« やっぱり。 | トップページ | 頭痛日記。 »

さよならは、言えないけど。

5年近く一緒に働いてきた後輩と、顔を合わせるのが、昨日で最後でした。

あまり自分のことを話したがらない人なので、後輩が何日付けで退社になるのか?

私の周囲の人は知りませんでした。

本当は当の本人に聞けばよいことだと分かっていたけれど、何となく聞きづらくて、結局彼女と仲の良かったバイトの子に聞いて、初めて知りました。

本当は気が強くて、先輩に目を付けられても、ひたすら耐えていた彼女の事は、ずっと気にしていました。

でも私には何も出来なかったし、彼女も私が先輩に目をかけてもらっていることを知っていたので、ずっと距離をとったままでした。

本当はもっと仲良くなりたかったけれど、いろんなしがらみが多すぎて、大したことが出来ないままでした。

彼女には、私はずいぶん迷惑をかけてしまったし、助けられてきたと思っています。

でもいざ挨拶をしようとしても、彼女もそういうのが苦手みたいで、周囲の人にも自分からは挨拶出来ないみたいでした。

「頑張ってね」としか言えなかったけれど、きっと彼女なら大丈夫だと思います。

私の中にある彼女への負い目は、一度辞めた筈の職場に出戻った事で、せっかく彼女が厨房の中の仕事をやれるようになったのに、また接客の仕事にさせてしまったこと。

うつを発症して休みがちになったせいで、彼女に迷惑をかけたことです。

私には自分が病気だから、不自然な行動をとったり、休んでばかりだったのだとは、彼女に言えませんでした。

でも理由も分からないまま、口を閉ざしたことで、彼女との間に溝が出来たように感じていました。

結局この溝は埋まらなかったけれど、彼女がまた違った生き方を模索していけば、きっともっと良い何かが見付かってくれると、願っています。

彼女の新しい毎日が、希望に溢れていることを、何も出来なかった先輩として、影ながら応援したいと思います。

がんばってね。

|

« やっぱり。 | トップページ | 頭痛日記。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり。 | トップページ | 頭痛日記。 »