アニメ・コミック

大きいことは良いことだ?

昨日は真夏の祭典?東京ビックサイトにて、コミケに参加してきました。

友人のお供だったので、恐怖?の一般入場ではなく、裏口入場?のサークル参加でしたので、長時間真夏の炎天下で並ぶことなく、すんなり会場入りできました。

去年のコミケは恐ろしく暑い会場内と、異常なまでの人出で、もう窒息寸前でしたので、少々覚悟はしてきたのですが、今年は会場が西側で、一般の入り口から離れていたせいか、去年よりは暑さがマシだったような気がします。(それでも空調が多少効いてるからであって、決して快適な空間ではなかったです。私の友人も途中暑さで具合が悪そうでしたし、私の隣に座っていた人も、何だかだんだんグッタリしてきてしまって、内心ハラハラしました。)

コミケに参加する人の目的は様々でしょうが、何というか一番感じたことは、イベントの規模が巨大になりすぎて、本来の目的を達成できない参加者が増えてるのではないかな?と言うことでした。

会場内を移動するにも、行く先々で入場制限がかかって、満員電車のすし詰め状態の中を移動するようで、グッタリしました。

自分の行きたい場所にも自由に動けないし、東側の会場は空調が全く効いていない上、人出も半端じゃなかったので、歩くだけで熱中症になりそうでした。周囲を見渡すと、顔を真っ赤に火照らせた人が何人もいて、それでなくても早朝から来てるのに、これでは倒れる人がいても当然だと思いました。

会場の配置も、男性向け、女性向けが一部混同して配置されている上、会場の出入り口が一方通行にされてしまったため、大きく迂回しないと外に出られないなど、成人向けの商品が並べられたブースを嫌でも通らないと外部に出られないので、未成年者や、女性にはきついものがあったと思います。

何だか規模が大きくなりすぎたせいで、いろいろ不便な感じでした。

なんて言うか、買い物を自由に楽しむ余裕が無くて、本当に必要な場所しか行けない感じでした。

私はわりとぶらぶら楽しみたかったので、目的の場所にしか行けない恐怖のすし詰め状態でお買い物というのは、勘弁かなぁ…

入場者数が多い事を考えると、もう少し開催期間を長くして、一日ごとの会場規模をコンパクトにするとか、真夏という過酷な時期に開催するよりも、気候の安定した時期に開催するとか、工夫しないと、不便なままのような気がします。

個人的には、オンリーイベントのような小規模な会場の方が、ゆっくりいろんな作品を見て歩けるので、良いなと思います。

大は小を兼ねるとは言うけれど、大きいことが良いことだらけではないよなぁ…と思った一日でした。

| | コメント (0)

心悩ます物:-)その2

悩み事と言えば数限りなくある今日この頃ですが、最近特に「いかんなぁ…」と思う事があります。

それは……寝不足です。

ただの寝不足ならともかく、その原因となっている物に問題があるような気がします。

その原因とは……同人誌だったりします。

何となく読み始めるのは布団に入ってからで、ついつい続きが気になって、気が付くと1時間以上経っていたりします。

それなら昼間読めばいいじゃん……そうなのですがね……

何となく昼間には読んじゃいけないような気がします。(いや、内容に夜のシーンが多いとか、そう言う問題もあるような、無いような……)

最初の頃はコミックばかり読んでいたのですが、最近は小説が多いので、寝不足傾向です。

その小説が良いという理由も、コミックだとすぐ読み終ってしまうので、どうせ読むなら内容の濃い小説の方が良いかなぁ……なんて、安易な理由なのですが。

おそるべし同人誌……(^_^;)

こんなはずでは無かったのですがね。

ちなみに私はカカイラーです。

| | コメント (0)

図書券の使い道?

ネット上のポイントサイトやアンケートサイトを利用して、地道にこつこつポイントを貯めているのですが、いざポイントを交換するぞ!と言う段階になって、選べる物が図書券(カード)だけだった……と言う事がよくあります。

一番嬉しいのは、現金化なのですが、それはいたしかたないというわけで……

今までそうやって貯めてきた図書券(カード)は、学生だった弟にあげていたのですが、弟も卒業してしまった今、使い道なんて無いな……と思っていました。

金券ショップで換金するにしても、額面以下になってしまうし……

私が欲しい本って言ったら……通常の本屋さんには売ってない本だったりするので(本屋さんではなく、イベントに行かないと無いんですよ~)、無理だよなぁ……と諦めていました。

ところがです。私にも買える、普通の本屋さんに置いてある本があったのです。

それは……アンソロジーという商業誌です。(でも中身は同人誌の再録だったりするんですね~)

うわぁ~こんな物も図書券で買えてしまうんだ~(ちょっと感激です)

なんだか図書券の本来の使い道から逸れている気もしましたが、まぁ……どうせ買うなら欲しい物を買う方が良いというわけで。

普通のコミックと一緒に、こんな凄い?(どう凄いかは想像にお任せですよ~)物が並んでいて良いのか?と、少々思いつつも、無事図書券でお買いあげしてきました。

勢い余って3冊も買ってしまいましたが、どの内容もちびっ子には刺激が強すぎて、見せられません。(というか……家族にも見せられんわ~。危険すぎます)

店員さんに見られるのも恥ずかしいかも~と思っていたのはいつだったか……

本の内容よりも、図書券が本当に使えるかどうかが、気になってしまった今日この頃でした。

……アンソロジーって、お買い得。

| | コメント (0)

やめられない物。

最近同人誌を集めるのがやめられません。

……よもやこの年になって、こうもはまるとは……

つい最近も冬コミがあったし、欲しい新刊が多すぎて困ります。

でも悲しいかな……サービス業には年末年始、お正月は関係ないから、冬コミにはもちろん行っていません。友人に誘われた日程は、偶然にも休みだったけれど、お目当てのジャンルはその日じゃなかったのです。

しかし……イベントに行けない人は、どうやってお目当ての同人誌を入手しているのでしょう?

私はもっぱら、書店を利用しています。(もちろん普通の本屋さんじゃないですよ)

そして集めた本ですが、最近ちょっと困った事が。

うわ~、たまったなぁ……

と、思わず呟いてしまうくらい、増えました。現在進行形で増殖中です。

参ったね、どこに隠そう?

家族には見せられない、いや、見られちゃ不味い内容なのです。(元ネタを知っている弟が見た日には、いろんな意味で衝撃が走ると思います。ある意味カルチャーショックを受けるかも)

家族に私が腐っている事がばれたら、そりゃもう恥ずかしい~のですが、うすうす感づかれているような気もします。

腐っている事がばれたとしても、きっとやめられません。

現在進行形で、発酵中です。

| | コメント (0)

腐ってます……

昨日、フジTV系列のバラエティ番組?「こたえてちょ~だい」で、「腐女子」について取り上げられていました。

熱心にTVを見ている母の隣で、私はと言うと……冷や汗ものでした。

ぐわぁっ(心の叫び)……何というタイムリーなテーマじゃ。

と言うのも、ここ最近、ちびっ子の夢を壊してしまいそうなので作品名は秘密ですが、人気少年漫画の同人誌にはまりまくっているからです。

やばい……やばいよ~、このテーマは。お願いだから、私にこの話はふらないで~

そんな願いもむなしく、母は冷たくこう言い放ちました。

「現実が分かっていないのね、きっと」

現実……現実と言っちゃいましたか。母上。

「いや……分かってると思うよ……」

分かってますよ、母上。十分すぎるくらい、分かっています。

言えない、とてもじゃないけれど、言えそうもありません。

貴方の産んだ私こそ、まさに腐っているのですよ……

終わった……終わってしまった。そんな気がしました。

この日はこんな気持ちを振り払うべく、いつも以上に仕事に励みました。

先輩には「頑張ってるね」と温かい励ましのお言葉を頂きましたが、本当のことは言えませんでした。

だって私は……腐ってるんです。

でも、辞められません、腐るのは。もうこの際、お達者クラブに入る歳になったって、続けてやる!

ちなみに「腐女子」の意味ですが……本当に発酵して腐るわけではありませんので、お間違えのないようにお願い致します。

ちびっ子は間違っても、「腐女子って何?」なんて、大人に聞いてはいけません。

きっと大きくなったら……分かるかも?

| | コメント (2)

懸賞に当たった!

今日なにげなく自分宛に届いた封書の宛先を見てみたら、集英社からでした。そうです、集英社と言えば、週刊少年ジャンプの、あの集英社です。

全プレでも届いたかな?と思って中を見ると、こんな物が入っていました。

F1001088 缶バッチです。家庭教師ヒットマンリボーン!と、テニスの王子様、太臓もて王サーガの缶バッチでした。

そう言えば、夏頃ジャンプに付いていたはがきを送ったことがあったなぁ……と、思い出しました。

ジャンプの懸賞に当たったのは、初めてです。

ジャンプと言えば、少年誌の王道ですから、懸賞に送っても競争率高そうだし、当たるわけないもんなぁ……と、いつも思ってました。

何を思ったのか、今回は気まぐれで送ってみたのですが、まさか当たるとは思いませんでした。

ちょっと嬉しいかも。

リボーン、テニスの王子様は良しとして、太臓が一緒というのはまた微妙な組み合わせだな……(とか言いつつも、この3作品の中で一番私が読んでいるのは、太臓もて王サーガだったりします)

たしか本命はナルトか銀魂のグッズだったような気がするのですが……

もらっておいて、贅沢は禁物ですね。とにかく、久しぶりに嬉しい出来事でした。

| | コメント (0)

手が届かないもの。

今日もまた性懲りもなく残業をしてしまいました。とほほ……

そんなこともあって、本日はとても疲れ果ててしまったのですが、今夜は入札中のオークションの終了日だったので、なんとかPCにへばりついていました。

結果的には、無事落札出来たので、ホッとしました。

オタクな私が落とす商品と言ったら、同人誌くらいなものですが、今夜はもう一つ、入札こそしなかったものの、ずっと気になっていた作品の同人誌のオークションが、終了する日だったので、こちらも様子を見守る?事にしました。

それは私がまだ学生だった頃、まさにBLへの道に目覚めさせてくれた思い出の多い作品。「魔天道ソナタ」の同人誌でした。(しかも原作者自ら執筆という)

なかなか出ないんですよね~オークションにも。

高値が付くだろうなぁ……とは思っていたものの、やはり高額での落札でしたね。

以前別のオークションサイトで、700円ほどで落札されたことがあって、その時も入札を迷ったのですが、やっぱり入札しておけば良かったかなぁ……

読んでみたいけれど、競り落とすのも至難の業です。

いつの日か手に入れたいとは思いますが、果たしていつになる事やら?

| | コメント (0)

ついつい…

ついつい、またオークションで同人誌を落札してしまいました。

また日付が変わってしまいましたが、今日(9/13)も気になっていた同人誌を手に入れるべく、入札に参加してしまいました。

今回は……無事、落札しましたよ~(というか、他にも同じ商品が出品されていたので、競り合いにはならなかったのです。苦手なのです…競り合うの。競り合うのが苦手なくせに、オークションに参加するのもどうなのかなぁ?と思いますが)

ゲットした同人誌は、超人気アニメのやおい本。(駄目ですよ、突っ込んでは…やおい知らない方は、知らないままでいて下さいね)

ちびっ子にも大人気!海外でもファンが多い作品です。(原作をリアルタイムで読んでおりますが、この作品にやおいがあったのね~って感じでした。しかもカップリングが…くぅ~こうきたかっ)

やっぱり自分はオタクだったか…と、再確認しました。

オタクな私は、早く読んでみたくてウズウズしております。

しかし…同人誌は入手ルートが限られているので、手に入れるのも一苦労です。

本当はコミケに行けばよいのでしょうが、学生だった頃友人の付き合いで行ったきり、もう何年もご無沙汰です。

友人は未だに現役の同人作家をしているので、偉いなぁ…と言うか、頑張ってるなぁ…と言うか。真似出来ない物があります。

でもさすがに友人に、買ってきて欲しいと頼むのは、恥ずかしい気がします。(好みのジャンルも異なるし、こういうカップリングのこういう感じの奴よろしくね~って詳しく説明するのも、何だかなぁ…)

そんな自分が行き着く先は、やっぱりオークションだったりして。

あぁ…やめられないかも。

| | コメント (0)

隠れオタク支援委員会

数日前、たまたまgooのトップページで気になる言葉を見つけました。「隠れオタク支援委員会」いったい何なんだろう?これは?と、迷わずクリックしてしまいました。なぜなら、私もオタクだからです。(別に隠れてるわけではないけど、普段はその手の話を人前ではしないので、やっぱり隠れオタクなのでしょうか?)

そしてサイトを見てみると……なぜか動画?ゲーム?が始まって、サイトの紹介をしてくれました。

そこは隠れオタク(女性限定)であるが故に悩み、一般人であるように振る舞いつつも、萌えるオタクトークをしたいと思っている人々?を支援するサイトなのだそうです。

オタクトークをしたくても出来ない(隠れオタクだから)、ネットでオタク友達を捜す暇がない、オフ会に参加するのは敷居が高くて…と悩める人々に、作品のジャンル、カプの好みが合うオタクを派遣して、思いっきりオタクトークを楽しんでもらう(有料)という会社なのだそうです。

……私のことか?(^_^;)

と、思いたくなるような部分もふんだんにありました。(サイト紹介の動画で、悩める隠れオタクが、カプの問題はデリケートだから…と悩んでいましたが、思わず納得してしまった自分がいて、いかに自分がオタクか再認識してしまいました…)

ちなみにカプの意味ですが……カップルの事です。カップルがなぜデリケートなのかは……分かる方は、同好の士と言うことで…分からない方へのヒントは、好みの問題、って感じです。(深くつっこんでは駄目ですよ~)

その派遣して貰えるオタクも、数名の方の中から選べるのですが、それぞれOKなジャンルや、萌えトーク?の出来そうな作品が紹介されていて、その中のお一人。

まさに私の好みのカプが挙げられているではありませんか~

あぁ、このスタッフの方と話してみたいかも~とか、思ってしまった自分は、おそらく重症ですね。(最近、仕事が順調では無いので、よけいかも…)

萌えるオタクトーク。してみたいものです。(^_^;)

それにしても、こんな商売、よく考えた物です。

隠れオタクは、きっとたくさんいると思うのですが…

確かに隠れてると、オタク友達を見つけるのも難しいし、コミケ(コミックマーケットの事です。どんなとこかは……TVドラマ電車男にも出てましたので、分からない方はドラマをご覧下さい)に行くのも、勇気がいります。需要は、あるよなぁ…(現にここにもいるし…)

隠れオタク支援委員会

| | コメント (0)

BAD SHIELD UNITED

先日、部屋の片づけをしていたら、今から9年も前のジャンプが出てきました。

F1000343 1997年発行の週刊少年ジャンプ51号です。

なんでこれ1冊だけ?大事にとって置いたんだっけ?と思い、中を見てやっと思い出しました。

「BAD SHIELD UNITED」今や超人気漫画となった「BLEACH」の久保帯人氏の初期の読み切り作品が掲載されていたからでした。(この当時は久保宜章氏?)

「BAD SHIELD UNITED」は、戦闘用アンドロイド(通称シールド)の主人公の、心を守るための戦いを描いている物です(シールドは心を禁じられているのです)

F1000342 この作品を読んだ頃から、久保氏の次回作が楽しみでした。

次の作品「ZOMBIE POWDER」そして現在「BLEACH」へと繋がるわけですが、この3作品に共通しているのは、主人公の背負っている物だと思います。

「BLEACH」では、自分を庇った今は亡き母親への思い。

「ZOMBIE POWDER」でも、亡き女性への思いが主人公の胸の奥にあります。

そしてこの「BAD SHIELD UNITED」でも、心を踏みにじられて破壊されたシールドの少女への思いが、主人公を動かしています。

この短編がどこに収録されているのか?分からないのですが(たぶんZOMBIE POWDERあたりかな…と思う)なんか大事に取っておいたので、このまま保管しようと思います。

本当はこの作品の続きが読んでみたかったのですが……やっぱり、読み切りなのかな?

懐かしい物を見つけてしまいました。

ZOMBIE POWDER 1 (1) Book ZOMBIE POWDER 1 (1)

著者:久保 帯人
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)