« 思っていた以上に。 | トップページ | 不安定だけど、それなりにやってます。 »

ちょっと重い話し。

先日の心療内科通院で、リフレックスが+0.5錠増量になってから、寝起きの気分の悪さが無くなりました。(リフレックス2錠→2.5錠に絶賛増量中…)

…やっぱり落ちていたのか…il||li _| ̄|○ il||li

でも相変わらず頭の中が貧血状態のような感じなので、夜飲むリボトリールを昼間の仕事へ行く時間に合わせて飲むようにしたところ、大分調子は回復してきました。

ただ耳鼻科では異常なしと言われたのに、相変わらず鼻づまりや頭痛は続いています。あと寝起きの肩こりとか…

でもこれぐらいは許容範囲かと、多少調子悪いくらいが案外デフォルト状態だと思えば、いいのかなと思います。

そんなわけで、すこしづつ落ち着いてきた感じなのですが、今日はちょっと芸能ニュースの感想というか、どうしても書いておきたいことがあったので、呟いています。

先日貧乏アイドルというキャッチフレーズでおなじみのタレントの上原美優さんが亡くなったと聞いて、ショックでした。

一ヶ月一万円生活とかで頑張っている姿を見ていたので、芸能人に疎い私でも、好感をもって応援できるタレントさんでした。

自ら死を選ばれたと言うことで、批判的なことを書く方もいるようですが、ちょっとやりきれないな…と思いました。

人の生き死にというのは、そんな単純な物では無いと思うのです。

今回の大震災で、多くの方が亡くなって、生きたくても生きられなかった人がいるのに、自ら死を選ぶなんて…と思う人も多いと思います。

でも私は半面、たとえどれだけ多くの生きたくても生きられない方がいたとしても、自ら命を絶つ人もまた、変わらずいるだろうなと思っていました。

何と言っていいか…生きられなかった人の分、頑張りなさいと諭しても、それは全く別の次元の話しで、比較対象にはならないのです。

ある方の日記で、人間というのは身体と心両方が生きて初めて人間は生きていけるという言葉がありました。

病死は心は生きているけれど、身体が死んでいる状態、自死は身体は生きているけれど、心が死んでいる状態、だから二つそろわない限り、人間は生きていけないのだと。

なるほどなぁ…と思いました。

心とはすなわち自我のことだと思いますが、自我が折れてしまう、心が折れてしまっては、人間の存在そのものが成り立たなくなってしまうのです。

たぶん普通に生活している人には、分からない感覚だとおもます。

心が折れてしまうと、根無し草のようで、まともな判断能力も無くなってしまいます。

酩酊状態の人とか、夢遊病者に、正常な判断力を求めても無理があるように、心が折れてしまった人に正常な判断能力を求めても無理なのです。

幾ら正論を語っても、無理なのです。

でもきっと普通の人には、この無理という感覚、理解できないことが理解できないだろうなと思います。

上原さんもきっと心が折れてしまったんだろうなと、思いました。

きっかけはたぶんなんて事無いだったのかもしれません。

でもきっかけはきっかけに過ぎなくて、本人や周囲も気が付かないうちに、もしかしたら気が付いていたかもしれないけれど、認めたくないと思っていただけかもしれません。

そこに至るまでの経緯がきっと沢山あったのだろうと思います。

残念だと思うけれど、他人の私には何も言えることはないのです。

お昼のワイドショーで、コメンテーターのおじさんが、芸人にはその芸人だけの孤独な舞台裏が必要なんだと言っていました。

きっとそのおじさんが、彼女が生きている時にその話をしてあげることが出来たなら、もしかしたら違う運命だったのかな?なんて、今更だけど思いました。

頑張っている人が亡くなるのは悲しいな…

ご冥福をお祈り致します。

|

« 思っていた以上に。 | トップページ | 不安定だけど、それなりにやってます。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思っていた以上に。 | トップページ | 不安定だけど、それなりにやってます。 »