« お薬変更かも。 | トップページ | 避妊手術 »

動物病院へGO!

先日意を決して、ロシアン娘(猫)を動物病院へ連れて行きました。

脱走事件から約三年、ちょっとトラウマにもなっていた動物病院へ、なんとか無事に連れて行くことが出来ました。

脱走事件の顛末は、過去ログのペットのカテゴリーに、詳しく記録してありますが、簡単に言うと、ロシアン娘に避妊手術を受けさせようと動物病院へ連れて行ったところ、車から降りた途端に脱走されて、10日ほど行方不明になったあげく、ようやく発見保護して自宅に連れ帰ったという出来事でした。捜索中は、生きた心地がしなかったわ。(;´д`)トホホ…

それ以来ロシアン娘は、完全室内飼いのお嬢様猫になりました。

発情期が来る度に、鳴き声とスプレー行動が凄くて、どうにかしないとなと思いつつも、瞳お姉様(犬)の子宮蓄膿症の治療を優先させていたので、なかなかロシアン娘の避妊手術には再チャレンジ出来ずにいました。

…無事に動物病院まで輸送できる自信が無かったというのもあります。ι(´Д`υ)アセアセ

母上には「今度脱走されたらもう探さないからね!」ときつくお叱りを受けていたので(それくらい捜索活動が大変だったのです…)、病院へ連れて行く=一か八かの決死行くらいの覚悟が必要でした。

今回は脱走防止に洗濯ネットをかぶせて、さらに瞳お姉様の輸送用に購入したケージ(犬用なのでちょっと大きいのですが、耐久性は抜群のハズ)に入れて運ぶことにしました。

F1041034 慣れて貰おうと思って、部屋にケージを入れておいたところ、自分から中に入っております。

それほどケージに抵抗はないみたいです。

病院までの道中、猫生三度目の車でドライブは、余程恐かったのか?

今まで聞いたこともないような悲しい声で、おぉーんおぉーんと何度も声を張り上げて鳴いていました。

聞いてると可哀想になってしまって、ちょっと心が折れそうになりました。

病院へ無事到着後、診察室へ通されました。

正直言うと、獣医さんに噛みついたり、威嚇したり、暴れるのじゃないかと心配だったのですが、それはまったくの杞憂で、むしろ借りてきた猫とはこのことかっ!というぐらい大人しく、お利口さんにしてました。

口の中まで開けて先生に診て貰ってました。ι(´Д`υ)アセアセ

なんかもう心配しまくっていた私の心労は一体…il||li _| ̄|○ il||li

「すっかり飼い猫ですね~」とのんきな先生に、内心「そりゃ、三年も世話してますから」と心の中で突っ込み入れておきました。

取りあえずこの日は避妊手術の予約を入れて貰って、事前準備のワクチンを受けることになりました。

フェロガードプラス3っていうワクチンを打って貰いました。

フェロガードプラス3

ワクチン注射も大人しく受けていました。

このワクチン注射は、一ヶ月後にもう一回受けないといけないみたいです。

病院へ連れて行く回数が増えてしまった……il||li _| ̄|○ il||li避妊手術受けるだけじゃ済まなかったのね……

病気になるよりは良いかと思いつつも、避妊手術で懲りて、病院へ行くのを嫌がりそうだなぁ……(T_T)

F1041031 手術は一週間後なのですが、いろいろ心配するときりがないので、困ったものです。

   

|

« お薬変更かも。 | トップページ | 避妊手術 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お薬変更かも。 | トップページ | 避妊手術 »