« 久しぶりに、落ちた日。 | トップページ | 余計なお世話、だったの? »

非定型歯痛。

我が家の美犬三姉妹の長女こと、泪姉さんが体調を崩してから、最近少し治まっていたはずの歯根治療中の歯が、また痛み始めました。

この歯は右上一番奥の歯で、今年の初めに歯根治療にまた通い出してもう4ヶ月が経過しています。

歯科医の先生には、何度かもう抜いた方が良いのでは?と勧められ、私も抜くことに同意しているのですが、レントゲンにも異常が無く、歯自体にもこれといった異常が見あたらないために、先生も最近では抜くことに迷いがあるのか?

抜くと決めてから、数ヶ月がそのままたってしまいました。

どうしたものかなぁ…と思いながらも、時々本当に重くて重くて、歯の痛みを我慢してると、酷い頭痛に悩まされるので、その度にバファリンやエスタックイブ(風邪薬)を飲んでごまかしていました。(歯の痛みに、何故か?風邪薬が効くという…お陰様で、今までどれだけの量を飲み干したか、分からないくらいです)

そう言えば、ここ最近は、バファリンやエスタックイブが無くても、何とかしのいでいました。

歯を抜けば楽になるなら、早く楽になりたい!

そう言う思いはあっても、反面、本当に抜いたら、楽になるのか?と言う迷いもあって、あまり強く歯を抜いてくれ!とは言えずにいました。

昨日、たまたまネットで調べ物をしていたら、否定型歯痛という症例を見つけました。

否定型歯痛。←症状はこんな感じです。

非定型歯痛の症状と特徴

特徴

  1. 歯に限局した痛みで、持続的な鈍痛を伴う。
  2. 臨床的検査やX線撮影などの検査において異常を認めない。
  3. 潜在患者の多い疾患で、歯内療法(歯の根の治療)を施した患者の3-6%に発生する。
  4. 子供を除いて、どの年齢にも発症し得るが、とくに成人女性に多い。
  5. 大臼歯や小臼歯に発症しやすく、下顎より上顎に多い。

症状

  1. 通常は歯に限局する持続性、自発性の鈍い痛み(鈍痛)として表現される。
  2. 痛い部位はしばしば移動性で、歯のないあごの部分や上下顎全体にまで拡大することもある。
  3. ときには焼けるような、鋭い、脈打つような痛みとして表現されることもある。
  4. 何ヶ月も何年も持続し、ときに急激に痛みがひどくなる。
  5. 痛みによって睡眠が障害されるようなことはないが、朝目覚めると再び痛みを感じるようになる。
  6. 温度や圧迫などの刺激で悪化することもあるとされている。ただし、三叉神経痛のような電撃痛は生じない。
  7. 痛みの強さは中等度から耐え難い程度である。
  8. 食事や趣味など何かに集中している時には痛みが和らぐことが多い。
  9. 肉眼やエックス線検査などにおいて、痛みの原因と思われるような異常が見当たらない。

診断基準(Pertesら 1995年)

  1. 鈍痛、灼熱性疼痛、拍動性疼痛。
  2. 痛みの強さは中等度。
  3. 持続性あるいはほぼ持続性の痛み。
  4. 局所において特定できる異常を認めない。
  5. X線写真で異常は認められない。
  6. 疼痛は4ヶ月以上持続する。
  7. 圧痛の感受性が亢進している。
  8. 神経ブロックの効果は一定しない。

鎮痛薬、外科的処置、歯科的処置では改善が得られない。

…なんか、思い当たることばかり何ですけど…ι(´Д`υ)アセアセ

今の歯が痛み出す前は、その真隣の歯が痛くて、今現在もそうですが、万力でジワジワ締め付けられるような鈍痛がするのです。

切り裂かれるような激しい痛みではないのですが、押しつぶされ続けるような、重い痛みです。

この痛みが出るようになったのは、前の会社に勤めていた頃なので、もう10年以上前からです。

いつも夕方になると痛み出して、バファリンなどの鎮静剤を飲めば落ち着くのですが、たまに薬ばかり飲むことが悪いことのような気がして、飲むのが遅れると、痛みがなかなか取れずに歯痛から頭痛に発展して、長引いて酷い目に遭うのです。

痛みが治まったと思っても、すぐにぶり返すし、只の歯痛だったはずが、副鼻腔炎まで発展して、歯痛+頭痛+副鼻腔炎という、何だか痛みのデパートや~♪って感じまで行きます。

ついでに、もちろんそれに伴い肩も痛み、首筋もこわばり、耳の神経もやられるみたいで、何だかもう本当はどこが悪いのかも分からなくなってしまいます。il||li _| ̄|○ il||li

非定型歯痛の説明を読んでいて、思わず( Д) ゚ ゚ギョッとなったのは、その治療法が三環系抗うつ薬(トリプタノール)を用いることです。

…痛みを取るために、抗うつ薬を使うって、まさに現在進行形で抗うつ薬飲んでるんですけど…ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノトリプタノールでは無いけどね…

もしかして、いや、もしかしなくても、この私の歯の痛みって、うつが原因だったのだろうか…?

カウンセラーさんから、「貴方は体に出るタイプですから」とは聞いていたけれど、10年以上前から実は体に出ていた仮面うつだったのかも…(;´д`)トホホ…

これでは歯を抜いても、意味がないかも…il||li _| ̄|○ il||li

やっぱりうつって、突然なるものではないのね。下地があって、いろんな事があって、初めて発病するものなんだね。(花粉症みたいな感じ?許容量が限界を突破すると、突然アレルギー体質になってしまうような感じでしょうか?)

_ノフ○ グッタリ

何だか点と点が、線で繋がった気がします。

今後どうしたものやらと、少々悩み中です。

|

« 久しぶりに、落ちた日。 | トップページ | 余計なお世話、だったの? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

非定型歯痛を調べていたら、ここにたどり着きました。私も全く同じ痛みを経験しました。(今も進行中です。)10年異常前からで、今の歯で3本目です。一本目は海外で経験し、最後は抜歯し、インプラントにしました。2本目は帰国後で、インプラントをした場所の上の歯で、何件も歯科を回りましたが、原因がわからず、最後は耐え切れず抜歯してもらいました。これでようやく痛みから解放されるかと思ったら、抜歯1年後位から隣の歯が徐々に痛みだし大学病院のペイン外来に通院中です。我慢できないような強い痛みではないのですが、常に根の先にイライラするような鈍痛(痛かゆい)があります。
自分で針でつつい今治水でもつけたいような痛みです。経験した人でないとわからないと思います。
一本目からすると、かれこれ10年以上です。今は漢方の薬を飲んでいますが、効き目はあまり感じません。これで効き目がなかったら、抗うつ薬になりそうです。自分では、うつ・・・という気は全くしませんが、仕事や子供のことでストレスがたまっていることは確かだと思いますし、最近、首がカチカチで体中、かたいです。精神的な事が、歯にくるなんて信じられません。毎日が憂鬱です。

投稿: つる | 2011年7月28日 (木) 20時30分

つる様コメントを頂きありがとうございます。
歯の痛みとてもお辛そうですね。私も現在も左上奥歯付近の鈍痛があります。つる様はペインクリニックに通っているのですね。抗うつ薬は整形外科とかでも腰痛などに使われることもあるそうですから、必ずしも精神的な病ではないか?と心配しなくても大丈夫だと思います。
私がこの歯の痛みで真っ先に疑われたのは、副鼻腔炎(蓄膿症)でした。歯科医に耳鼻科へ行くように勧められて、耳鼻科で抗生物質による治療を受けたのですが、どうしても歯の違和感が取れなくて、副鼻腔炎は一応治ったのですが、再度CTを撮ってもらったところ、やっぱり歯に炎症があると言われて、また歯科に戻りました。その後二本の歯を歯根治療しましたが、1年近く歯科に通っても違和感が取れず、再度耳鼻科へ行きましたが、やはり歯を抜かないといけないと言われて、結局怪しい2本の歯のうち親知らずを昨年末に抜きました。
親知らず抜歯後、以前に比べれば歯痛から頭痛にまで発展する事は少なくなりましたが、未だに抜いたはずの親知らず付近は常に重かったり、熱っぽかったりします。
再度耳鼻科に行きましたが、結局異常なしとの事で、現在は頭痛薬と風邪薬でなんとかしのいでいます。
耳鼻科で言われたことは、肩のこりが顎の付け根付近に影響を与えていると言うことでした。
肩こりが歯痛や頭痛に影響しているようです。
ピップエレキバンなどを痛い所に張ると、多少痛み方の度合いが緩和される気がします。
つる様も首がカチカチとのことですので、こりをほぐすと多少痛みが和らぐかもしれません。
あとは一度耳鼻科へ行ってみて下さい。歯と鼻は場所が近いので、影響を受けやすいようです。
つる様もどうぞお大事になさって下さいね。
ありがとうございました。<(_ _)>

投稿: Re:はやおです。 | 2011年7月29日 (金) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに、落ちた日。 | トップページ | 余計なお世話、だったの? »