« ポケモン映画再び! | トップページ | 激コミっ »

猫みたいな生き方。

今日は職場で、久々に頭にくる程嫌なお客に立て続けて来られたせいで、気分は最悪でした。

一人は毎日職場の隣の休憩コーナーにやって来るおじいちゃん(半分もうそこで生活している…)で、私のことを「よぉーよぉー!!」って大声あげながら手招きするのです。

…ゲッ(T_T)って一瞬マジで引きましたよ。

いくら客商売だからと言ったって、見ず知らずの人に「よぉーよぉー!」は無いと思います。

私も大人げないとは思いましたが、聞こえなかったふりして、やり過ごそうとしましたが、相手がすぐ側まで来てしまったので、仕方が無く相手をしました。

用件はサービスで設置してある無料のお水の紙コップがないと言うものでしたが…

何だか凄く嫌な気分になりました。

このおじいちゃん、お店の開店と同時に来て、夕方遅くまで居座っています。

昼食も夜食もそこで取っているようで、以前もこの人に捕まって、休憩コーナーの利用法を書かれた張り紙の内容について、講釈を求められて、グッタリしたことがありました。

…もう嫌だわ~こんな変な人の相手するなんて…

そう思いながら他のお客さんの相手をしていたら、今度はまた別のおじいちゃんが来て、大きいサイズと小さいサイズ二種類ある商品の小さい物がないと言うので、売り場を確認すると、もう小さいサイズは売り切れてしまっていました。

その為小さいサイズのプライスカードを外し、売り切れてしまったことを伝えると、何を思ったかこのおじいちゃん。

「大と小があるって書いてあるのに、大しかないのはおかしい」

と言い張るのです。(いや、だから丁度他の人が買ってしまった後だったんだってば…)

売り切れてしまったと言う説明が通じなかったので、小さいサイズを用意してあげれば納得するかと思ったのですが、買うつもりもないし、欲しくもないと言います。

でもポップに大と小二種類の商品の写真が展示されていたので、無いものを展示するのはおかしいと言うのです。

「…先ほどまでありましたが、売り切れてしまいました。では小さいサイズをお作りします」

と、私はおじいちゃんに言ったのですが…(ちなみに大の半分に切った物が小で、ポップには1/2と書かれていました)

「俺には小さいサイズが分からないんだよ。でもおかしいだろ~云々」

と、このやりとりを延々と繰り返したあげく、頭に来たのでボンクラ上司を呼び出し、対応させました。

結局このおじいちゃんは、その場に無い物の写真が飾ってあることがおかしいと言いたかったようです。

私はすぐに用意できると言ってるのに、このくそじじぃ~!!( ゚皿゚)キーッ!!

ボンクラ上司が出てきたので、おじいちゃん的にはしてやったりだったみたいです。

…全く買うわけでもないのに、つまらないクレームばかり言いやがって、こっちから願い下げだよ!もう来るな!!

と、言えるわけないので言いませんでしたが、こんな困ったじいちゃん達の相手をしてたら、ドッと疲れて、ブルーになりました。

さらに仕事帰り、先輩から職場の今後のことについて、仕事がどんどん減らされているし、「もう私たちは必要ない人間なのかしら…」と零されました。

そう遠くない未来、私たちの部署は無くなるかもしれない…

そんな事が実感としてヒシヒシと伝わってきて、いずれ職を失うのかな?と考えたら、何だかますますブルーになりました。

来月のシフトを見ると、遅番の私の勤務日数は、大分減らされていて、以前は自ら休日を多くしてもらっていましたが、それと同程度になっています。

私だけではなく、先輩も同僚も新人さんもそうです。

遅番の人間は皆そうで、先輩はしみじみ「私は減らされても良いから、貴方は働かせて貰いなよ…」なんて言ってました。

いずれこのままではお給料が減額になるので、場合によっては早番の人に休んでもらって、その分出勤させてもらうなんて事をしないと、どうにもならなくなるかも…と、先輩は言っていました。

会社の都合で仕事が減らされて、お休みが増えるのも、変なお客に難癖付けられて、イライラするのも、私には全部どうすることも出来ないことです。

でもやっぱり頭に来たり、イライラしてしまうので、うちに帰ってきてもむしゃくしゃしていました。

自分で自分を持て余すくらいイライラしていても、家に帰ればお犬様達がいて、猫娘も待っています。

ロシアン娘(猫)と毎日猫じゃらしで遊ぶことが日課になっているのですが、私がどれだけむしゃくしゃしていても、ロシアン娘は猫じゃらしに飛びついて来ます。

猫ってバカだよなぁ…犬の方が絶対頭良いよ。

そう思うのですが、なんというか最近は、そんな猫の生活ぶりを見てると、癒されるというか、こういう生き方もあるんだなと言う発見があります。

犬とは違った、人間とももちろん違う生き方です。

なんて言うか、猫じゃらしなんか夢中になって追いかけたって、人間からすれば無意味なのですが、それでも一生懸命追いかけてる姿というのは、何だか滑稽で、意味のないことに夢中になっても良いのかな…と言う気になります。

犬みたいに社会性があるわけでもなく、群れることをしないと言うところも、何だかそう言うのも良いなと思えます。

私はずっと群れたかったけれど、群れに入れなかった人間なので、それを卑屈に思っていましたが、猫のように自ら群れることを選ばない、でもそれでも良いというのは、発想の転換というか、あぁそう言う価値観もあったなと気づきになります。

ひとしきりロシアン娘と遊んだら、何だか少しすっきりしました。

どうにもならないことを、悩んでも仕方がないと分かっていても、悩まずにはいられない。そんなジレンマが、無意味なことに夢中になっても良いのだと、ジレンマがあっても良いじゃんという気持ちになりました。

職場は今のこの閉塞感、いずれ消滅するかもしれないという危機感、この流れはおそらく変えることは出来ないと思います。

いつか職を失うかもしれない…

覚悟は出来ていても、投げ出したくなったり、逃げたくなったり、色々ですが、その時はその時で、最後の最後まで見届けるのもまた一興かと思います。

来年の今頃は、どうなるのだろうかと思いながらも、もしかしたらもっと短いスパンで結果が出るかもしれません。

嫌になってしまうことも沢山あるけど、猫みたいな生き方は悪くないなと、そんなこと思ってしまいました。

|

« ポケモン映画再び! | トップページ | 激コミっ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポケモン映画再び! | トップページ | 激コミっ »