« 動物病院へGO! | トップページ | 抜糸 »

避妊手術

先日ついにロシアン娘(猫)の避妊手術をしてきました。

手術の予約の段階では、一泊入院の予定だったのですが、神経質な子だと入院が逆にストレスになると言うことで、瞳お姉様(犬)と同様、入院無しの日帰りになりました。

手術後のお姿がこれです。

F1041040 何だかもう相当大変な思いをしたらしく、普段はこんなにじっとしてることが無いのですが、蹲って動きません。ι(´Д`υ)アセアセ

歩く姿もヨロヨロしていて、ぬいぐるみが歩いてるようなぎこちない歩き方でした。人相ならぬニャン相も変わり果てておりました。

…これはもしや、一泊入院させた方が良かったのでは?と、不安になりました。(T_T)

私が見てる前で、この日は5回以上吐いていて、グッタリ寝込んでいる姿を見ていたら、手術受けさせない方が良かったのかも?なんて、後悔しそうになりました。

同じく子宮を取る手術を受けた瞳お姉様(犬)の時は、手術後とは思えないほど元気だったので、健康な身体にメスを入れる事のリスクについて、もう少し学んでおくべきだったかもと、反省しました。(T_T)

結構手術後でも元気に走り回れるような子もいるらしいので、やっぱり個体差があるのかな?

この日は心配で夜中まで何度もロシアン娘の様子を見ていました。

翌日は手術当日よりは元気になって来たので、少しホッとしました。

F1041070 翌日になっても相変わらず吐き気が治まらなかったのか、この日も数回吐いていました。

それでも手術当日のような寝込みっぱなしという感じではなくて、少しずつ動けるようになって来たので、良かったです。

そして手術後の痛々しいお姿もさることながら、次なる難関は、お薬を飲んで貰うことでした。

化膿止めの抗生物質を貰ったのですが、獣医さん曰く錠剤のまま飲ませた方がよいとのことでした。

とは言っても、ロシアン娘に薬なんか飲ませたことないし、何より薬を飲ませることがいかに大変なことかは、我が家のお嬢様犬達で実証済みです。

いろいろ猫に薬を飲ませる方法を調べたら、片手で頭をホールドして、もう片方の手で口をこじ開け、口のなるべく奥の方に錠剤を投入して、素早く口を閉じ、のどをさすってあげるという方法がベストのようでした。

この時素早くやることが大事だそうです。

…獣医さんに口の中開けて診せたくらいだから、もしかしたら出来るかも?

そんな甘いことを考えて、実際にやってみたのですが…ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー無理でした。il||li _| ̄|○ il||li

二回チャレンジして二回とも手術後の弱った身体とは思えない力で、逃げられて、あえなく断念しました。(T_T)

流石に三度目は本人(猫)に嫌われそうだったので、諦めました。

獣医さんには、錠剤を砕くと苦くなるから、飲ませるのが難しくなるとは聞いていたのですが、こうなったら奥の手、瞳お姉様の時と同じく、缶詰に砕いた薬を混ぜて、無理矢理飲んで頂くことにしました。

とは言っても……ロシアン娘は変わった娘猫で、美味しいはずの猫缶をほとんど食べないのです。(T_T)

カリカリのドライフードだけが好みのようで、そのカリカリにも好みがあったりはしますが、野良猫時代に我が家の柴ミックスちゃん(犬)と、ハスキーミックスちゃん(犬)の残したご飯(犬缶)を頂いていたせいか、ひもじい時代を食いつないだ缶詰はどうも好きじゃないみたいです。(T_T)

しかし今回は流石にカリカリに薬を混ぜることは出来ないので、美味しそうな猫缶(モンプチにしてみました)に薬を混ぜて、強引に飲んで頂くことにしました。

飲ませる手順は、錠剤の飲ませ方といっしょで、片手で身体をホールドして、もう片手で薬を仕込ませた猫缶をすくい、嫌がるロシアン娘のお口の脇から流し込むと言うものでした。

錠剤の時よりは暴れませんでしたが、ニャーニャーニャーニャー、抗議の声を上げて、ジタバタしておりました。

無理矢理口の脇から流し込んだ缶詰も、嫌々ながら舐めてました。

この猫娘との格闘は、一日二回、一週間続きました。_ノフ○ グッタリ

最近では薬を飲まされる事を察知しているのか、隠れてしまって、出てきません。(T_T)

ようやく全ての薬を飲ませ切りましたが、本当に大変で、仕事へ行く前から、疲れ切っておりました。(T_T)

そしてこの間もう一つ私が苦労したのは、腹帯作りでした。

手術後の傷口を舐めてしないように、病院で着せて貰って来た腹帯が、段々汚れてきてしまったので、自作することにしました。

ちまちま作り続けて、本日ようやく完成しました。

こんな感じでここ一週間ばかりは、お猫様にかかりっきりでした。

避妊手術を簡単に考えていたなぁ……こんなに大変だとは思わなかった…il||li _| ̄|○ il||li

もう一匹、美犬三姉妹の三女愛ちゃんの避妊手術を考えてはいるのですが、何だか先が思いやられるなぁ…

|

« 動物病院へGO! | トップページ | 抜糸 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動物病院へGO! | トップページ | 抜糸 »