« 死生観。 | トップページ | 水騒動。 »

泣かないで、かける言葉もないけど。

今日数日ぶりに同僚と職場で会いましたが、何だか様子がおかしくて、どうしたんだろう?と思いました。

いつもよりも言葉も少なく、出社時間も遅かったのです。

何だか無理しているように見えたのですが、同僚がふとこんな事を言い出しました。

「今の私は、車の運転も気を張っていないと出来ないぐらいの精神状態なの」

たったその一言でしたが、何だか全てがわかってしまったような気がしました。

同僚の実家は宮城にあって、大地震の当日も震源が宮城だと知り、「もうダメかもしれない」と何度も口にしていました。

その後元気に仕事に出てきていたので、実家と連絡が付いたのだろうと思っていました。

もしかしたら、誰か近しい人が亡くなったのかもしれない。

そう直感で思いました。

親戚筋以外にも、きっと友人や知人は数多く宮城にいたと思います。

同僚は頑固で我慢強い人なので、無理矢理仕事に没頭しているみたいに見えました。

姉御も同僚の様子がおかしいと気が付いていたようなのですが、やはりそれ以上は口に出来なかったみたいでした。

私にはかける言葉が見付かりません。

励ますことも、慰めることも出来ず、まるで何事も無かったように、いつも通り一緒に仕事をするだけです。

それでいいのかと、たぶんそれでいいのだろうと思います。

|

« 死生観。 | トップページ | 水騒動。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死生観。 | トップページ | 水騒動。 »