« 嬉しいような、ちょっと複雑な気持ち。 | トップページ | ピロリン検査。 »

現状維持。

ここ数ヶ月、精神的にはわりと安定しているのですが、体調面に不安な部分が多くて、病院通いが続いたせいか、ようやく一段落した感じです。

胃のピロリ菌(何故かポロリ菌とか変換してしまった…)の検査結果は、明日聞きに行こうと思っているのですが、もしかしたら陰性かな?と言う気がしてきました。

先日婦人科の検査結果を聞きに言った時、担当医師が私のカルテを見返していて、同じ病院の消化器内科に過去通っていた時の記録ページを見た時に、ピロリ菌陰性って記述が見えたからです。

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉーもしかして、陰性?陰性だったの?

ピロリ菌の検査を受けた記憶がなかったのですが、もしかしたら過去に胃カメラ飲んだ時、検査されていたのかな?と、そんな気がしました。

その時は鎮静剤で寝てた時胃カメラ飲んだので、記憶がないんです。(T_T)

…なんにしろ、ピロリ菌いないならいない方が良いから、結果オーライって事なんでしょうか?

明日の検査結果次第ではあるのですが、取りあえずちょっと良かったかなと、そんな気がします。

婦人科の方は振り出しに戻るような感じで、またしても高プロラクチン血症の治療薬、カバサールのお世話になりそうです。(T_T)

今年の春に卒業できたと思ったんですが…il||li _| ̄|○ il||li

胃の調子にしても、高プロラクチン血症にしても、震災後のストレスの影響があったのかな?と言う気がしてます。

震災後、症状が悪化する人が多かったようなので、私も他人事じゃなかったと言うことですね。

最近というか、本当は常になのでしょうが、これからどうするのか?この先どうなるのか?と言うのが、命題なんだろうと思います。

現状維持が精一杯で、先のことなど全く見えなかった頃から比べると、多少マシになってきたのですが、正直何か事を起こすエネルギーはまだない気がします。

うつを発症した当時、転職先を探して、藻掻けば藻掻くほど動けなくなってしまって、気が付くと自分の住んでいる町から、一歩も外へは出られないような、そんな状態になりました。

物理的な距離ではなく、心理的、精神的な距離がものすごく遠く感じて、今の私なら苦に思えない隣町への移動も、あの頃は何故か遠く感じられて、どんなに頑張ってもたどり着けないような気がしました。

それを「やる気」が無くなると言った表現で例えて良いのかどうか?

正直よく分からないのですが。

今、少しずつ、外へ出ることが出来るようになってきて、私の家族はたぶん今の職よりも、もっと安定した補償のある仕事へ移って欲しいと思っているのですが、果たして私が他の仕事が出来るのかどうか?

なんというか、ギリギリの瀬戸際というか、リスクの高い賭けをするような、そんな気がしてしまいます。

笑われてしまうでしょうが、子供の頃からずっと、新しい環境に飛び込むことが出来なくて、学校の進級時のクラス替えが苦痛だったし、習い事なども、やってみたくても、知らない人がいる世界に入っていくことが出来なくて、何も出来ない子供でした。

たぶん社会不安障害だったのだろうと思いますが、人見知りの度が並はずれていて、知らない人がいる場所へ行くくらいなら、やりたいことが出来なくてもいいやと言う感じで、いろんな物を挑戦する事もなく、諦めてきました。

もういい歳こいた大人になりましたが、子供の頃に感じた恐怖感は今も根付いていて、転職して今よりも良い待遇の仕事へ就きたい、家族の望む方へ行きたいと願う気持ちもあるのですが、見知らぬ場所で頑張っていくだけの気力が自分にあるのか?失敗して、職を失うことになるのではないか?と言う不安があって、結局現状維持に甘んじています。

今思えば、私が子供時代感じていた不安感は、おそらく病的な物だったのだと、理解できますが、たぶん私の家族はそれが信実であっても、受け入れなかったと思います。

不安が強すぎて、行動が出来ない、まるで自分で自分を縛るような物なのですが、変な話しですが、病気だったのかと思うと、すとんと納得できるような、そんな感じです。

これからどうするの?この先どうするの?って聞かれるのが、一番辛かったりもするんですが、実際自分が一番真剣に考えないといけないことだと理解しては居ます。

普通と言う言葉で表現できる生き方をするのは、とても難しい。

ある年齢になったら、学校を卒業して、社会人になって、年頃になると家庭を持ってと言うのが、普通なのでしょうが、果たして普通と呼ばれる生き方をしている人は、努力して普通になったのか?

おそらくきっと多少の努力はあったでしょうが、何となく、そうなった、結果的に普通になっただけで、がむしゃらに力んで、めい一杯頑張って、普通な生き方をしたというわけじゃないと思います。

悲しいかな?私はたぶんがむしゃらにめい一杯力んでも、普通にはなれないのです。

ずっと普通になりたい、そう思っていました。

普通にはなれない自分に常に劣等感も抱いていました。

でもうつになって、吹っ切れたというか、普通という四捨五入の生き方は出来ないけど、自分のペースで生きていくしかないんだなと、諦めというか納得というか、そんな事が出来るようになりました。

他人に出来ることが私には出来なくても良いのだと、出来ないことを嘆いていても仕方がないという気になりました。

結局現在は現状維持継続中なのですが、こんなスローペースでも、何とかやっていけるように、なりたいです。

当たり前だと思うと、本当は当たり前じゃないかもしれないなんて、誰も気が付かないよね?

今は無理でも、いつか少しでも先に進むことを、常に願っています。

|

« 嬉しいような、ちょっと複雑な気持ち。 | トップページ | ピロリン検査。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

他人にとっての普通が自分にとっての普通ではないんですよね。

自分の普通はなんだかレベルが低く感じてしまう。

一見何気ないことでも感動できたり、周りの人達がどうでもいいことに対して関心したりして。

経験不足と言われればそうかもしれないぃ・・

でも一度最悪の状態を体験しているので何気ない日常の大切さが味わえる。

その意味ではうつになって良かったのかななんて思います(^-^;

うつの辛さは実際になった人でないと絶対に分からないけどね。


現状維持・・後退していなければ「よくやってるぞ!」と自分褒めしてます(*´ェ`*)

他人から見て何も変わってないつまらないヤツと思われても・・

あぁ~文章まとまってない・・┐(´д`)┌
いつも、はやおさんの文章力には関心してしまいます。

投稿: yoshi | 2011年9月 5日 (月) 14時39分

yoshi様コメントを頂き、ありがとうございます。
「他人にとっての普通が自分にとっての普通ではない」本当にそう思います。
でもその事に気が付くまで、私はずいぶん遠回りした気がします。
普通のレベルはきっと人それぞれで、同じじゃないって事に気がつけただけでも、良かったのかなと思います。
うつの辛さと引き替えに、日常生活の有り難さを知ったのだと思えば、きっとうつになったことも無駄ではないんだなと思います。
現状維持で自分誉め、私もそうしようと思います。
(^_^;)
何も変わらなくたって、きっとつまらないなんて事無いと思いますよ。(^o^)
yoshi様もどうぞご自愛下さいね。
ありがとうございました。<(_ _)>

投稿: Re:はやおです。 | 2011年9月 5日 (月) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嬉しいような、ちょっと複雑な気持ち。 | トップページ | ピロリン検査。 »