています。:-)

体の不調も相変わらずで、疲労感はもちろん、原因不明の歯の痛み、頭痛、腰痛、大腿部の神経痛等々

弟には呆れ顔で、「気合いで治せ!」といつも言われていますが、弟にうつ病について理解を求めることは無理だと分かっているので、いつも聞き流しています。

弟の職場にはうつ病の人もいるらしく、友人にもいるそうなのですが、今でも気合いで治せるというか、ただの本人の思いこみだと信じているようです。

おそらく理解できないのではなく、理解したくないのだろうなと思うのですが、たぶんこの先ずっと理解して貰えなくても、仕方がないと思っています。

結局、人間の司令塔とも言える脳の病気なのだから、全身至る所に弊害が出ても、おかしくないのですが、弟的にはいつも病気ばかりしている私です。

こんな感じで、我が家は人間だけではなく、お犬様も、猫娘も、みんな絶不調?です。

重なる時は、本当に重なるんだよね~(一度に調子悪くならなくてもいいのにね…)

それでもめげていられないので、何とか過ごしてます。

|

« 限界点。 | トップページ | 久しぶりに、落ちた日。 »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 限界点。 | トップページ | 久しぶりに、落ちた日。 »