« 何とかやってます。 | トップページ | 漠然とした不安。 »

官房長~!!(T_T)

今日は母上と映画「相棒劇場版Ⅱ」を観てきました。

相棒は私の好きな数少ないドラマの一つで、単発のシリーズ1作品目から見てます。

私は薫ちゃんが大好きだったので、薫ちゃん引退後、最近はあんまり見てなかったのですが、大河内さんと神部君の微妙な関係にちょっと妄想を膨らませて、邪な楽しみ方をしてみるのもいいかもなぁ~とちょっと思いました。(ちなみに大河内さんは作品中の設定でも愛する部下を失った過去を持つクールガイなのです)

相棒Ⅱはお正月映画だったんですが、何せ田舎町なので、今頃私の地元で上映されました。(^_^;)

しかも地震の影響か、上映日は今日一日のみで、昨日母上が上映を知り、急遽本日見に行ったのでした。(上映前に注意事項として、大きな地震が来たら上映中止しますとアナウンスが流れました。そして上映開始後すぐに地震が来たのですが、何とか最後まで上映されました)

ちなみに母も相棒ファンです。

しかし官房長が……まさかあんな展開になるなんて、ちょっと驚きでした。

小野寺官房長は、ちょっとお姉系の腹黒な紳士で、私的には結構好きな人だったんですが…もう回転寿司の皿をレーンに戻すシーンが見られないのは、ちょっと淋しいです。(T_T)

そして相棒の映画で思い出すのは、劇場版第一作が公開された時、私のうつが発症した時なのでした。(T_T)

CMで何度も映画のシーンが流れていたのですが、当時の私は映画公開のカウントダウンCMを、何とももの悲しい気分で見ていたことを思い出します。

大好きな相棒のCMを見ても、映画公開予定日が近づいても、何だか私だけが世界から取り残されているような、周囲はどんどん先へ先へと進んでいくのに、置いてきぼりにされてるような気がして、空虚で虚しい気持ちと、身体を起こすことさえも億劫で、床に転がっていただけでした。

当時転職に失敗した事もあって、今も勤めている職場に戻ったのですが、職場に戻ったら戻ったで、今まで出来ていた仕事に身体が全くついて行かなくて、その差に愕然としたことを覚えています。

今思えばうつを発症していたからだったのですが、当時は何故急に今まで苦もなくこなせた仕事が出来ないのだろう?何故こんなに身体が重くて、仕事がきついのだろう?と、一体自分はどうなってしまったのかと、それだけで頭が混乱していました。

その当時の身体のきつさを表現するとするならば、無重力の世界から、急に重力のある世界に落とされたような感じでした。

微熱が出たまま下がらなくなってしまって、身体も熱くて、全身は鉛を担いでいるような重たさでした。

毎日毎日暑くて暑くて、春はこんなに暑い季節だったのか?と、季節感もどんどん狂っていくばかりでした。

暑さと、体の重さで、仕事が辛くて仕方がなくて、何度も何度も会社を辞めようと思いました。

そんな日々を繰り返していた夏のある日、相棒の映画が地元で公開されて、今日と同じように母上と二人で見に行きました。

映画を見ていた時だけは、別世界にいるみたいで、映画の上映が終わった後、何だか現実に戻されて、急に虚しくなったのを覚えています。

暑い最中見に行った相棒の劇場版第一作。

何だか今日もその当時のことが思い出されて、気持ちが少し落ちてきました。

私が落ちる時は、頭の中が酸欠になったように、貧血のようになるのですが、数時間で回復したので、やっぱり薬飲んでるお陰かなと思います。

本当はここ数日、職場のこととか、いろいろ、ちょっと凹むことや面白くないことがあったのですが、流すしかないんだなと、そう思ったら何とか流せそうなので、たぶん大丈夫なんだと思います。

本当に落ちてる時は、流すことが出来ずに、頭の中で同じ思いがグルグル出口を求めて回り出すので、きっと思考の迷路に嵌らないことが、流すことなんだろうと思います。

そんなわけで、映画は面白かったのですが、ちょっと辛かった時期を思い出してしまったりして、微妙な気分でした。(^_^;)

|

« 何とかやってます。 | トップページ | 漠然とした不安。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何とかやってます。 | トップページ | 漠然とした不安。 »