« ホントの気持ち。 | トップページ | 正常と異常の狭間。 »

残念なひと。

今日は仕事中、懐かしい制服を着た子を見かけて、ついつい見入ってしまったのですが、遠目から見ている分には良かったものの、間近で見たら何とも言えない気分になりました。

「残念…」( ̄◆ ̄;)…の一言に尽きるよ、本当に。

最近の女子高生はみんなそうなのかどうかは不明ですが、母校の後輩が、スカートをギリギリまで短く捲り上げ(ていると思われる…)、暑いせいでは無いのに、やたら胸元をだらしなくはだけている姿を見ていたら、一体どんなコギャルかと思いきや、顔を見た途端「残念…」と思ってしまいました。

…似合わなさすぎる…中途半端に制服だけ乱れていたので、やたら残念にしか思えませんでした。

思春期の女の子が、異性にもてたいが為だけに、セクシー路線を目指したのかもしれませんが、なんて言うかセクシーどころか只だらしないだけだから、それは。

お色気もやはり見せればよいと言うものではないぞ!と、見る側にも拒否権があるぞ!と思ってしまいました。

…段々私の思考もオッさん化しているような気がします。(;;;´Д`)ゝ

駅の階段で、見たくもないのに、ミニスカートのパンチラを見てしまったのと同じくらいの衝撃でした。

…いや、嬉しくないから。坊やじゃないからさ…人様のパンチラ見て萌えるようなボーイじゃないからさ…il||li _| ̄|○ il||li残念。

いろんな意味で、目のやり場に困る格好は勘弁してくれと思った日でした。

|

« ホントの気持ち。 | トップページ | 正常と異常の狭間。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホントの気持ち。 | トップページ | 正常と異常の狭間。 »