« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

人生、詰んじゃってるなぁ…

メル友さんとのショッキングな初対面から早数日、相変わらず凹んでおります。(T_T)

なんかもういろいろ、落ち込みすぎて、人生詰んじゃってるよなぁ…と言う気分です。

ショックだったことは他にもあって、私の愛する弟犬柴ミックスちゃんが、現在死線を彷徨っていて、もう長くないかもしれないのです。(T_T)

…苦楽を共にした愛犬が苦しんでいる姿を見てるのは、本当に辛いです。(T_T)でももう高齢で、泪姉さんと同じ歳まで来たので、仕方がないことなのだという諦めがあります。

いろいろきつい出来事があると、気持ちが折れそうになるのですが、それでもなんとか現状を保っていられるのは、やっぱりリフレックスとレクサプロのお陰様々かなと思ったりもします。

とは言え昨日も結構ど~んと落ちていて、職場に出勤したら、姉御に「大丈夫?元気ないの?」と心配されてしまいました。

…まさか夢やぶれて落ち込んでますとも言えないので、笑って誤魔化しましたが、姉御にまで凹んだ姿を見透かされるとは…参ったな…

私の夢は…何というか、こんな私でももしかしたら、人並みになれるのかな?と言うものでした。

ずっと幼い頃から、自分には何かが欠けていて、欠陥品なんだという思いがあって、人並みにはなれないと言う気がしていました。

小学生の頃、担任だったおじいちゃん先生に、群れからはぐれてる金魚は駄目な金魚で、金魚みたいな小魚は集団で行動しないと生きられないから、人間もそれと同じなんだと言われて、しみじみあぁ…私も群れからはぐれた金魚なんだなと思ったもんです。

まぁ実際現在の歳までずっと一人で、うつにもなったし、家庭の事情もあるしで、若くもない私には、これと言ってなんの取り柄もないしなぁ…(T_T)

なんだかもうこのまんま、潔く人並みにならなくても良いかな?なんて気もしてきました。

人の生き方にはたぶん7割の人が良しとするようなメジャーな生き方と、その7割に入れなかった、もしくは自ら選ばなかった3割のマイナーな生き方があるんだと思うのです。

私はずっと残りの3割の生き方をしてきたので、これからもそれでよいのじゃないか?と、7割に入れないことが悪いってもんでもないなと、そんなこと思います。(T_T)

そんなこと思いつつ、あぁぁつくづく人生詰んじゃってるなぁ…と思ったりもします。il||li _| ̄|○ il||li

ショックだったことの最後の1個は、ピロリ菌の除菌に失敗したことなのですが…

7割の人が成功するランサップでの除菌に、見事に失敗してしまって、何だかガックリ来ました。(T_T)

一週間お腹の急降下に耐えてガンバッタのにぃぃぃ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

でも失敗したと聞かされても、そんなに驚きませんでした。なぜならランサップの抗生物質の組合せで使われていたのが、クラリスだったからです。

クラリスちゃん…副鼻腔炎の治療で三ヶ月くらい、低容量の飲んでたし、抜歯したときも飲んだし、もしかしたら耐性菌の可能性あるかもなぁ…とは思っていたのです。

医師に言えれば良かったのですが…何となく言える雰囲気じゃなくて、まぁいいや、やってみないと分からんしなぁ…と思ったのです。(T_T)

見事玉砕しちゃったけどね。(T_T)うぅぅ…

そんなわけで敗者復活というわけで、クラリスちゃんとは違う抗生物質の組合せでリベンジすることになりましたよ。

今度はフラジール内服錠+サワシリン錠+パリエット錠の組合せです。

これで8割くらいの人が除菌に成功するらしいのだけど…はぁぁぁ…何だかなぁ…これも駄目だったら、どうしましょう。(T_T)

もうこれも駄目だったら、ピロリンさんとは一生のお友達として、末永く共存共栄するしかないかも…(T_T)

がっくりです。il||li _| ̄|○ il||li

ただ気になることが一つあって、前回ピロリ菌除菌した時、除菌直後、かえって胃の調子が悪くなってしまったのですが、それから数ヶ月して胃の調子が落ち着いてきたのは、ピロリ菌がまた増えてきたせいなのかな?と言うものです。

もう身体がピロリン仕様になっているって事?(T_T)ピロリンさんがいて胃酸の量がピッタリって事かしら?

…なんかもういろいろ詰んじゃってるなぁ…(T_T)やっぱりこれはもう毎日LG21を食べる以外には打つ手はないのか…

ぁぁぁぁ萎えるなぁ…il||li _| ̄|○ il||li

こんな感じだけど、なんとかまぁ、過ごしてます。

| | コメント (0)

いろいろショックな事(T_T)

ここ数日はいろいろショックな事が沢山あって、現在絶賛凹み中です。(T_T)

どれくらいショックだったかというと、軽く寝込んで熱出したくらいです。(T_T)

はぁぁぁぁぁ…il||li _| ̄|○ il||liこれからどうしたもんかなぁ…(T_T)

凹んでいる理由は三つあるんですが、まずは一番ショックだったことから、お話ししたいと思います。

昨日意を決して、メル友さんと実際にお会いしてきました。

正直会いに行く前は、私もかなりの覚悟というか、気合いというか、いろいろな状況に対応できるように、万が一にも備えて防犯ブザーも持って、この日に備えて服も新調し、普段以上に入念なメイクを施すなど、並々ならぬ決死の覚悟で出かけたわけです。

もう普段の私ならあり得ないぐらいの気合いでした。(もう半ば戦地に赴くぐらいの覚悟です)

会いたくて会いに行くというワケではなく、会わないことには判断が付かないだろうとの思いで、出かけたわけです。

こんな私で大丈夫なのだろうか?がっかりされるんじゃないか?

相手に失望されるのじゃないか?と言うのが、私の一番の心配事でした。

その半面、私の方が相手に失望する可能性もある…とは理解していたのですが、元々期待していなかった部分もあったので、主な心配事はもっぱら相手に失望されるかも…と言うことでした。

そして待ち合わせの場所に着いたのですが、そこにはすでに何人もの人が立っていて、どの人がメル友さんか?分かりませんでした。

年格好から、メル友さんかもしれないと思った人が三人居たのですが…その中の一人は、思わず「うわ…」とどん引きしてしまった人でした。

まさか…そのどん引きした人じゃないよね?違うと言ってっ(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

信実を知るのが恐くて、思わずその場を離れて、遠くから様子を伺ってしまいました。(T_T)

しかし無情にもメールを確認したところ、どうやら間違いなくあのどん引きした人がメル友さんであると確信しました。

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー……無理…il||li _| ̄|○ il||li…終了。

なんかもういろんな物が一瞬で終わった気がしました。(T_T)あぁ…無情…

でも、このまま約束を破って帰るのは、相手に対して失礼だし、自分がされたら嫌だから、意を決してメル友さんに声をかけました。

うわぁ…もう帰りたいかも…でもそれは人としてどうよ?

そんな葛藤と戦いながら、メル友さんとの初対面がスタートしました。(T_T)

メル友さんの第一印象は……う~ん、これは…女の子にはもてないだろうなぁ…残念すぎる…と言うものでした。

私も洋服には無頓着だし、身なりを気にしない方なので、こんな私がダメ出しするのもどうかという気持ちはあるのですが、致命的なぐらい清潔感がなくて、だれかこの子に教えてあげる人は居なかったの?お母さん、どうして気にかけてあげなかったの?私の弟だったら、絶対そんな格好で家から出かけさせなかったぞ!!…と言うぐらいの、惨憺たる物でした。(T_T)うぅぅ…むしろ残念すぎて、可哀想になるくらい。

あぁ…でもきっと一張羅だったんだろうなぁ…と、そこはかとない哀愁も漂っていました。(T_T)

最初はスタバでお茶をすることになったのですが……

あいにく席が満席で、仕方がなく駅の入り口前のロータリーで、青空の下、ブロックに座ってコーヒーを飲むという事になりました。

…うん、たぶん普通の女子だったら、どん引き度がさらに加速するシチュエーションだろうなぁ~これは。(;´д`)トホホ…

私はそう言うの疎いから、気にしないけど。

.あぁ…なんかもういろいろ残念すぎる。(T_T)ショックだ。

見た目が私の想像を遙かに超える、限界突破ボディーで、まさかここまでステレオタイプな人が登場するとは思わなかったので、もうどうしたら良いのか?混乱しました。(T_T)

メル友さんは悪くないんだ。想像していたイメージとあまりにも違いすぎるからって、勝手にショック受けてるのは私なんだから。(T_T)

そう思ったものの、「う~ん…無理」という言葉が、頭の中でグルグル回り続けるだけでした。

いくら良い人でも、生理的に受け付けないと言うことがあるんだなと、心の底から実感してしまいました。(T_T)

もうコーヒーだけでお腹がいっぱい…と言うか、胃の調子も悪くなってきたので、昼食はなしでも良いくらいだったのですが、流石に昼食抜き…というのも相手に悪いと思って、軽食と言うことで、喫茶店に入りました。

食欲がなかったので、デザートだけ頂くことにして、食事をしながらお話する事になったのですが、私はショックが大きすぎてあまり話すネタもないし、メル友さんもどうやらお話は得意じゃないようで、なんとも微妙なお食事タイムとなりました。(T_T)

はじめは空席が多かったのに、段々席が埋まってきて、私たちの両側の席も若い女性グループが座りました。

メル友さん…どうやら若い女性が苦手な様子。

う~ん少し動揺してるな、これは。(;;;´Д`)

残念なことに、お食事も食べ方が残念な感じで、あぁぁぁ…やっぱり…食べ方も駄目だったか…と、ますますどん引き度が加速していきました。(T_T)

昼食代はもちろん割り勘のつもりだったのですが、おごってもらってしまって、何だかますます「ゴメンね~ゴメンね~」な気分になりました。(T_T)

その後軽くショッピングをして、帰宅したのですが、いろいろ気を遣ってもらって、性格は悪くない人なんだな…と思ったものの、やっぱり無理だなぁ…う~ん、残念…でした。

自分が相手に失望されるかも?ってずっと心配だったのに、私の方が相手に失望しちゃったなんて、なんかもういろいろショックだ。(T_T)

帰宅後はショックが大きすぎたせいか、気持ちはどん引きモードで、あまりの落ち込みぶりに、久々にリボちゃんのお世話になろうかと思ったくらいです。少し寝込んだら、なんとか復活してきました。

でも余程ショックだったのか?今日は熱が出てしまって、それでも仕事へ行かないとなと思って、なんとか仕事へ出かけました。

職場で働いていると、ようやく日常に戻れた気がして、メル友さんのショックなお姿を、思い出さずに済みました。

メル友さんからは、これからもよろしくねとメールが来ましたが、何て返事したらよい物か、思案中です。(T_T)ゴメンね、もう本当に、申し訳ないよ。いい人だって事は分かったけど、やっぱり無理だよ。

夢やぶれて、山河あり…

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー…終了。il||li _| ̄|○ il||li…はかない夢見ちゃったよ。

ショックだったけど、何だか一つ勉強になった気はします。

しばらくは引きずりそうだけど、めげないようにしないとな。(T_T)うぅぅ…

ショックだったことの一つ目はこんな感じで、残りの二つは、去年の秋に実施したピロリ菌の除菌が失敗だったことと、愛する弟犬柴ミックスちゃんが体調不良で寝込んでしまった事です。

うぅぅ…どれもショックすぎるんだけど、残りの二つはまた後日書こうと思います。

| | コメント (0)

今日も眠いです。

本日も恒例行事の心療内科に来ています。
今日も眠いです。
寝起きが弱いのは相変わらずですが、頭の中がわりと覚めているので、ありがたいです。以前だったら、ずっと霞がかっているところです。
一昨日のカウンセリングでは、メル友さんと会う事にしたと話しました。
カウンセラーさん相手に何言ってるんだろ?私は。
そんな自分つっこみはおいておいて、カウンセラーさんからも凄い一歩だと言われました。
カウンセラーさんから言われたのは、「人見知りしますよね?人付き合いに潔癖な所があるのではないですか?」と言うことでした。
自分では潔癖な所があるなんて思いもしなかったので、驚きでした。
「打算的な事は汚い事だと、両親がそういうことを嫌うので、私はそういう事はしちゃいけないと思ってました。潔癖と言われれば、そうかもしれないです」
「人との関係は、相手が何かをしてあげる事で 自己満足する事もあって、してもらう事が打算的かどうかは、相手がどう受け止めるか、相手次第です。ありがとうと言われれば、満足と言う場合もあるんですよ」
そうなのか…そうかもしれないな…
「自分にはそんな価値はないと思っていました。今はそんなことないと思えますが、

続きを読む "今日も眠いです。"

| | コメント (0)

今日は

今日はカウンセリングの日なのですが、その前にお彼岸と言うことで、お墓参りに行って来ました。

そのついでに大叔父さんの家に寄ったので、大叔父さんの猫の様子を見てきました。

F1040967

NANAちゃんです。

去年の夏にもらって来た子猫が、もうこんなに大きくなりました。

って…隠れているから、顔しか見えないけどね。(^_^;)

NANAちゃん、もの凄く大事にされていて、うちのロシアン娘よりも高級なご飯もらっているし、天井まである巨大なキャットタワーが居間に鎮座していて、大叔父さん一家に溺愛されているみたいです。

NANAちゃんをもらってきて、本当に良かったな~と思いました。

もらったと言えば、昨日職場でこんな物をもらいました。

F1040966

その名も「面白い恋人」です。

あの超有名「●い恋人」のパクリ疑惑がかかってるあれですね。(^_^;)

でも名前とパッケージは似てるけど、中身は別物みたいですよ。

まだ食べてないけど、美味しいといいな。

今日はそんな感じでこの後カウンセリングへ行くのですが、最近の私はと言うと、相変わらずテンション低めの低空飛行ですが、有り難いことに落ちることはなく過ごしています。

最近思うのは、つくづく自分には引き出しが一つしかないな…と言うか、あれもこれもは出来ないというか、一度に出来ることが限られてるなと言うことです。

もっと器用なら良かったのか?単純にエネルギーが足らないのか?そのどっちものような気もします。(^_^;)

| | コメント (0)

足元。

今日は恒例行事の心療内科通院日でした。

受付のお姉さんの数が一人増えていたお陰か?診察後にすぐ会計に呼ばれて、今日は普段よりも30分くらいは早く帰宅できた感じです。

いつもは診察後の会計までの時間が結構長いんだよね…(T_T)

診察も最近の状況を話して、すぐ終了。

最近は寝起きがしんどいけど、精神的には楽になった感じで、ただここの所お腹の調子が悪いのと、風邪っぽい話しをしました。お腹は…固かったり緩かったり…う~んって感じです。

レクサプロが聞いてるようなので、もっと増量するか?現状維持にするか?と聞かれて、一錠だと胃にくるので、現状維持になりました。

…最近はたぶんレクサプロに慣れたから、もしかしたら1錠でも大丈夫な気もしたのだけど、今以上に落ちた時のために、奥の手は取っておきたい…そんな感じです。

最近はなんというか足元がしっかりしてきたというか、ずっと子供の頃からあった不安感が薄くなってきたような、そんな気がします。

何て言うか、常に自分がこの場所にいて良いのか?この集団、この人達の輪にいてはいけないのじゃないか?私はここにいてはいけないんじゃないか?という思いが消えなくて、どこにいても自分の居場所がないような、そんな不安が消えなかったのですが、ようやく「あぁ、居ても良いのか」という気持ちになってきました。

誰かに言葉に出して、「お前はこの場所にふさわしくない」と言われたわけではないのですが、いつも漠然としたそぐわない感じが消えなくて、それが辛かったなと思います。

レクサプロ飲み出して、足元がしっかりしてきたような、そんな気がするのです。

ふともっと早く、それこそ10代の頃から、治療を受けていれば、もしかしたら私の人生は変わっていたのかな?なんて、そんなことも思うのですが、半面今のこの歳になったからこそ、病気と向き合えたのかもしれないなという気持ちもあります。

もっと若い頃だったら、たぶん自分が病気だと言うことを、受け入れられなかったのじゃないかなと思うのです。

この足元がしっかり定まらない、つねに不安定な状態は、私にとっては新しい環境に飛び込む勇気を持てない事だったし、そう言う意味では自分の可能性を摘んでいたのかな?と言う気もします。

最近まで、いつも母が先に行ってしまって、振り返らない人なので、いつもいつも私は母の後を追いかけて、母の先を行くときは、いつも振り返って来るのを待っていました。

でもふと思って、もう待ってなくても良いかと、振り返らないと、私は置いてきぼりになるかもしれないと思っていたのが、放っておいても私の後に付いてくるだろうという気持ちになりました。

なんというか、いつも置いて行かれる不安、居場所がない不安があったのが、居場所がないわけでもなく、置いて行かれる心配もないかも…と言う感じになった気がします。

本当に変な感じなのですが、そういう基本的な土台がしっかりしてきた事で、ようやく楽になったような、そんな気がするのです。

たぶん根本的に、私は脳内物質の何かが足りない体質なんだろうなと、しみじみ思います。

こんな自分ともなんとか折り合い付けて、ぼちぼちやっています。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »